宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

2009-06-25

[読書]奥多摩町異聞

奥多摩町異聞

本のデータ
書名:奥多摩町異聞
著者:瓜生卓造
出版:東京書籍
発行年:1982年5月1日初版
ISBNコード:978-4-487-75014-6(4-487-75014-8)

私が好きな釣りは小さな旅と共にあるようです。旅の楽しみは地の食材や酒などいろいろですが、すれ違う人々との会話に印象深いものが多々あるものですね。

ある時、村営バスでお隣に乗り合わせたおばあちゃんの手が自分の手より大きくてつやつやとしていたのを見ました。たぶん働き者のお母さんなのだろうと思いながら挨拶をしてこの季節の山のことや畑のこと、川のことを聞いてみました。

地元の人の話は山や川をより豊かにしてくれます。旅人である私は通り過ぎて行くのではありますが、そうした一期一会の出会いはいつも何か大切なものを持ち帰ることになるようです。

-■-

「奥多摩町異聞」は著者が奥多摩の人々を訪ねながら山村と人々の関わりやそれらを取り巻く時の流れを淡々と記しながら東京という大都市の背景にともすれば埋もれてしまうような歴史を現在に繋ぎ止めるような一冊です。

本書に出てくる字(地名)の小丹波(こたば)は私のふるさとです。現在の生活の場でもある桜木(さくらぎ)はすぐ隣となります。祖父母や叔父叔母、幼い母が暮らした山村に私自身が今現在暮らしている訳で、文脈の間に私自身の歴史の空白の野のような部分に畦道を見出すべく出会った書でもあります。

本書が上梓されてから四半世紀、小河内ダムや緒産業、また釣り人から見た奥多摩川の問題は変わらずあると実感します。しかしまた、困難に立ち向かって町を築き暮らしを立て来た人々と奥多摩(川)に関わる人々の努力と心意気は今も脈々とあります。

本書を読みながら奥多摩川を中心によりよい環境、定住と観光を目指す経済圏の様なものが出来ないものかと私は考えるようになりました。

Posted by TM* at 2009-06-25 19:56 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink
Tagged as: ,

2009-06-20

フライフィッシャーの聖夜

5月半ば過ぎのある夜、仕事部屋の灯りにつられてやって来る昆虫たち。さすがに川縁の家だけあって窓ガラスは水生昆虫の動く図鑑みたいです。

窓辺のカディス

デスクライトを窓辺に寄せて虫たちが画面に収まるように何回もシャッターを押しましたがレトロなデジカメなのでタイムラグが大きくて良い絵がなかなか撮れませんでした。

3-4日間、集まる虫たちの数が増えて行きましたが雨が降り続くようになると一気に少なくなり寂しい窓辺となりました。

ストーンフライ

Posted by TM* at 2009-06-20 12:28 in フライタイイング | English | Permalink

プチトマト育つ

プチトマト

荒れ放題の庭の一角の雑草を抜いて芝生を剥がして近所のスーパーで売っていた野菜の苗をいくつか植えてみました。植物栽培はたぶん小学生以来でしょうね、植えてから申し訳程度の有機肥料をやって雑草やわき芽を取る程度の世話でしたが本当に育つのかなと思いました。

写真のプチトマトは5月終わり頃のものですが今日見たところ、この枝の部分は全ての額に実が付いて熟すのを待つばかりです。近くで観察していると鮮烈な匂いがします。セロリみたいな匂いですね。

Posted by TM* at 2009-06-20 12:25 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink
Tagged as: ,