宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

Page 1 of 2 :  1 2 Next ›

残暑、イワナ - 2014-08-07

残暑お見舞い申し上げます。今日は立秋、暦の上では秋に入りましたが、(以下略w

暑さは今がピークといったところでしょうか。渓流シーズンも残り2ヶ月、さて、どこの瀬に入ろうかなぁと思い巡らす週末であります。写真は小菅川C&Rにて、左岸ぎりぎりのチャラ瀬についていたイワナです。

夏のイワナ
岸寄りポイントを静かに釣ります。
Posted by TM* at 2014-08-07 18:52 in フライフィッシング | English | Permalink

シルクラインとヤマメ - 2014-07-30

矢野シルクラインのDT3・ロングベリーなプロトタイプをテスト中の一コマ。小菅川C&Rにて。

シルクラインとヤマメ
シルクラインの特性がヤマメに合うなと思いました。
Posted by TM* at 2014-07-30 20:46 in フライフィッシング | English | Permalink

小菅川C&R(金風呂〜新玉川橋間) - 2014-07-23

今日もお隣村の小菅川C&R(金風呂〜新玉川橋間)を半日、歩いてきました。金風呂駐車場で釣り支度が済んで足元を見るとアリがいません(笑)、やばいなぁ〜(;´∀`)というスタート。

この区間は通称・水量計を境にその下流は大きなプールの連続、上流は瀬が続きますが釣り始めて「あれ?ちょっと水の色が…」。水量計までは浮いているヤマメ・レインボーにピンスポットでアントを流してみましたが明らかに避けられていました。前回はコレで良かったのですが今回は

しかしドラマは水量計上流でありました。比較的遅い時間の入渓でしたが誰も入っていないようで、長い瀬で一遍に3匹、ドライフライに猛烈にアタックしてきたのにはたまげました。写真のイワナはチャラ瀬の撚れている流れからちょっと沈んだ12番のエゾシカ・カディスを抑えこむように出ました。

帰り際、金風呂のプールでクルージングしながらライズを繰り返すヒレピンのレインボーを22番のミッジで掛けましたがナカナカ難しかったです

左岸際ギリギリに付いていたイワナ。この川は岸際にトラウトたちが隠れていることがあります。
Posted by TM* at 2014-07-23 21:01 in フライフィッシング | English | Permalink

矢野さんのシルクライン - 2014-07-21

矢野さんから待望のモノが届いた。DTのシルクラインはテーパー部分が長くなっているようだ。RIOの「LT」のようなテーパーに興味があったのでどんなものか楽しみ。ブレイデッド・テーパーリーダーは極初期のものに対して張りが増している感じ。透明の方は先端が超極細(+ループ付)になっている。何を考えているのだろう(笑)

矢野シルクライン
シルクラインは使用する前に専用のライングリスを薄く塗布します。
Posted by TM* at 2014-07-21 20:56 in ハンドクラフト » その他 | English | Permalink

続々々キャス練・奥多摩川 - 2009-12-20

フライフィッシングの戦術
フライフィッシングの戦術(ティムコ刊)。書を持って川にいこう!25年前に購入した一冊ですが未だに得るものがありますね。好著!

今年一番の冷え込みもなんのその、ということで今回も近所の奥多摩川でキャス練。岩肌に氷柱が下がっていますw

川上からの微風(つまり北風ですね)が弱まると陽射しが気持ちいい日曜日です。ミッジ達が盛大に舞っている、相変わらず誰も居ない川原でえいっやっ!とばかりにリーチキャストやスラックキャストを練習するのですが今回はダグ・スイッシャー、カール・リチャーズ共著「フライフィッシングの戦術(写真・上)」を持ち出してキャスティングテクニックを一通りおさらいしました。

良い本は何年経っても得るもの、ココロの琴線に触れるものがありますね。この本を手にした当時はかのノーハックルフライを上手に巻きたくてそのページばかり読んでました。キャスティングの章は「ふーん…、カッコいいなぁ」な感じであまりよく読んでいませんでしたがあにはからんや、フライ人生(何)を重ねるうちにスイッシャー達の「戦術」に見事にはまってキャス練でラインを曲げまくっている次第。

カモたち絶好のラフティングポイント、魚影無し(泣。ここでネガティブ・カーブキャストなど練習。

写真上の流れなどで7フィート3インチ・3番ロッドと矢野シルクライン3番+9フィートのリーダー&6フィートのティペットをロングストロークでカーブキャスト、逆カーブキャスト、メンディング、そして例のスラックキャストを織り交ぜて小一時間、本を読みつつ日向ぼっこで小一時間、さらにアンダーハンドキャストを少し練習してから上流・箪笥岩まで川を歩いて帰ってきました。

Posted by TM* at 2009-12-20 21:55 in フライフィッシング | English | Permalink

Page 1 of 2 :  1 2 Next ›