宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

2010-01-24

桐生から竹が届く・小割り〜節組


竹の内側に当たる面を洋カンナで削り取る

火晒しして乾燥途中の竹を小割り・節組みした。竹のこばに必要な幅をマークしてから竹割り鉈を「木もと竹うら」で入れて行く。節間はピシッと割けるが節越しがとても硬い。丸竹の状態で内側に当たる部分を洋カンナである程度削り落として、この後さらに乾燥させる。

Tagged as:

2010-01-20

大寒キャス練・奥多摩川 (仮) Spider thread cast

Mountain Solitaire 7 Feet
きょうのキャス練ロッドは7フィート・3ピースの3番ロッド

きょう大寒は3月並みの暖かさということで川に出かけてキャス練。ロッドは7フィート・3ピースでラインは矢野シルク3番DTとリーダー7.5ィート&6フィートのティペットでここのところのテーマーである「狭いポイント」をいかに釣るか、ラインコントロールを中心に上流・箪笥岩までそれぞれのポイントでキャス練してきました。

さて、タイトルになにやら書いてある「Spider thread cast=蜘蛛の糸キャスト」とは一体何か?

巻き返しやカマなどの複雑な流れにあるピンスポットにできるだけフライをドラグフリーにしておきたい時、通常のキャストでは瞬時にラインを持って行かれてフライが流されてしまいますね。キャストした後、ロッドティップを高く保ってドリフトしながらドラッグを防ぐわけですがあらかじめティペット部分を固めるようにポイントやその側に置くことが出来ればライン操作が容易になってメンディングなどの有効な事後策がとれる、というコンセプトのキャストを手前勝手にですが Spider thread cast=STC(*1)と名付けてみました。

ヒントになったのはミスキャストでライン先端が水面に刺さるように落ちてしまった時にリーダー&ティペットがぐしゃりとクラッシュして固まってしまう、こんな経験からです。ループがほどけて行くタイミングでライン先端の運動が止まってしまうのですからリーダーがそこから先に伸びることなく、つまり水面に「固める」ことが意図的にできるというわけです。ただし、勢いよく水面にラインを叩きつけるのはトラウトにプレッシャーを与えてしまいますね。

ここはやはり8フィート以上のロッドとロングリーダー&ロングティペットが有利になるでしょうが小渓流で自分好みな7フィート前後のロッドと短いリーダーシステムでSTCをするにはどのようにしたらいいのかをここのところ考えていましたがここらで一旦まとめておこうと思います。

Spider thread cast
横から見たSTCのラインの動き
(太線がフライライン、細線がリーダー&ティペット)

画像・上が1〜5と順を追ってラインとリーダーの動きを横から見たイメージ図です。具体的なキャストは…

  1. かなり弱いフォワードキャストでナローループを作る。あるいはゆっくりとしたロングストロークキャストでオープン&ワイドなループを作る
  2. ラインとリーダーの境目辺りから静かに着水させる(→この段階ではティペットとフライは空中にある)
  3. 瞬時にロッドでN字ピックアップなどのようにライン操作してライン先端を水面から剥がす。するとその動きに引かれてティペットとフライが固まってポイントにふんわり着水
  4. ラインがふたたび着水したら…
  5. すぐにメンディングしたりスラッグを入れたりしてラインを水面から剥がしながらフライをポイントに保ちつつドリフトとライン操作を繰り返す
  6. ライズ!(w)

という一連のプロセスがSTCです。5ヤード強から始めて10ヤードぐらいまで試していますがうまくタイミングが決まるといい感じです。今後さらに研究してみようと思います。(*2

-----

(*1)Spider thread castという名前ですがポイントにふんわり落ちてゆくティペットがクモの単糸が風に流されて光線の具合で光っているように見えるかなw、といったことろです。

(*2)いろいろと調べていますがこういうキャスティング・テクニックは多分ありそうで正式な名前もあるだろうと思います。ゆえにSTCは個人的メモ的な(仮)命名です。

Posted by TM* at 2010-01-20 22:24 in フライフィッシング | English | Permalink
Tagged as:

2010-01-09

フライタイイング・デッキを作った

フライタイイングを始めると、やがて机の上がごちゃごちゃになってきます。さて、机を使って何か別のことをしようとなるといちいち片づけていたら萎えますね〜、時にはえいやっ!とマテリアルの使いっぱを捨ててしまいますがウッドダックのファイバーとか揃えたウイング材とか勿体ないです。そんな時にタイイングツールやマテリアルが乗っているタイイング・デッキを移動してスペースを空ける、これはいいですね〜。

作り方は至って簡単です。材料は適当な大きさのシナ・ベニヤと6ミリのラミン丸棒、6ミリのダボ用ドリル。ツールなどを差し込む部分をシナベニヤの端から切り出してから現物合わせでドリルで穴を開けてラミン棒を適当な長さにして打ち込めばあっという間に出来上がりです。それだけでそこそこの強度もあります。仕上げにクリヤラッカー・スプレーをしゅーっと吹きかけて一丁上がり。バイスのクランプを利用して机とデッキを固定してあります。

画面中央あたりの2種類の白いトレイは世界堂で購入した水彩絵の具用のパレットですがこういう使い方もできます。


マテリアルやツールを乗せておくタイイング・デッキ

Posted by TM* at 2010-01-09 21:23 in ハンドクラフト » その他 | English | Permalink
Tagged as:

2010-01-04

新年キャス練・奥多摩川


この流れを想定してキャス練

2010年初キャス練ですが減水のためにプール状になった分流が氷っています。北風がやや強いですが気にせずスタート。6フィート9インチ・3番ロッドに矢野シルクラインDT3+リーダーは7.5フィート&ティペット6フィートを使用しました。

今回の想定は流芯向こう側の巻き返しをいかに釣るか、画像・上のような渓流ではよくあるポイントを想定したラインを繰り返しキャストしました。

よいポイントの手前に速い流れ(矢印の1)があって、その向こう側の巻き返し(矢印の2)の奥のAにフライを流し込みたい場面、どうしても流れに近づかないとならない時、とても悩ましいですね。画像ですとポイントAを見ると私などはドキドキしてきますがポイントD・B、Cもナカナカ侮れないというところ。

手前からD→C→Bと釣って最後に取って置きのAにキメのスラックキャストとか想定しつつ、フィッシング・プレッシャーが高くなければ主流とAのギリギリのところにフライを流せば案外簡単かも、とかいっそのこと思い切って対岸に渡るかとかキャストしながら思いつつ、北風がさらに強くなってきたので1時間ほどでキャス連は終了とあいなりました。

Posted by TM* at 2010-01-04 10:06 in フライフィッシング | English | Permalink
Tagged as:

2010-01-01

謹賀新年・2010

明けましておめでとうございます。

奥多摩に引っ越してから初めての年越しとなりました。昨日は大掃除と仕事部屋の片づけやタイイング・デッキを作ったりの一日でした。FMラジオを聴きながら同時並行的にそれらをこなしているとクラプトンの Tears in Heaven がかかりました。すると空から雪が舞ってくるという絵に描いたような展開です。

「 Unplugged 」といえばI・イリイチプラグを抜くをふと思い起こしましたが、私にとって新天地での新しい年はそういう取り組みにちょうど良いのではないかな、などと思いました。

今年もよろしくお願いいたします。

ToDo

  1. 囲炉裏を完成させる
  2. 近隣の山々を歩いてみる
  3. 仕事部屋の整備
  4. キャス練
  5. 新しいアクションのロッドの製作とテスト
Posted by TM* at 2010-01-01 09:17 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: