宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

Page 1 of 25 :  1 2 3 4 5 6 7 Next › »

2016-07-08

ボブ・マーリィ

晩酌なう。近所の農協購買部で地物のじゃがいもを購入。奥多摩の畑は傾斜地にあって水はけが良いので美味しいジャガイモができます。今夜は味噌汁の具に。

「政治を音楽に持ち込むな」とtwitterで見た。そんなこと言ったらボブ・マーリィが死んじゃうじゃんと思った(笑)。

Bob Marley - I shot the sheriff (Live) - YouTube

Bob Marley - I shot the sheriff (Live) - YouTube

Posted by TM* at 2016-07-08 21:23 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink

2016-05-18

卒業旅行、チョムスキー

オバマ米国大統領が広島を訪問するとのニュース。タイムラインを開くと4年前に読んだチョムスキーの本(アメリカが本当に望んでいること)が「シェアしませんか」と出てきました。タイムリーですね、Facebookは。この4年、国民国家というよりは世界の後ろ側にいるであろう「何者か」のタクラミかね?なんて思うような出来事がよくあるなと感じます。オリンピック、タックスヘブン、増税、核、TPP、労働破壊、少子化、etc...普通に慎ましく生活する多くの人々にとって望ましい暮らしの姿とはかけ離れた現実が進行中なのでしょうか。オバマ氏の「卒業旅行」に望むべきものを私は持ちません。

アメリカが本当に望んでいること

Posted by TM* at 2016-05-18 09:35 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink

2015-04-28

Windowsのオープンソース化

「M$」なんて揶揄されていたマイクロソフトがWindowsをオープンソース化するらしいです。クラウドな時代、クローズドなOSは利潤を得るために資源を集中出来るものではなくなったのかな?。GEが白物家電から撤退したごとく、マイクロソフトはWindowsのコードを公開して変わろうとしている、すごい時代だなと思います。でも、私はライトなリーナス信者(何)なのでクラウドには乗れないし、あのスノーデンの警告を信じれば「アン・プラグド」な行き方(=生き方)もあり得るとか思ったりします。この件、オープンソース、フリーソフト界隈の評価・感想が楽しみだなぁ

Posted by TM* at 2015-04-28 13:53 in Web関連 » WWW | English | Permalink
Tagged as:

2015-03-29

大統領とフライフィッシング

モーニング・コーヒーなう、バラク・オバマ氏のフライキャスティングの写真を見ながら。フライって難しいところがあるなと思います。それをひとつひとつ、体験や知識で解きほぐすように深めてゆくようなものでしょうか。

なかなか思い通りにコトが運んでくれないのはこのスポーツに限らず、男女の仲、人間関係、仕事、まぁ諸事一般がそんな感じだなと思います。

そして政治も。政治というとカタイですが日々の暮らしに置き換えれば、私たちの生きる目的が幸福を分かち合うことであって、その考え方と行動の積み重ねが日常であると思うのですが、オバマ氏が思い描く理想(非常に厳しい現実があるにせよ)に対して、フライフィッシングがほんの少しでも共鳴するように、私は願っています。

Posted by TM* at 2015-03-29 09:35 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

2013-10-24

無料化の意味

Windows XP、私もいまだに使っていますが例の終了宣言で次をどうしようか考えています。OSを収益とするビジネスモデルが新たなコンピューティング=技術の進歩、さらには企業の収益を阻害しているとすれば、こういう判断はたぶん早いほど有効だろうと思います。「タダでいかに儲けるか」ウェッブの世界ってギフト・エコノミー(=贈与経済)に一番近いのかね?まー、「機会均等に」「誰もがハッピー」になるハズはないと思うんだけどw

Posted by TM* at 2013-10-24 06:55 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2009-01-01

[メモ]明けおめ

新しい年を祝うのは形は違うでしょうがたぶん世界中で行われているのだと思います。その世界を見回せば紛争や政治的駆け引きに否応なくその渦中に投げ込まれている家族がいることを知ることが出来ます。そして、家族で囲む時間や空間に灯火のように輝いているものを何というのか。幸福か、感謝か、愛か…。人々がどのような時にあっても失わないもの、守るものがあるのだと私は強く信じます。2009年は世界中でグローバリズム=自由市場経済=構造改革が批判され、マネー経済の収奪から人々の暮らしの自存と自立が取り戻されるように修正されることを希望します。

Posted by TM* at 2009-01-01 23:09 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

2008-11-15

行列のできるナニナニ

秋の空

秋本番の「子豚のしっぽ」です。手前桜公園も落葉が目立つようになってきました。神社近くの銀杏並木を歩くと熟れた銀杏の実が潰れて独特の匂いがします。あ~、そろそろ武蔵小金井「大黒屋」で銀杏焼きを食べたいなぁと思う今日この頃です。

近所のお肉屋さんは木曜日が特売で手作りコロッケ、メンチの揚げ物や各種精肉類がかなり安くて重宝しています。この日ばかりは行列ができますが品質を第一にする個人商店のお肉やコロッケなどは誰でも大満足でしょう。最近は行列の長さがちょっと伸びたなぁと思います。やっぱりご時世なのでしょうか。近所の人より遠くからやって来るお客さんの方が多いようです。

通常営業の時のように行列をしないで買えるといいのでしょうが特売の豚小間切れ肉だけを見ても、素人目ですが新鮮でしっかりした美味しい肉を準備するのには大変手間が掛かっているように見受けられます。このトンコマを食べると近隣スーパーのトンコマは買う気が失せます。

おっ!子豚がトンコマの話しではアレですね。食欲の秋ということで(ry

-■-

千客万来、商売繁盛でお客さんも満足なら言うことナシですね。しかし、世の中を見回すと、行列といえばあまり良いイメージはないですね。

かつては崩壊直前の東側諸国で配給のために行列を作った人々の姿と、例えば年金記録を正すために順番を待つ人々の姿は重なるような気がします。バックグラウンドには政治や行政への信頼の崩壊があるところも似ていると思います。

今度の政府・与党が追加経済対策の目玉と位置付けた定額給付金(2次補正予算案は年末の大変な時を過ぎて年度末に先送り、現時点ではまだ絵に描いた餅ですが)も丸投げされた市区町村役場に長蛇の列ができるのでしょうか?

選挙の争点作りも結構ですが行政の窓口に行列が長く伸びて行くほど失うものを感じて欲しいものだと思います。もっとも、そもそもそういうところに並ばなくて済む人達には何も分かるはずもないんでしょうが。

Posted by TM* at 2008-11-15 13:52 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

Page 1 of 25 :  1 2 3 4 5 6 7 Next › »