宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

Page 1 of 2 :  1 2 Next ›

2006-01-31

再会

礼儀正しく、勤勉で清潔。褒め言葉にしても気分が悪いものではない。こういう「国民性」を持っているのだと大人に教えられた最後の子ども世代が私あたりだろうか。

その時からふーん、とどうも腑に落ちないでオジンになってしまったけれど、破れる「型」はあったようだし「不良」にもなれた(なれなかった)しで「お金で何でも買える買えないものはない」などと言って他人の気を引かなくても済んでいたようだ。

中学生の頃、ぐれていた友達に30年ぶりにぱったりと出会った。屈託のない懐かしい笑顔がそこにあった。本物になったな、とオレは思った。

Posted by TM* at 2006-01-31 10:30 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

2005-03-18

こんばんわ〜♪

夜の「子豚のしっぽ」です。夕方の買い物帰り道。年少さんぐらいの女の子がおめかしをしてとてもご機嫌そうにニコニコと佇んでいました。歌を歌うように「こんばんわ〜♪」と突然に挨拶をされたのでちょっと驚いたのですが「こんばんわ」と返事しました。なんだったんだろう?

近所の富士見桜の花芽が少し大きくなった。

Posted by TM* at 2005-03-18 15:09 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2005-03-14

突然の訃報

10日、友人の突然の訃報を受け取る。受け入れる事ができない何かが今でも喉元にくぐもっている。聞き慣れた声、笑顔、イギリスの話、ワイン好き…を思い出す。

Posted by TM* at 2005-03-14 15:09 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2004-11-12

子豚も歩けばなんとやら

夕方の「子豚のしっぽ」です。雨上がり、近所に散歩がてら買い物に行ってきました。途中で年配のご婦人に道を尋ねられました。ちょっと入り組んだ道だったけれど目的地に無事につたかなぁ、と思いながら歩いているとリアル厨房ねこ(?)がハトを狙っていました。

身を屈めて物陰からさっと飛び出すところがカコイイ!、と思う。ま、狩りは成功しませんでしたけれど。

後でもうちょっと見学させてもらうかなと思いながら歩道を渡りきると、背後で「きゃ!」の悲鳴。ふり返ると自転車の年配のご婦人が倒れている。

ぱぱっと駆け寄ってみると、いわゆる「立ちゴケ」だったようでホッとする。自転車を起こしてあげると顔色が良くない。今日は調子がわるいのよ、とのこと。休み休み行くのが吉ですな、と別々の方向へ。

ポテトチップを買い足しての帰り道、道の両側で中年ねこ(?)同士が見合っている丁度中間点に割り込んでしまう。すまんすまんと謝ると、ちょっと肥ったくろネコがなぜか舌をちょろっと出しっぱなしなのにぷっと笑ってしまう。くろネコくん、気を悪くしたのか、植え込みの茂みの方へいってしまう。

てくてくと手前桜公園脇を歩いていると公園内で犬のブラッシング中の年配のオッサンがいる。案の定、毛が散らばっている。おまけにリード外して走らせている。

うーむ、シナモンのダビング材にもってこいだな、という問題ではない。ここは小さな子供たちの遊び場なのだ。注意して逆ギレされても困るので、いずれしかるべき方面に働きかけることにしよう。

子豚も歩けばなんとやら、のひとときであった。

Posted by TM* at 2004-11-12 11:27 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

2004-05-01

心乱れの1日はボサノバで

朝の「子豚のしっぽ」です。…

追記:2004-05-02

…と、なんちゅーか放置プレイ(?)になってしまった子豚です。

そろそろ参院選ということで近所に住んでいる某政党のオバハンたちが細かーい作業中にやって来て、黒っぽいパンフなど突きつけられて大いに心乱れの1日でありました。しかし、一度「嫌い」だと言ってやったけれど来るんだよなァ。そうか!今度は「もう来るな」とはっきり言わせてもらおうじゃん(`□´)ノ

−■−

夕食の支度をしながら、MXTV字幕ニュースのBGMのジョアン・ジルベルトの歌声とスタン・ゲッツのサウンドをしばし楽しんでいます。

よい音楽というものは、いつ、どこで聴いていても腰から肩にかけての乱れたリズムをビミョーにシンクロし直しますね。

Posted by TM* at 2004-05-01 10:22 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2003-10-29

暮らしの中のテロリスト

昼前の「子豚のしっぽ」です。東京。昭島の本日はポカポカ陽気です。窓を大きく開けて空気の入れ換えをしながら子豚ってます。

駐輪場に止めておいた自転車の前ブレーキワイヤーを誰かに切られた。近所のお米屋さんに行こうと乗ったところ「ん?」と初めて気が付く。

ワイヤーの構造や切り口から、おそらくニッパーのようなもので被覆部に一撃の後にワイヤーを保護するコイル状のチューブを力一杯に曲げてワイヤー本体を露出させて切断したものと思われる。

近所の人に話を聞いてみると新品を盗まれたり部品を持ち去られたりと被害に遭っている方が結構多い。

こういうことをしている「病んだ心」があるということに悲しくなる。おそらく罪の意識や良心の呵責なんて感じていないだろうな。捕まえてみれば「気晴らしにやった」なんて言うのだろう。

暮らしの中にこういうテロリストが隠れ潜んでいることを忘れないでおこうと思う。

追記:切られたワイヤーを交換した。ついでにリヤのアクスルのナットを増し締めして、タイヤに空気を入れた。作業時間は正味10分ぐらい、近所の棟梁が通りかかったので道具のことを小1時間ばかり教えてもらう。

ぽかぽか陽気でカンナの仕込み・直しや昔気質の家の建て方、墨ツボの話などとても面白かった。昔の大工はそれぞれに手間をかけ工夫をした仕事を自慢ともし、誇りにもしていたと言う。

Posted by TM* at 2003-10-29 11:00 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2003-10-03

JARAN JARAN

秋晴れの10月最初の「子豚のしっぽ」です。道を歩いていると金木犀の香りを横切ることがあります。

こういう時は自然と歩く速度が落ちるようで「ん?どこから漂う香りかなん?」などとぼやっとしていたりすると「オラオラオラ!どこ見とんじゃいぃぃ!ワレェェ!」と自転車がすり抜けて行くのであります。

日頃、子豚などと称しておりますがそこそこの大豚さんでありますのでかなり邪魔ではあるましょうな。しかし、これが夜だと自転車はほぼ無灯火なので、JARAN JARANとはゆきかねまする。

Posted by TM* at 2003-10-03 11:15 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

Page 1 of 2 :  1 2 Next ›