宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

Piggy's Tail

宮崎ロッドの日記、メモ、その他

今年の10大ニュース 2001-12-29 - 暮らしの周辺 » 雑感,

暮れも押し迫った「子豚のしっぽ」です。

朝6時半ごろに、雀の群が窓の外で騒いでいます。夕飯を炊くときに、こびり付くように残っている、ほんの少しのご飯を洗い流さないで窓辺に置くようにしています。「小鳥の目覚まし時計」に起こされて、寝床の中で読みかけの本を開いているとまた眠くなります。

今年の10大ニュースが色々なメディアで「恒例」のごとくに取りあげられています(そして忘れられようとしている?)。思いつくままに私の10大ニュースを挙げてみると、まずは今年の始めに起きた米国で大規模な停電とエンロンの倒産。

社会・生活に必須である電気が「自由競争」によって投機の対象になった結果、送電停止されたという出来事。エンロンの倒産に至ってはその本業は投機(デリバティブ)そのものであったということですからノーベル賞から本来は有りもしなかった「経済学賞」を無くしたいというノーベルの子孫達の言い分があることも私には理解できます。

自由競争に公共事業の「改善・進歩」を任せた結果、それは何日間か、都市を暗闇にしたというだけではなく現在の繁栄という「ネオンサイン」の脆さや、その背後にある漆黒の闇夜を垣間見せたと私は思います。人々が闇に飲み込まれようとしていた時、彼らが買ったのは自衛用の銃でした。

地続き的に2番目は京都議定書から米国・ブッシュ政権が離脱したこと。CO排出制限を受け入れることの意味を良く知っているのは誰でしょうか。世界の経済はひとり米国の浪費によってかろうじて成り立っている。議定書を受け入れることの意味は、いままで当然のように享受していたものを手放すということに他ならないと私は考えます。

たとえば、家族がお風呂にはいるとすると「同じ湯」に入らなければならない。朝シャンは出来ません。幼い我が子の保育園への送り迎えを自家用車ですること、自家用車を持つこと自体が(今のままでは)不可能になる。総じてエネルギー、水、食料、利便を地域の中で作り出し、循環させる社会を作らなければ「生活」が存立しなくなると私は考えます。

3番目が、これも地続き的に「グローバリズム=新自由(主義)経済」。規制を撤廃して民間の競争に任せればよい、という経済や構造改革の考え方。私はそこに、慎ましく日々を生きている人々の姿を見ることが出来ません。「100人の地球村」の例えで言えば、驚異的繁栄の周辺にいる50〜70人の人達には飢餓と憎しみと絶望をもたらしたのではないか。わずか6人が全世界の富の59%を持っている。圧倒的な「非対称性」をそれは作った。

その意味で、テロリズムはグローバリズムの兄弟である、鏡ではないかと疑うようになりました。(つづく)

−■−

 いつからか、冬になると街路樹に電球を無数に付けてしつらえた「電飾並木」を見るようになった。私はそれがとても嫌いで、そういう場所には夜は近づかないように、あるいは昼間に出かけるようにしている。その木のてっぺんには大きな星形の電飾が付いていた。

何年も前の冬の夜、雪が積もったカラマツと樅の森の中をウサギが付けた(と思われる)足跡を辿って歩いたことがあった。ふと見上げると、梢から無数の星が見えた。

明かりを消せば本物の輝いている星が見えるものを、誰も気が付かないのだろうな、とその時思った。森の中はとても寒かったけれどもただそれだけだったような気がしている。

Posted by TM* at 2001-12-29 07:25 | English | Permalink | 

このカテゴリ [ 暮らしの周辺 » 雑感 ] の他の日記、メモなど:

  1. オリンピックで失うもの
  2. 大統領とフライフィッシング
  3. どんな時でも中心を外さないこと
  4. マーティン・ルーサー・キング・ジュニアとスティービー・ワンダー
  5. 期日前投票
  6. 衆議院選挙投票、第3回竹のフィッシング・クラフト展
  7. 月食を
  8. 物事が変わるのではない。私たちが変わるのだ。
  9. [メモ]明けおめ
  10. 行列のできるナニナニ
  11. はだかの王様
  12. ヨーコからジョンへの手紙
  13. なにしてるのおじさん?
  14. ワーキング プアー
  15. 経済成長は誰のためのものだろうか?

Tag cloud://///////Tap here/////////

ATH (7), blosxom (4), css (35), delight (26), facebook (51), firefox (15), google (5), html (11), instagram (10), maiking-delight (10), memo (12), netscape (7), NO TRUNKS (8), passage (4), reloaded (4), SEO (8), spam (15), TOKYOトラウトカントリー (10), twitter (9), war (11), WE LIVE HERE (11), windows (4), いろいろ (18), うどん (6), お知らせ (5), つぶやき (4), つるや釣具店 (10), やきとり (6), イベント (45), イリイチ (4), イワナ (8), ウエイン・ショーター (4), オーネット・コールマン (4), カゲロウ (5), カディス (9), カレー (10), カワゲラ (12), カンナ (4), キャス練 (29), ギター (7), クラフト (6), ゲイリー・スナイダー (5), ゲイリー・バートン (6), ジャズ (42), ジョン・コルトレーン (4), スナップショット (5), スパゲッティ (7), ソウル (20), ソフトウェア (21), ソロー (5), タラノメ (10), チック・コリア (7), チャールス・ロイド (4), ツバメ (4), ニジマス (7), ハンドクラフト展 (14), バイク (9), バジル (8), バンブーロッド (14), パイプ (5), パスタ (4), パット・メセニー (7), ビル・エヴァンス (20), ピアノ (31), フライ (60), フライライン (6), メモ (38), メンテナンス (4), ヤマメ (19), ランディングネット (29), ラーメン (9), リールシート (12), ロッドメイキング (16), ヴィンス・ガラルディ (4), 人物 (43), 出来事 (12), 喫茶店 (4), 大雪 (5), 奥多摩 (68), 奥多摩川 (36), 小菅川 (83), 小菅川C&R (8), 小菅川冬季ニジマス釣場 (15), 山菜 (7), 岳人 (4), 新年 (16), 日原川 (4), 昆虫 (4), 映画 (4), 更新 (41), 東京トラウトカントリー (5), (10), 水生昆虫 (12), 渓流フライ教室 (33), (42), 田渕義雄 (6), 矢野シルクライン (7), (22), 藤沢周平 (4), 解禁イベント (4), (4), 読書 (15), 道志川 (6), 選挙 (7), (20), 野草 (4), 野鳥 (4), 雑感 (47), 雑誌 (7), 餃子 (4)


Piggy's Tail (sitemap.xml) - Miyazaki Rod Prime Time Bamboo Rod
© Design & Build by "Prime Time"