宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

Page 1 of 1 :  1

2016-01-22

Ari t Hart John Betts reel

アリ・ハートのフライリール「ARAS」。ティペット・スプールx2とフロータント・ケースがビルトインされたモデル。シンセチックマテリアル&タイイングで有名なジョン・ベッツ氏とのコラボで、同時に同名のコレットレス・バイスも作られたと記憶しています。昔、USAのフライロッド&リール誌にこのリールの小さな記事が出ていて、ベッツ氏に問い合わせをしましたがすでに完売でした。ラインキャパがDT6番+αぐらい、3〜4番ぐらいだったら本気で・・

Ari t Hart John Betts reel

Ari t Hart John Betts reel - YouTube

Posted by TM* at 2016-01-22 22:32 in ハンドクラフト » フライリール | English | Permalink
Tagged as: ,

2014-12-20

レムコをメンテナンス

フライリールの手入れをしました。このレムコは今シーズン通して使ってきました。

昨日の小菅川冬季ニジマス釣場でちょっとドラグが渋いかな?と思い、左巻きにチェンジも兼ねて分解しました。細かい砂、緩んだネジじめなど掃除・整備、グリスアップをしました。

このレムコのクラッチはピンで固定されて分解出来ない仕様のようで元の右巻きに組み上げました。完全な抵抗なしから回らなくなるまで調整できるドラグが元に戻りました。

尚、アリ・ハートのリールは分解(特殊な工具が必要)するとパーツの取り付けアライメントが狂う(特にFシリーズ)場合があります。ご注意ください。

レムコを分解する

Posted by TM* at 2014-12-20 20:04 in ハンドクラフト » フライリール | English | Permalink
Tagged as: ,

2009-09-25

Ari't Hart Round Iのハンドルを短くする

アリ・ハートのラウンド・シリーズはリールハンドル基部に延長パーツが付いています。画像1・下のスプールは右側がラウンド用で左側がレムコ用です。ハンドル以外はほぼ同じデザインですがセンター穴がラウンドの方が少々大きくなっているのが分かります。これはドラグのメカが変更されて、そのハウジングが大型化していることによるものです。

リールハンドルの比較(1)
画像1・ハンドル長の比較

ハウジングが大型化することによってスプール脱着・固定ノブも少し大きくなっています。おそらくリールハンドルとスプール脱着・固定ノブの干渉を避けるためにリールハンドル基部に延長パーツが取り付けられたのではないかと想像します。

リールハンドルのパーツ公正
画像2・ハンドルパーツ

そこで薄いワッシャー状の延長パーツとハンドル内部に入れるパーツを作ってハンドルを短くしてみました。画像2・上のパーツは左側から…

  1. ハンドル
  2. センター・シャフト
  3. 新造した薄いワッシャー・パーツとハンドル内部用補正パーツ
  4. オリジナルのハンドル延長パーツ

…です。3と4のパーツの高さは同じに作ってあります。2のセンターシャフトを作り直してもいいのですが今回は簡単な方法にしました。

リールハンドルの比較(2)
画像3・同じ長さのハンドルに

ラウンドのスプールに新たなパーツを組み込んで取り付け完了。画像3・上の左側がハンドルを短くしたラウンド用のスプールです。右側のレムコ用スプールと同じ長さになりました。古いグリスを新しくしましたので動きはスムースです。

Ari't Hart Round Iの画像
画像4・短いハンドルのAri't Hart Round I

本体にスプールを付けてみました(画像4・上)。コンパクトな感じになりますね。実際に短いハンドルでスプールを回してみて気が付いたことは…

  1. ハンドル端の黒いバンドを摘むように回すとよい
  2. 少し深めにハンドルを摘むとスプール脱着・固定ノブに干渉する

2については機構的にこの直径のスプールでは仕方がないなといったところです。レムコのようにスプール脱着・固定ノブのローレット加工がもう少し細かく、面取りを大きくするといいかもしれないなと思いました。

Posted by TM* at 2009-09-25 19:06 in ハンドクラフト » フライリール | English | Permalink
Tagged as:

2006-03-05

フライリールを修理した

20年(?)ぐらい前に奥多摩川・軍畑駅前の坂道を転げ落ちて大破以来、お蔵入りになっていたリールをリペアしてみた。修理箇所は‥

  1. リールハンドルと取付け部プレートのゆがみ
  2. ラインガイド内側の瑪瑙風リングの破損

‥とまぁ、なんとも痛々しい状態。

1.)についてはプラハンマーで地道に修正、ハンドル心棒とプレート部分のカシメで少々歪みは残ったものの実用上は無問題。

さて、2.)についてだけれど純正のパーツなど入手できないだろうから制作するしかない。さすがに元のリングは作れそうにないので真鍮から削り出して、本体への取付けステーをソルダード(銀ロウ付け)、取付けピンをこしらえて固定してみた。(下写真AとB)

リール修理1A) 薄目に作った自作真鍮リング(ラインガイド)にステーをソルダード。取付けピンを制作。

リール修理1B) ステーを本体にピンをかしめて固定。念のため、瞬間接着剤をピンに少量付ける。

作業時間にして小一時間ほどで20年間、元箱の中で眠っていたリールが蘇った!ここのところいつでも手の届くところに置いて眺めたり触ったりとご機嫌です。(下写真)

リール修理完成

しかしこのリール、DT5番ラインで図体も意外に大きい。さて、ナニに使おうか考え中なのです、じじじじっ(と回す音)。スクリューのアップロック・リールシートで8フィート#5番のミッジ用ロッド、ホスイ>ハゲシク..

おまけ

当時、このリールと7’2”・#5を持って、軍畑〜御嶽近辺(GoogleマップGoogleマップ)をよく歩いていました。圧力がある流れを冷や汗もので渡ったのを覚えています。釣果の方は、ま、ナイショということで。川沿いの杉林が風に揺られて花粉がぼわっと舞っていたなぁ〜(恐;

以上、子豚にしては珍しい釣り絡み日記でありました。

Posted by TM* at 2006-03-05 10:22 in ハンドクラフト » フライリール | English | Permalink
Tagged as:

Page 1 of 1 :  1