宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

Page 1 of 11 :  1 2 3 4 5 6 7 Next › »

暮しの手帖 - 2017-06-15

アーリーモーニングで一服なう。おはようございます。奥多摩は気温17℃、奥多摩川本流対岸に朝日が差しています。

ブランク修正用の熱源が温まる間に暮しの手帖を読んでいます。表紙裏の花森安治さんのメッセージがいいですね。「…やがてこころの底ふかく沈んで いつか あなたの暮らしを変えてしまう」ということばの続きに、ふとリリースしたヤマメの姿を思い浮かべました。

流れに帰ったそのヤマメは心の底に沈み込み、フィードバックしながらフライフィッシングのみならず暮らしの中で時折ライズして、、とか思っていると熱源が温まったようです。さて、ひと仕事始めますか。

皆さま、良い一日を!

暮しの手帖
暮しの手帖を読む
Posted by TM* at 2017-06-15 08:20 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink
Tagged as: ,

甲斐駒 - 2017-06-11

おはようございます。奥多摩は気温20℃、空は曇りがちですが日差しがあります。

昨日は小菅川フライフィッシング・スクールでちょっとハードでしたが楽しい1日となりました。

今朝はスロースタートして岳人4月号を山野井康史さんの心に残る百名山から読み始めています。読みながら次なる展開(謎)をアレコレ考えています。甲斐駒でフライフィッシングをしようという訳ではありませんが^^

皆さま、良い一日を!

岳人 甲斐駒
岳人 甲斐駒
Posted by TM* at 2017-06-11 10:06 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink
Tagged as: ,

吉田博 - エル キャピタン - 2016-05-24

休憩なう。岳人(2016年4月号)を読み進むと、あれ?これは昔、パタゴニアのカタログか絵葉書で見たような記憶があるなぁと思ったら吉田博氏(1876-1950)の版画(いままで水彩だと思っていました)だということが分かりました。エル キャピタン(ヨセミテ)といえばクライマーだけでなく、自然を愛する人々のシンボルでもあろうかと思いますが、この版画の作者が日本人だったと知って驚きました。製作は1925年とのことですがアメリカ大陸の原風景を見事に伝えているなと思いました。

吉田博 - エル キャピタン|岳人
吉田博 - エル キャピタン|岳人
Posted by TM* at 2016-05-24 19:18 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink
Tagged as: ,

ハギマシコ - 2016-03-12

「岳人」1月号読了。登山や沢登りは守備範囲外の私ですが面白い記事が満載ですね。ガダルカナル島・単独横断記はちょっとシビレました。画像は連載・美しい野鳥「ハギマシコ」です。美しい鳥ですね。群れてジュッジュッと鳴くそうです。間近で見たいなと思いました。

ハギマシコ
野鳥「ハギマシコ」
Posted by TM* at 2016-03-12 21:01 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink
Tagged as: ,

雲霧仁左衛門 - 2016-01-02

池波正太郎「雲霧仁左衛門」読了。池波さんの善悪を二元論で捉えるのではなく、人はよいことをしながら悪いこともし、また悪いことをしながら人の役に立っている、そういう視線と人間的温かみが読んでいてじ〜んと染みてきました。大著ですがあっという間に読んでしまいました。

池波正太郎「雲霧仁左衛門」
お正月の読書は池波正太郎で。
Posted by TM* at 2016-01-02 20:20 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink
Tagged as: ,

Page 1 of 11 :  1 2 3 4 5 6 7 Next › »