宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

2004-03-14

ささぎについて

昨日は近所のお米屋さんでお米を買いました。ご主人と孫の娘さんがお店の番をしていました。「お米屋さんは楽しいですか?」と小学校4年ぐらいの娘さんに聞いてみたらテレちゃったみたい。

お米を買ったついでに前々から分からなかったささぎ=お豆のことをご主人さんに伺いました。それは「なぜ、お赤飯にはささぎを用いるのか?」といことだったのですが

  1. お赤飯は慶事のものであること。
  2. あの美しい桜色は小豆でも付けることが出来る、しかし
  3. お豆が煮えた時、小豆は「腹切り」といって、豆の外皮に裂け目が入ってしまう。
  4. それでは慶事が台無しになってしまう。
  5. その点、ささぎは割けたりしないので具合がよろしい。

というような理由があるのだろうとのことでした。改めてささぎと小豆を見比べてみると、ふっくらとみずみずしい小豆に比べて、ささぎはちょっと色が濃くてぎゅっと締まった感じです。

なるほどなぁ、としばし関心。ささぎの語感から「ささげ=捧げ」を私は想像していたのですが、それほど見当違いでもなさそうな感じをより強くしたな、などと思いつつお店を後にすると「ありがとうございました」とハッキリとした可愛らしい声が背中の方から聞こえました。

追記1:

山一つ向こう(?)の知人に聞くと「ささげ」と呼んでいたとのこと。うちでは確か「ささぎ」だったよなぁ。うーむ、ま、トリビアということでもうちょっと見分を広げてみるかな、の子豚であります。

追記2:

東北弁説を発見。東北生まれの方々に尋ねてみた。「ささ」と「ぎ」の間に「ん」をほんの一瞬置くように発音すると実に美しい響きになる。[2004-3-21]

Posted by TM* at 2004-03-14 17:59 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink | 
Tagged as:

このカテゴリ以下の他の日記、メモなど

  1. サンショウの実
  2. たまにはこんなお昼を
  3. ユズ実る
  4. キンミヤ焼酎で
  5. 遅蒔きのバジル
  6. 東京トラウトカントリーで渓流フライ教室開催
  7. お昼は天ぷらに
  8. タラの木
  9. 初物ミョウガで
  10. バジルの緑

Tags

ATH (7), css (34), delight (25), facebook (46), firefox (15), google (5), html (11), maiking-delight (10), memo (70), netscape (7), NO TRUNKS (8), SEO (8), spam (15), twitter (8), war (11), WE LIVE HERE (11), いろいろ (18), うどん (6), お知らせ (5), やきとり (6), イベント (45), イワナ (8), カゲロウ (5), カディス (9), カレー (10), カワゲラ (12), キャス練 (29), ギター (6), クラフト (6), ゲイリー・スナイダー (5), ゲイリー・バートン (6), ジャズ (172), スナップショット (5), スパゲッティ (7), ソウル (20), ソフトウェア (21), ソロー (5), タラノメ (9), チック・コリア (7), ニジマス (7), ハンドクラフト展 (14), バイク (9), バジル (8), バンブーロッド (5), パイプ (5), パット・メセニー (7), ビル・エヴァンス (20), ピアノ (30), フライ (59), フライタイイング (18), フライライン (6), メモ (202), ヤマメ (17), ランディングネット (26), ラーメン (9), リールシート (8), ロッドメイキング (11), 人物 (41), 出来事 (12), 大雪 (5), 奥多摩 (65), 奥多摩川 (32), 小菅川 (80), 小菅川C&R (8), 小菅川冬季ニジマス釣場 (15), 山菜 (6), 新年 (16), 更新 (41), 東京トラウトカントリー (5), (10), 水生昆虫 (12), 渓流フライ教室 (30), (41), 田渕義雄 (6), 矢野シルクライン (7), (22), 読書 (55), 道志川 (6), 選挙 (6), (20), 雑感 (176), 雑誌 (7)