宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

2009-02-23

片付けをしていると・2

ゲバラのTシャツ

チェのTシャツが忽然と降臨しました。以前勤めていた音楽用品販売会社で、たぶんシンコーミュージックから仕入れて仕入れた本人が速攻で買ったものだと思います。

その頃はヘビメタ全盛期でしたね。マルカムXはもうちょっと後にブームになりました。本を整理していたらマルカムXのスピーチ集とか埃まみれで出てきました。読み返してみると今日的にみてもいいこと書いてありますね(それは悲しいことでもありますが…)。

チェの写真はアルベルト・コルダさん撮影のあの肖像があまりにも有名ですね。

Posted by TM* at 2009-02-23 20:30 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2009-02-21

片付けをしていると・1

出てきました。「別冊フィッシング第30号・ロッキースタイル/毛針釣り教書」ですね。山岸行輝さんが登場です。表紙を捲るといきなりバックパッキングです!

フレームパック黄金期、2ピースロッドのアルミケースをスタッフにしてテント担いでの釣り旅です。ラテックスのストッキングウエダーです。それとラッセルのウェーディング・シューズと厚手のウールソックスが定番でした。

昭和60年、1985年発行の本です。”ウィルダネス”、”バックパッキング”、”フライフィッシング”ということばにワクワクした記憶が蘇ります。

山岸さんの表紙

Posted by TM* at 2009-02-21 20:40 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

2009-02-07

金峰山・廻り目平のスケッチ

廻り目平のスケッチ

片付けをしながら発掘したスケッチブックの1ページです。コットマンのフィールドセット(携帯用の水彩絵の具セット)を買った時にもらったスケッチブックなので、この絵はたぶん20年以上前に書いたものでしょう。もっとも仕上げもせず描きかけでそのままになっていますね。

日に日に若葉が萌える頃の廻り目平は真夏の陽射しと早春の冷たい風が同居していました。平日はキャンパーもほとんどいないので静かそのものです。切れるように冷たい西の股の流れを釣り上ってからテントに帰るとまだ陽は高かったので広場を見渡せるお気に入りの岩に座って白樺の木立を中心にスケッチしました。

この絵を描いた頃はクライミング用のチョークやハードウェアを売っていた特設テントはもうなかったと思います。ハンモックに寝て(=沈殿して)いたクライマーのお兄さんは今何をしているのでしょうね。山荘のお風呂も小さいものでしたが行き帰りの村営バスは登山者で満員になることがありました。

Posted by TM* at 2009-02-07 09:44 in アウトドアライフ | English | Permalink

2009-02-04

「岡山の娘」を観て

F様

「岡山の娘」を観てから2ヶ月ちょっとが経ちました。「映像と言葉の出会いを楽しんでください」というオープニングでの福間監督のことばが少しずつ、私が観たみすきやドリームガールズの姿や岡山の風景を変えているのを感じます。上映当日はある程度の準備というか心づもりを持っていましたが映画が始まるとすぐ、さしずめフリージャズ・クウィンテットに対峙よろしく来るものに身を任せていいなと思ってスクリーンを観ていました。同時代と時の流れの、ことばとことばで言い表せない隙間のような映像の面白さ、そして突然それは上映時間92分の終了となりはっとしました。物足りなくでもなく満足でもなく、音響的にはサスティーンというかそこから新たに始まる何かを予告しているように今日まで響いていると感じます。

Okayana No Musume

Posted by TM* at 2009-02-04 18:55 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: