宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

続解禁直前キャス練・奥多摩川...のはずが - 2010-02-28

今回のキャス練は8フィート・2ピースに矢野シルク4番DTで解禁直前対策です。一通りにアレコレとキャストして、さて、やはり気になるのは川底、そうです。水生昆虫をちょっとばかり観察してみました。

ヒゲナガカワトビケラ・奥多摩川
なんかちょっと怒っている感じのヒゲナガカワトビケラ

奥多摩川のヒゲナガカワトビケラ・写真1

私が住んでいる桜木地区の奥多摩川は去年の台風15号以降、川底が砂利でほとんど平らになっています。それでも水通しがよい場所の大きめの石をめくるといました!ヒゲナガカワトビケラのラーバ(写真1)。ぷっくりと太ってますね〜。目の前の瀬の石ひとつに2匹ぐらいヒゲナガがついているとしてエライ数の彼ら・彼女らがざわざわと動いていると考えるとちょっとびびりますね。

マダラカゲロウ・奥多摩川
ゴルフボールほどの石に付いていたマダラカゲロウのご一行

奥多摩川のマダラカゲロウ・写真2

そしてヒゲナガ・アパートご近所の小石を何気なくすくい上げるとマダラカゲロウ(たぶんオオマダラカゲロウ・写真2)がわらわらとひっついています。感動です。しかしこの系統のフライでいい釣りをしたことないんだよな〜、なんでだろうなぁと考えつつ上流・箪笥岩まで歩いてタイムアップとなりました。

Posted by TM* at 2010-02-28 20:02 in フライフィッシング | English | Permalink

Fishing School(TOKYOトラウトカントリー渓流フライ教室)について - 2010-02-26


渓流フライ教室・Tokyoトラウトカントリーの流れ

去年の12月より、Tokyoトラウトカントリーにおきまして渓流フライ教室の講師を担当することとなり、この3月で4回目の開講となります。

内容は初心者から中級者向けに、渓流でフライフィッシングを楽しむための入門編としています。テキストは当日の資料≫PDFファイルでご覧いただけます。

キャスティング、タイイングなど、また釣りのシチュエーションも含めるとフライフィッシングの奥行きはかなり深いと思われますが初心者が渓流でフライフィッシングをする時を考慮して知識と平易なテクニックをもって、まず実地に渓流のトラウト・フィッシングを体験していただくことに重点を置いた講習内容になるように考え、講習会を実施しております。

講習会を主催するTokyoトラウトカントリーは奥多摩川支流・日原川の大沢地区にあるルアー・フライ・テンカラの専用管理釣場です。階段状源流帯にあり変化に富んだ流れとクリヤーな流れの各所にトラウト達がついています。その流れの特性に合わせて講習会では講習のポイントを以下のように設定してあります。

(1)アプローチ
フィッシュウインドウを意識したストーキングアプローチ
(2)キャスティング
ショートリーダーでショート〜ミドルキャスト

…以上にループコントロールやメンディングなどを講師のデモで実際に見ていただいてそれぞれのシチュエーションで試みていただき、渓流でのフライフィッシングへの手がかり、第一歩としていただければ幸です。

尚、講習は無料(入漁券のみで受講可能)です。個々のご質問なども随時対応いたします。例えばキャスティング、タイイング、タックルの取扱いやその他、分からないことなど、どうぞお気軽にお尋ねください。

Posted by TM* at 2010-02-26 09:36 in フライフィッシング | English | Permalink

解禁直前キャス練・奥多摩川 - 2010-02-21

8フィート・#5−6のプロトタイプ
8フィート・6番DTラインでキャス練。ティップ先端の動きが横から見て直線に近づくように注意しつつキャストする。メモリースティック差し忘れて現場写真ナシです(悲)

今日は青梅マラソンということで2万人(!)のランナーが奥多摩川沿いの国道コースを走っているはずで騒がしいかと思えばマラソン、なかんずく沈黙のスポーツゆえか、奥多摩川は相変わらず静かに流れている。

今日のキャス練は写真・上の8フィート・#6番ライン(1*)でナロー・ループを中心にオーバーハンドキャスト98%、その他2%(アンダーハンドキャストとトリックキャスト方面)という塩梅。メイシオ・パーカーのファンクみたいな配分だねw

陽射し暖かくコカゲロウのハッチを横目で見ながら肩の動き・リストの動きを注意してオーバーヘッドキャストでループコントロールを10分もすると腕がニコニコしてきます。

ここ半年ほどのキャス練は”曲げ”に重点を置いていたのでこういうストレートなラインも忘れないように、ということで上流・屏風岩まで川通しで歩いてロケハンしつつ2時間ほどでタイムアップと相成りました。

-----

(*1) 外観にとらわれずに作り方やテーパーなどを実際に作ってみてテストしてるプロトタイプ・ロッドです。

Posted by TM* at 2010-02-21 19:53 in フライフィッシング | English | Permalink
Tagged as:

第21回 ハンドクラフト展 日程終了 - 2010-02-19

展示の様子
展示スペースの様子です。この後、バイスを持ち込んで春用フライを巻きました。

浅草・都立産業貿易センター台東館を会場とした毎年恒例のハンドクラフト展(つるや釣具店主催)が日程終了しました。ご来場いただきましたお客様に心より御礼申しあげます。

雪景色の奥多摩の自宅から浅草まで約2時間の電車の旅もナカナカいいものでありました。関東近郊の河川ではもうすぐ解禁を迎えますがそんな華やいだ雰囲気が会場にあふれていたようです。また、ご来場のお客様の多いことも「釣りは不況にも…」となにやらほっとしました。

Posted by TM* at 2010-02-19 10:51 in イベントやお知らせ | English | Permalink