宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

Page 1 of 1 :  1

2016-03-11

籐。これは籐の芯の部分ですね。何かに使えるかなと思って取りあえず注文してみました。皮籐の方が質感的には好きですが、かなり細いものになると自分で調整が必要なようですね。いずれにしても扱い方とか謎なので色々といじってみようと思います。

籐

Posted by TM* at 2016-03-11 13:11 in ハンドクラフト » その他 | English | Permalink

2015-03-08

洋カンナ2

洋カンナの歯研ぎについて投稿いたしましたがちょっと専門的で分かりづらい部分があったと思います。補足として画像と説明文を投稿いたします。鉋は「仕込み」といって、削る対象に対して、最適な、その本体(台)と歯(の研ぎ出し)が必要です。以下、箇条書きに…

1)洋カンナ 押して切るカンナ。本体は鋳物(古いものは木製もある)。バンブーロッド作りに洋カンナを使う理由は、バンブーの小割りを削り出す時の治具が硬いステンレス鋼であるため、日本の和カンナ「木の台=木製の本体」に不向きであると私は考えています。

2)洋カンナの歯 鋳物の台にメカニカルにセットするために独特なデザインがあります。日本のカンナのように「鋼+軟鉄」の合わせではなく、このモデルでは「熱処理したステンレスの一枚刃」になっています。

3)刃先の角度 削る木(=材料。硬さや木目の方向)によって適した角度があります。また、荒削りから超仕上げ削りにおいて、そして製作者の好みもあります。

…あとは画像に補足いたします。

上)日本のカンナ。指物用に適した小ぶりのカンナです。下)バンブーロッド製作用に私が使っている洋カンナです。上の日本のカンナは向かって右方向(自分に対して手前)に引いて使います。下の洋カンナは左方向に押して使います。

それぞれのカンナの底面です。上の日本の鉋台は樫の木でできていますが竹を削ると底面が消耗します。

洋カンナの歯(刃)です。上が「スクレーピング用」で下が「一般的な削り用」に調整してあります。

歯先を横から比較したところ。歯先の勾配に注目。カンナ台の角度と刃先の角度が加わって、適切な「仕込み=角度」になります。上が「スクレーピング用」で下が一般的な仕事用の角度です。

前回の投稿:

-----

注意:この投稿の内容はあくまでも私個人の見解であって、すべての見解を代表するものではありません。また今後、新しい知見によって、この見解が変わる可能性があることもご承知おきください。

Posted by TM* at 2015-03-08 00:02 in ハンドクラフト » その他 | English | Permalink
Tagged as: ,

2015-03-06

洋カンナ1

午前中は洋カンナの歯(左手に持っていますが面白い形でしょw)を研いで終了、これからお昼にします。

まだ仕上げ研ぎはこれからですがちょっと変わった角度に削ってありますね。これをブロックプレーン(=洋カンナ)にセットするとスクレーパーになる、という目論見です。ハムラーやニールセンの#212はそのうち手に入れたいなと思っていますが、まず手元にあるものでスクレーピングのプラクティス(バンブー表皮削りやランディングネットの仕上げ等)といったところです。利点としてはブロックプレーンと同じように使えるはず。と、上手くゆくかなぁ。

洋カンナ1

関連リンク:

Posted by TM* at 2015-03-06 11:33 in ハンドクラフト » その他 | English | Permalink
Tagged as: ,

2015-02-24

アルミケースのボトム・キャップ

A7075を使いました。ここに使わなくてもいい素材かもしれませんがアルミチューブに嵌め込んだ時、改めて眺めると綺麗だなぁ〜と思いました。ただそれだけのことですが興味のある方は以下のリンクからその「正体」をご覧ください。

アルミチューブにボトムキャップ1

こんな風にアルミチューブにボトムキャップが嵌っています。

アルミチューブにボトムキャップ2

Posted by TM* at 2015-02-24 21:26 in ハンドクラフト » その他 | English | Permalink

2015-02-14

ビーディング

つい最後まで見てしまいました。作例はバイクのフェンダーやパネル、椅子。何か(謎)のヒントになりそう。

【メモ】ビーディングに関する器具やノウハウ

【メモ】螺旋

【メモ】原理

Posted by TM* at 2015-02-14 17:35 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2014-12-16

真鍮クギ

モーニング・コーヒーなう。奥多摩は気温マイナス3℃、予報ではこれから雪になるようです。

昨日、真鍮クギを買ってきました。量り売りというのがプロ(何)っぽくていいですね。ホームセンターで買うよりはかなり安価でした。箱には寸法記載がなくて「14番」と書いてありました。なにやらフライのフックサイズみたいだなwと思いました。

皆さん、よい一日を!

真鍮クギ

Posted by TM* at 2014-12-16 08:50 in ハンドクラフト » その他 | English | Permalink
Tagged as:

Page 1 of 1 :  1