宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

明日使うフライ(=毛鉤)を巻く - 2016-03-29

フライタイイング(毛鉤巻き)あふたー。あと何本か巻けば明日は良い日になるかなぁ。確信はないです、はい。(笑)

明日使うフライ(=毛鉤)を巻く
Posted by TM* at 2016-03-29 20:46 in フライタイイング | English | Permalink

チェット・ベイカー - ドルフィン・ダンス - 2016-03-29

チェット・ベイカー。「ドルフィン・ダンス」ハービー・ハンコックのオリジナル曲。メロディーを大切に、歌うようなチェットのトランペットが聴きどころですね。

Chet Baker - Dolphin Dance

Chet Baker - Dolphin Dance - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-29 20:40 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink

新顔の野良猫が2匹 - 2016-03-29

目覚まし時計はウグイスの鳴き声。ひと雨ごとに春はやって来る。新顔の野良猫が2匹、顔を見せるようになった。ジョニーとメリーと名付ける。たまに野鳥の羽が小道に散乱しているのはたぶん彼らの狩りの跡だろう。

Posted by TM* at 2016-03-29 20:37 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

*みやざき流バンブーロッドの手入れ・番外編 - 2016-03-28

本家ホームページのアクセスログを見ますと「バンブーロッド 曲がり直し」「バンブーロッド 癖」などのキーワードが目につきます。また、フィールドでもこんな感じのご質問をいただくことがあります。

今回は番外編として、バンブーロッドの曲がりについて、私がどのように考え、また、それを防ぐために行っていることを2点、まとめてみます。

みやざき流バンブーロッドの手入れ・番外編
ちょっと雑な図ですが(1)がランディング、(2)がキャスティングのストロークです。

以下…

1)ランディング

ロッドに大きな負荷がかかるのはランディングだと考えています。ロッドの癖がガイド側に付くのは掛かった魚とのやり取りの中で、その一方向に強い負荷が掛かるからだと考えます。画像(1)でのランディング直前にリールを天に向けて取り込むことで「ガイドとは反対側に曲げ返す」ことによって負荷のバランスを取るとよいと考えます。

2)ストロークのポイント

「B=バックストップ」から「F=フォワードストップ」へのタイミングの問題。バックストップへのストロークで作ったB’のロッドのしなり=キャスティング・パワーがB’からFへのタイミングが遅いために「ベンドが元に戻った状態=キャスティング・パワーがゼロになった状態」がら急加速と急停止させるによってフォワードストップでティップが不必要なオーバーシュートを起こしている(特に近距離で。この場合、大抵はリーダー+ティペットの伸びが良くありません)。これも一方向への負荷を強めることになろうかと考えます。

要は一方向に負荷をかけ過ぎない、ロッドの働きをスムースに引き出す操作=キャスティングを心がける、ということになろうかと思います。実際の釣りの状況は単純なものではありませんが、と付け加えて私がよくお話をさせて頂くのはこんな感じになります。

以下、これまでの投稿です。

#

私が自分のロッドをどのように手入れしているかを皆さんにご覧いただこうと思います。ただし、この方法が他のすべてのロッドに適切/適正な方法ではない可能性があるということを必ずご理解の上、ご覧ください。

-----

このエントリをご覧いただく際の留意事項は留意事項についてをご覧ください。

Tagged as:

ラブソング - ジョン・アバークロンビー - 2016-03-27

ジョン・アバークロンビーとヤン・ハマー。「ラブソング」余韻が残ること、とりとめがないフレーズの連なりがその時間を表すような。そんな風に今日の、川での時間は流れたんだなと思うのでありました。

John Abercrombie - Love song

John Abercrombie - Love song - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-27 21:10 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink

釣りから帰って - 2016-03-27

晩酌なう。本日の川歩きはストーク&ストークで腰がちょっとツッパっています(笑)。7フィート4番WF+OH&Dリーダーがバックスペースがない場面でよく働いてくれました。
Posted by TM* at 2016-03-27 20:18 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

日原川のヤマメ - 2016-03-27

2016年シーズンの初ヤマメとなりました(^^)

日原川のヤマメ
Posted by TM* at 2016-03-27 16:06 in フライフィッシング | English | Permalink
Tagged as: ,

日原川・2016年3月27日 水生昆虫観察 - 2016-03-27

奥多摩川支流・日原川の大沢地区にある管理釣場「東京トラウトカントリー」内のキャッチ&リリース区間を歩いてみました。

渓相は両岸が切り立ち、瀬と落込みが連続する源流帯です。角が鋭い岩がこの川の荒々しい姿を垣間見せます。この区間は私にとっては最難関の流れですが掛かるヤマメやイワナの美しさは奥多摩川水系では随一かなと思っています。

日原川・2016年3月27日 水生昆虫観察
日原川・2016年3月27日 水生昆虫観察
Posted by TM* at 2016-03-27 16:06 in フライフィッシング | English | Permalink

パルナッスム博士 - 2016-03-26

晩酌なう。明日は某所の流れにてヤマメ、イワナを追ってみようと思う。気温水温共に低くて厳しい条件だろうけど何かがつかめればいいなと思う。

ミケランジェリ。「パルナッスム博士」川歩きの最中に、ふと思い浮かんだピアノのフレーズを後で調べたらこれでした。ジャズピアノの延長でサティからドビュッシーとなればミケランジェリに行き着く。すっかり忘れていたそんな経路の始まりにまた立ったように、新鮮な気持ちが蘇るようでした。

Debussy - Children's Corner - I. Doctor Gradus ad Parnassum

Debussy - Children's Corner - I. Doctor Gradus ad Parnassum (Arturo Benedetti Michelangeli) - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-26 21:45 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink

シカゴ・ソング - デヴィッド・サンボーン - 2016-03-23

デヴィッド・サンボーン。「シカゴ・ソング」ギターのハイラム・ブロックはいまは亡く、オリジナル・メンバーはキーボードのリッキー・ピーターソンだけですがファンク色が強まっていますね。こういう演奏、私は好きです。

David Sanborn Band Live in KL - Chicago Song

David Sanborn Band Live in KL - Chicago Song - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-23 23:50 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink

デライトの10インチ・New! - 2016-03-23

ランディングネット、新しい10インチ”Delight”の試作品が完成。ネットはコットン生成り+柿渋です。これでネット製作は当分お休み。だって釣りが・・まぁ、そういうことで(笑)

デライトの10インチ

水仙が咲き始める - 2016-03-23

晩酌なう。雨降ってちょっと季節が足踏み。マイガーデンは水仙が咲き始めました。近所のニリンソウもスタンバっています。山里の春と初夏はほとんど同時にやって来るような感じがしますが、いま一歩というところでしょうか。
Posted by TM* at 2016-03-23 23:20 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

渓流フライ教室の様子 - 2016-03-21

3月の渓流フライ教室は日程終了。(例によって)とくじろうさんのブログで教室の様子をご覧いただけます。

宮崎 俊太さんの投稿 2016年3月20日
Posted by TM* at 2016-03-21 13:34 in イベントやお知らせ | English | Permalink

ただいま気温16℃ - 2016-03-19

晴れ間なう@奥多摩。ただいま気温16℃、雨上がって春の陽射しが渓いっぱいに注いでいます。夕マズメ、ヨサゲな予感....
Posted by TM* at 2016-03-19 13:39 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

パット・マルティーノ - オープン・ロード - 2016-03-18

パット・マルティーノ。「オープン・ロード」フリーでメロディー志向、そういうミュージシャンと音楽にしびれる私。パットもそのひとりです。

Pat Martino - Open Road

Pat Martino - Open Road - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-18 23:30 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink
Tagged as: ,

やっと一服、雨が - 2016-03-18

晩酌なう。ロッドの塗装長引いてやっと一服。雨が降っているけれど暖かいよなと温度計を見たら12℃。ヤマメ、イワナが元気な温度だねぇ、オレもお仲間かいとか思ったりした。 3月末、奥多摩でフリーマガジンが発行されます。なぜか私も紙面に登場します。内容は改めて投稿いたします。
Posted by TM* at 2016-03-18 23:18 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

デライトに編み上がったネットを取り付けた - 2016-03-18

先日、茶そば色(笑)に染めたクレモナ糸を使ったネットが編み上がりました。オーバル型のフレームに取り付けました。この色、レギュラー化してもいいかなと思っています。

前回の投稿:茶そばなう。違います(笑)
デライトに編み上がったネットを取り付けた

小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月17日 水生昆虫観察 - 2016-03-18

金風呂から10時頃、水温7℃で上流へ歩き始めました。水量計下でカディス(ウルマーシマトビケラ?)のハッチに遭遇。岸際、緩流帯など、綿埃が舞うような大量のハッチを見ました。感動的でした。

しかしながら奥多摩湖に生息する鵜の活動が活発で金風呂付近は魚影・ライズが少ない状況でした。それでもよい流れ(ストラクチャーがあったり河川駐車場への降り口など賑やかな場所=鵜が敬遠する場所)ではイマージャーなどで数釣りをした方もいらっしゃいました。

私は水量計下で19番のタシロ・フラップカディスを引っぱって楽しい釣りができました。漁協では鵜の追い払いをしているそうですがなかなか効果が上がらないようです。

小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月17日1
1)頭首工下、ブッツケ際でカディスの大量ハッチに遭遇しました。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月17日2
2)1の付近で。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月17日3mage
3)大成沢手前で。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月17日4
4)大成沢付近の段々で。

川を歩いている時、久しぶりに魚に走られました。

Posted by TM* at 2016-03-18 08:34 in フライフィッシング | English | Permalink

R.I.P. 福居良 - 2016-03-17

福居良さん死去 67歳 平取出身ジャズピアニスト

北海道のジャズピアノの第一人者で札幌在住の福居良(ふくい・りょう)さんが15日午後0時44分、悪性リンパ腫のため、札幌市内の病院で死去した。67歳。日高管内平取町出身。(どうしんウェブ

Ryo Fukui - Mellow Dream

Ryo Fukui - Mellow Dream - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-17 00:22 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink
Tagged as: ,

あるギターの物語 - 2016-03-16

チリに押し寄せた津波は命も生活も奪って行きました。海に流された一本のギターに連なる思いや願いを、私も共有したいと思います。

Posted by TM* at 2016-03-16 13:19 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink

「雨に濡れても」をジャズで - 2016-03-12

今日は友人たちが川に入っていたようです。所によっては雨模様、コンディション的にはタフなフライフィッシングになったのかなと思いました。「雨に濡れても」ディー・ディーの歌声が雨に煙った谷や川を思い起こさせるな、、さて、明日の準備開始!

Dee Dee Bridgewater - Raindrops Keep Fallin' On My Head

Dee Dee Bridgewater - Raindrops Keep Fallin' On My Head - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-12 21:07 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink
Tagged as:

ハギマシコ - 2016-03-12

「岳人」1月号読了。登山や沢登りは守備範囲外の私ですが面白い記事が満載ですね。ガダルカナル島・単独横断記はちょっとシビレました。画像は連載・美しい野鳥「ハギマシコ」です。美しい鳥ですね。群れてジュッジュッと鳴くそうです。間近で見たいなと思いました。

ハギマシコ
野鳥「ハギマシコ」
Posted by TM* at 2016-03-12 21:01 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink
Tagged as: ,

facebookのカバー写真・1 - 2016-03-11

早春の水生昆虫(小菅川にて)

宮崎 俊太さんの投稿 2016年3月11日
Posted by TM* at 2016-03-11 22:31 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

スイート・レイン - 2016-03-11

晩酌なう。解禁迎えて、さぁ!という時にみぞれ混じりの冷たい雨が降る奥多摩。つい先日はずぶ濡れになりながら小菅川から帰って来たけれど今日は勘弁勘弁。ひと雨ごとに春はやって来る「待つこともフライフィッシングじゃん」と雨音を聞いている。

スタン・ゲッツ。「スイート・レイン」ピアノはチック・コリア。

Stan Getz - Sweet Rain

Stan Getz - Sweet Rain (Album) - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-11 21:11 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink

- 2016-03-11

籐。これは籐の芯の部分ですね。何かに使えるかなと思って取りあえず注文してみました。皮籐の方が質感的には好きですが、かなり細いものになると自分で調整が必要なようですね。いずれにしても扱い方とか謎なので色々といじってみようと思います。

籐
Posted by TM* at 2016-03-11 13:11 in ハンドクラフト » その他 | English | Permalink

東京ローズはハリウッド・ブルースを歌う - リッチー・コール - 2016-03-09

晩酌なう。雨降っていますが夜空が澄んだ感じで不思議です。

リッチー・コール。「東京ローズはハリウッド・ブルースを歌う」東京ローズは70年前の太平洋戦争中、実在の女性ですが何人かいらしたらしいですね。戦時、ジャズとか欧米の文化・スポーツが敵性なものとしてある中、こんな歌を歌って敵兵士に語りかけていたのかもしれません。何を言いたいか?愚かな戦(いくさ)は金輪際、起こさない、無くしたい。皆で音楽を楽しみたい。。今夜はちょっと酔っ払いました。

Richie Cole - Tokio Rose Sings The Hollywood Blues

Richie Cole - Tokio Rose Sings The Hollywood Blues - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-09 22:29 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink
Tagged as:

クレモナ糸を染色する - 2016-03-09

茶そばなう。違います(笑)

ネット一本分のクレモナ糸を染めてみました。染料から引き上げたばかりなので色合いが濃い目に見えますが、この後、水で晒しますので狙いどおりな草色になるかなと思います。ヤマメやアマゴのパーマークを引き立ててくれるランディングネットになればいいなと思います。

クレモナ糸を染色する

小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月7日 水生昆虫観察 - 2016-03-07

今日は水量計〜大成沢手前までと森林公園の流れをウォッチしました。画像は水量計・吊橋付近、チャラ瀬の底石をひとつかみした時のものです。ひとつかみでこれですからこの区間は相当な水生昆虫がいると思われます。

ここの流れの反対側、右岸の浅瀬・流心のたるみで綺麗なレインボーが#12番のエゾシカ・カディスにヒットしました。今回は我慢できなくて(笑)釣りメインだったので写真はこれだけです。次回は森林公園付近の流れであるらしいスーパーハッチ(謎)を追ってみたいと思います。水温7.5℃(森林公園)でした。

小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月7日1
1)水量計・吊橋上流、左側の流れ。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月7日2
2)1を別角度で。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月7日3
3)1を観察した流れ。

日当たりがよい区間。浅瀬の底石2つでこのぐらいの水生昆虫が集まります。ヒラタカゲロウが印象的ですね。ヘビトンボがいます。

もう少し水量があると左岸がよいポイントになりそうですね。

Posted by TM* at 2016-03-07 21:23 in フライフィッシング | English | Permalink

グリーンスリーブス - 鈴木勲と山本剛 - 2016-03-06

「グリーンスリーブス」といえば、ジャズだとジョン・コルトレーンが真っ先に思い浮かびますが鈴木勲さんのこの演奏もグッと来るものがありますね。

Isao Suzuki with Tsuyoshi Yamamoto - Greensleeves

Isao Suzuki with Tsuyoshi Yamamoto - Greensleeves - YouTube

Posted by TM* at 2016-03-06 23:24 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink
Tagged as: ,

奥多摩川本流解禁日 - 2016-03-06

晩酌&カレーなう。カレーがけっこう辛いのは近所のJA売店販売の地場・激辛唐辛子のせいです。

諸事情にて本日予定していた勝手連活動・奥多摩川本流の放流は参加せズ

Posted by TM* at 2016-03-06 23:04 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

小菅川解禁イベント - 2016-03-06

本年も解禁イベントに参加いたしました。解禁イベントの様子は以下のブログ「yamame to asobu | やまめとあそぶ」よりご覧ください。

Posted by TM* at 2016-03-06 22:26 in イベントやお知らせ | English | Permalink
Tagged as: ,

小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日 水生昆虫観察 - 2016-03-05

解禁日の山梨県・小菅川キャッチ&リリース区の水生昆虫アルバムです。今日は竿を出さず、釣りの邪魔をしないように流れの際を観察しました。

この陽気が続けばフタオカゲロウの集中的なハッチが始まりそうな感触を持ちました。全体的には小型なカワゲラのシャックが目立ちました。尚、今回は水量計から大成沢までは歩いていません。

流れが安定しているこの区間、水生昆虫の成長は進んでいるような気がします。次はこちらを観察しようと思っています。

小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・1
1)小菅村金風呂の道端にイヌフグリが咲いていました。この小さな花を見ると春だなぁと思うとともにちょっと嬉しくなります。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・2
2)キャッチ&リリース区最下流、岸辺の落葉から。小型スローンフライとカディス。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・3
3)やや上流に移動して、水通しのよい瀬脇の底石から。陽当りがよくない場所のためか、まだ小さい感じがしました。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・4
4)3を別角度から。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・5
5)さらに上流へ移動。瀬脇の石から。大型ストーンフライが混じっています。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・6
6)5を別角度から。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・7
7)水量計までの中間地点の瀬尻。所々に去年の落葉が滞留していますが、ここが水生昆虫の恰好な住処になります。ただし、泥が堆積するとほとんど姿を見ることがなくなるようです。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・8
8)7の場所で休憩中。小型カワゲラがまとわりついてきます。この虫は陸上羽化をしますが水面を撫ぜるように飛ぶことがあります。フライ操作のヒントになります。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・9
9)少し上流へ移動。川べりの石にフタオカゲロウのハッチの跡がありました。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・10
10)9の脱皮殻を観察。風に吹かれると水面に落ちることがあります。場所によっては大量にこれが浮かんでいることも。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・11
11)9、10を撮影した流れはこんな感じ。フラットで魚は見えていませんが岸際で夕方、激しいライズがあるのはこんな感じの場所なので要注意です。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・12
12)この辺りは小型カワゲラの脱皮殻が目立ちます。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・13
13)さらに上流へ移動。流れが安定している区間に入ると成長がよいように思います。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・14
14)森林公園・吊橋下の下流方向。
小菅川キャッチ&リリース区・2016年3月5日・15
15)水通しのよい岩の際から。

下はクレーンフライか?全般にドライフライの季節はまだ先といった感じでした。

Posted by TM* at 2016-03-05 19:30 in フライフィッシング | English | Permalink