宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

キャス練・奥多摩川 ロッドを回してみる - 2011-02-28

キャス練のスナップ
水生昆虫観察に荷物がかさむので珍しくベスト持参のキャス練です。水生昆虫観察の合間に。

今日のキャス練はタイトルの「ロッドを回してみる」となんとも分かりにくいかも。ロッドは6フィート9インチ・3番に矢野シルク3番DTとブレイデッドリーダー&ティペットを使用。小渓流でメインに使っている組み合わせです。

何を練習するかというとラインをピックアップする時、ロッドを回す(ロッドティップで円を描く)様にしてリフトしたラインを自分の近くの水面にタッチさせる、そこからバックキャストなりアンダーハンドキャストなりにスムースに移行する、というもの。釣り上りの時のスラックしたライン処理やキャスト方向の転換、バックスペースが限られる場所でのキャストなどとして重宝しています。

この手のラインコントロールは私の知る範囲ではアンダーハンドキャスティングがとても面白いです。以下のリンクはそのスペシャリストである近藤雅之さん(*1)のデモの様子です。

---

*1:知る人ぞ知る、です。2007年に私(=一番覚えの悪い生徒)が受講したアンダーハンドキャスティング・シングルハンド講習(ティムコ)の講師をしてくださいました。

Posted by TM* at 2011-02-28 12:45 in フライタイイング | English | Permalink
Tagged as:

水生昆虫観察・奥多摩川 2011年2月 - 2011-02-28

解禁も間近となりましたね。ここのところ気温が高くなって春一番も吹いたようです。奥多摩川の川底もさぞや賑やかではなかろうか、ということで恒例の水生昆虫観察をキャス練の合間にしてきました。

前日も地元の言葉で「イゴ」を調べるために川底探索をしましたので水生昆虫の居場所は大体見当が付いていますが今回はお初なゲスト(?)も登場です。まずは…

水生昆虫・カワゲラ、ヒラタカゲロウ、フタオカゲロウ
カワゲラ、ヒラタカゲロウ、フタオカゲロウ。ヒラタが大きいですね。…御三家といったところ。そうすると将軍様あたりが相当なヒゲナガも確認しましたがまだ小ぶりでした。ヒゲナガは例によって水通しのよい石ウラにワサワサいる感じです。そして川岸の砂が堆積している辺りには…
水生昆虫・モンカゲロウ
…さしずめ奥多摩川カゲロウ界の女王、モンカゲロウがいました。実際にニンフを観察すると鰓をマラブーなどで表現したフライを巻きたくなりますね。生息場所からして釣りの場面を想像すると主流脇の砂底がある巻きや鏡にフローティングニンフやスティルボーンをそっと浮かべる…ライズ!!なんて妄想が膨らみますね>むくむくとw。
水生昆虫・ヘビトンボ
さてお次が今回初見参…孫太郎虫。ヘビトンボの幼虫ですね。ちょっと不気味ですがオニチョロがいそうなところで見つけました。丸まっていたところをパレットに移して少し経つと「ん?やれやれ、けっ!(怒)」な感じで体を伸ばしました。釣り餌として地元ではほとんど使われていないようですがある時期の大物釣りに実績があるようです。
カジカ
さて最後は…生昆虫ではありませんがカジカです。もーこれはマドラーミノーでドンピシャといったところですね。

オリーブのディアヘアがいいかな。他の場所でもう少し大きいのを見つけましたが結構居そうな気配があります。ヤマメも大型化するとベイトイーターになるとか。でxxxxをxxxxして「うししししっ」とここでも妄想しちゃいました。

アレコレ妄想でだらしなく緩んだ顔を引き締めるべく奥多摩川の水で顔を洗うと冷てぇ〜!

Posted by TM* at 2011-02-28 08:39 in フライタイイング | English | Permalink
Tagged as: ,