宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

Page 1 of 2 : 1 2 Next ›

リールシート金具 - 2017-01-15

奥多摩は気温1℃、よく晴れています。

リールシートの金具を作っています。コルクスケルトン用にエンドキャップがポケットになるように工夫をしました。八ヶ岳に住んでいる先輩の奥さんに見せたら、たぶん「暇人だなぁw」と言われるだろうと思います。まぁ、当たっているだけにどーしょうもないです。 (^^)

たくさん数を作るのであればパーツを外注する手もありますが自分で作れるものは工夫すれば案外形になるようです。
持っているのはプロトタイプロッドに付けてテストした金具です。

レムコは意外に重さがありますので緩まない形状を考えてこういうデザインに成りました。手前がパーツ構成です。画像にはありませんがリールを止めるリングも削り出し後に整形します。

プロトタイプ・ロッドのリールシート - 2016-09-26

おやつのコーヒーなう。自分用の新しいプロトタイプ・ロッドのリールシートをアレコレしています。画像はコルク・スケルトンの背にバンブーを嵌め込んだもの。フリーハンドで作ってみました。綺麗に作るにはそれなりの治具が必要ですね。

重めなレムコのフットでも緩みがなく、そして軽いリールシートが作れないものかと考えています。個人的にはギリギリ小さなスクリューロッキングのリールシートが今のところベストですがもうちょっと軽いものというと、こんな形がどうかな?といったところです。

プロトタイプ・ロッドのリールシート
まずはフリーハンドで工程を考えながら作ってみます。
Tagged as:

スクリュー・ロック・リールシートですが - 2013-11-13

一回やってみたかった。う〜ん、これはナシだなぁww

週末のフィッシングクラフト展に向けて準備中です。

リールシートw
金具の間にコルクのスペーサーを入れるのですがちょっとイタズラしてみましたw

5番ライン用ダウンロック・リールシート - 2013-08-14

8フィートの5番ライン用のダウンロック・リールシートです。フィラーはタイガー・メイプルですが塗装前なので杢は目立ちません。写真の5番リールを付けた状態だとちょっと分かりづらいかもしれませんが3〜4番用(16ミリ)よりフィラーを太く(17ミリ)長めにしてあります。また、リングはテーパー状+幅広なものとして、緩み対策をしました。

この後、金具を磨き上げ、フィラーを塗装します。

5番ライン用ダウンロック・リールシート
リールの外径は約76ミリです。バランスを考えてフィラーの長さを決めます。
Tagged as:

ATH Remco用のスクリュー・ロッキング・リールシート - 2012-05-24

7フィート・4番ラインのテスト・ロッドに使うためにワンオフで作ってみました(写真上・1)。レムコは独特なデザインでとても気に入っているのですが意外に重いのとリールフットのデザインの関係なのか、キャスティングをしているうちにロッドへの取付が緩むことがありました。そこで以前からスクリュー・ロックでフィットする細めなリールシートが欲しかったのです。

レムコ用のスクリュー・ロッキング・リールシート
1)レムコ用のスクリュー・ロッキング・リールシート - レムコ用のスクリュー・ロッキング・リールシート。フィラーはタイガーメイプル、塗装前の状態です。

製作にあたって考えたことは…

  1. 後退したリールフットに合わせてダウン・ロッキングに
  2. レムコ専用なので出来るだけタイトにフィッテングして
  3. 左右に緩まないようにフットを包み込むウッド・フィラーの加工

…といったところです。今回はダウンロックなのでメンテナンス性を考えてブランクへの固定はバットキャップへのピン打ちのみにする予定です。

以下、素材と加工後のパーツのスナップです。

まずネジを切ります。
2)丸棒にネジを切る - まずネジを切ります。

スクリューの加工は洋白丸棒からオス、メスの17ミリのネジを切ります。今回はダイスとタップを使いました(写真上・2)。

3)ロック部分が完成 - ここまで来るとパーツらしくなりますね。閉め込むリングにローレットをかけてあります。

ねじ切り後に不要な部分を旋盤で削り取ります。かなりの切り子が出ます(写真上・3)。この後、バットキャップを削り出してウッドフィラーを塗装してリールシートの完成となります。

追記:

実際に使ってみての感想ですが目論見通りに緩みもなく重さもほとんど気になりません。バランスもいい感じです。今回のフィラーはメイプルを使いましたがコルクでもいいかもしれませんね。

Tagged as: ,

Page 1 of 2 : 1 2 Next ›