宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

2005-02-26

わが家のカレー曜日

土曜日の「子豚のしっぽ」です。

わが家の金曜は「カレー曜日」です。市販のカレールーを使ったごく普通の「家庭風カレー」ですが、そこは子豚流にちょっとばかり工夫をしています。

まずはバラ肉を固まりで購入して一口大に切ってからコショウ少々とすり下ろしたショウガをまぶして良く馴染ませます。この作業はポリの袋などを利用すると具合がよろしい。これは肉を柔らかくするというのが狙い。

約20分、時間をおいてから軽く小麦粉をまぶしてフライパンで焼き目を付ける。おー、この時点で結構旨そう。ここでヒトツご相伴、ビールをぱしゅっと開けてんぐんぐんぐと行く。至福の時だなぁ〜。

次に野菜はじゃがいも、玉ネギ、人参を適当に切るのであるが玉ネギはちょっと工夫。まず半分に切ってまな板の上でドーム状(?)に置いたらその両端の立ち上がりの部分をみじん切りにしてあとは繊維に添って5つぐらいに切る。

みじん切りの部分は焼き目が付いたバラ肉にばっと加えてさらに炒めを続行する、となる。これも肉を柔らかくする目論見第2弾。ワタクシはシャリヤピン理論とヒソカに名付けている。フライパンを空けたらたまねぎ、じゃがいもと軽く炒める。ここまでが下準備。

次はこれらの材料を煮て行くのでありますが、にんじん、炒めた肉、ローリエをフタをしないで水から中火で煮る(このようにすると肉が軟らかく仕上がる、目論見第3弾だ)、そして人参が柔らかくなったら弱火にして、じゃがいもと玉ネギを投入。

以上、程よく煮えたらカレールーを入れておろしショウガを仕上げに入れる。とろっとしたバラ肉のカレーが出来上がり、むははは!となる。ごはんはちょっと硬めに炊くとよろし。

Posted by TM* at 2005-02-26 09:48 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink | 
Tagged as:

このカテゴリ以下の他の日記、メモなど

  1. サンショウの実
  2. たまにはこんなお昼を
  3. ユズ実る
  4. キンミヤ焼酎で
  5. 遅蒔きのバジル
  6. 東京トラウトカントリーで渓流フライ教室開催
  7. お昼は天ぷらに
  8. タラの木
  9. 初物ミョウガで
  10. バジルの緑

Tags

ATH (7), css (34), delight (25), facebook (46), firefox (15), google (5), html (11), maiking-delight (10), memo (70), netscape (7), NO TRUNKS (8), SEO (8), spam (15), twitter (8), war (11), WE LIVE HERE (11), いろいろ (18), うどん (6), お知らせ (5), やきとり (6), イベント (45), イワナ (8), カゲロウ (5), カディス (9), カレー (10), カワゲラ (12), キャス練 (29), ギター (6), クラフト (6), ゲイリー・スナイダー (5), ゲイリー・バートン (6), ジャズ (172), スナップショット (5), スパゲッティ (7), ソウル (20), ソフトウェア (21), ソロー (5), タラノメ (9), チック・コリア (7), ニジマス (7), ハンドクラフト展 (14), バイク (9), バジル (8), バンブーロッド (5), パイプ (5), パット・メセニー (7), ビル・エヴァンス (20), ピアノ (30), フライ (59), フライタイイング (18), フライライン (6), メモ (202), ヤマメ (17), ランディングネット (26), ラーメン (9), リールシート (8), ロッドメイキング (11), 人物 (41), 出来事 (12), 大雪 (5), 奥多摩 (65), 奥多摩川 (32), 小菅川 (80), 小菅川C&R (8), 小菅川冬季ニジマス釣場 (15), 山菜 (6), 新年 (16), 更新 (41), 東京トラウトカントリー (5), (10), 水生昆虫 (12), 渓流フライ教室 (30), (41), 田渕義雄 (6), 矢野シルクライン (7), (22), 読書 (55), 道志川 (6), 選挙 (6), (20), 雑感 (176), 雑誌 (7)