宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

Piggy's Tail

宮崎ロッドの日記、メモ、その他

Page 1 of 58 : 1 2 3 4 5 6 7 Next › »

Sting - If I ever lose my faith in you 2018-03-24 - 暮らしの周辺 » 音楽, ,

スティングを聴きながら晩酌なう。「…僕が目をとじる時、思い浮べるのはいつだって君なんだ。…もし僕が君への信頼を失ったらそこには何も無くなってしまうんだ(意訳)」

うん、世界なんてそういうものなんだと思う今宵であります。それにしてもヴィニー・カリウタのドラムスがカッコ良すぎるw

Sting - If I ever lose my faith in you (HD) Ten Summoners Tales

Sting - If I ever lose my faith in you (HD) Ten Summoner's Tales - YouTube

Posted by TM* at 2018-03-24 21:26 | English | Permalink

ジャズ来るべきもの 2018-03-10 - 暮らしの周辺 » 音楽, , ,

オーネット・コールマンは1930年3月19日、南部テキサス州に生まれました。59年リリースのアルバム「ジャズ来るべきもの」はフリージャズの先駆者として歩み続けたオーネットの一里塚のような記念すべき作品だと思います。

Posted by TM* at 2018-03-10 09:27 | English | Permalink

ウエイン・ショーターが語る 2018-03-08 - 暮らしの周辺 » 音楽, , ,

おはようございます。奥多摩は気温2℃、雨が降っています。

FBをチェックしていると大好きな、そして偉大なテナーサックス奏者、コンポーザーであるウエイン・ショーターのポストに遭遇。彼の音楽的バックグラウンドを彼自身の言葉で知ることが出来るなんて!感動ものです。今日は彼の音楽をヘビロテってやつで聴こうと思います。(敬称略)

皆さま、よい一日を!

Posted by TM* at 2018-03-08 09:31 | English | Permalink

ナイーマズ・ラブソング - ジョン・ヒックス 2018-03-01 - 暮らしの周辺 » 音楽, , ,

ジョン・ヒックス「ナイーマズ・ラブソング」陰影のあるメロディーが印象的ですね。ピアノ奏者でこの曲を作ったジョン・ヒックスにはコルトレーンゆかりの曲もあります。アルト・サックスはボビー・ワトソンです。同じアルト・サックスのゲイリー・バーツとヒックスのデュオもありますが今夜はこちらを聴きながら時代小説の続きを読もうと思います。

John Hicks Quartet - Naima's Love Song w/Bobby Watson - YouTube

Posted by TM* at 2018-03-01 23:10 | English | Permalink

16人の男たち - アラン・ホールズワース 2017-11-02 - 暮らしの周辺 » 音楽, ,

天に召されて半年、アラン・ホールズワースは自身の音楽を「ジャズ」と人に言われることを嫌っていたらしいですが私的には正真正銘「オレのジャズ」です。ニュアンス的には「オレのフライフィッシング」とおんなじです。はぁ、うまく言えませんね。でも聴き流せない、心に響きながら何かを考えさせられる、そしてセンチメンタルなメロディー…。とりとめなく、とりとめなく、枯葉舞う奥多摩の夜は更けて行きます。

The Sixteen Men Of Tain - Allan Holdsworth

The Sixteen Men Of Tain - Allan Holdsworth - The Sixteen Men Of Tain - YouTube

Posted by TM* at 2017-11-02 22:00 | English | Permalink

Page 1 of 58 : 1 2 3 4 5 6 7 Next › »



Piggy's Tail (sitemap.xml) - Miyazaki Rod Prime Time Bamboo Rod
© Design & Build by "Prime Time"

↑ Top