宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

キャス練・多摩川 - 2008-11-30

多摩川にて-1
1.上流を見るとダブハンドルな方がキャスティングしていらっしゃいました。

秋晴れの休日、近所の多摩川・くじら運動公園下の河原でキャス練+テストをしました。広いグラウンドからは少年野球の掛け声聞こえてきます。ここから上流の八高線鉄橋近く(写真上・1)でアキシマクジラの化石が発見されたので昭島市の方々はクジラ関連のお祭やモニュメント、商店街とか多いです。お!上流にダブルハンドルを振っている方を発見。

多摩川にて-2
2.椅子をセットしてロッドの準備をする。

実によい天気です。河原に椅子をセッティングしてロッドを用意。今日は8フィート・2ピース・5-6番ラインと先日もテストした6フィート9インチ・2ピース・3番ラインの2セット(写真上・2)を持ってきました。まずは肩慣らしに8フィートで対岸目指してラインを伸ばします。ループを気にしないでフォールをしないようにしてどこまでキャスト出来るか。これ、結構筋肉に来てます。

ちょっと休憩してから同じロッドでアンダーハンド・キャストのおさらい開始。ピックアップのコツを忘れかけているのでライン先端を水面にタッチさせる位置がズレズレですがなんとかクリヤーも課題多し。その後はループを意識しつつダブルフォールでキャスト。

多摩川にて-3
3.手前の瀬でハッチしたヒラタカゲロウ。ライズはないですね、さすがにw

次は6フィート9インチを振る。8フィートから持ち替えると羽根のように軽い、そしてクイックなアクションに感じるのは長さ故かなと思いつつ8フィートと遜色なくラインが伸びるのが気持ちいい(1*)。もちろんパワーの点では比較にならないけれどラインが伸びきる時にぱぁっ!と水飛沫が逆光の中に弾ける光景は今日のハイライトだった。

で、釣人のサガですな、手前の瀬でカゲロウのハッチを発見。練習を中断してカゲロウ観察会にスムースに移行となりました。流れを渡って石に止まったカゲロウを記念撮影(写真上・3)してハッピーな気分になれるヒトはこの不景気にはそう多くはないだろうな、などと思いつつ「ふふふっ…」と呟くのはちょっとアブナイかも…

多摩川にて-4
4.一通り練習して休憩タイム。お約束のウイスキーでカプッと乾杯。

ひとしきり投げた後、椅子に座って川を眺めつつお約束のウイスキーを一口やると晩秋の川風と琥珀な香りが良い塩梅にブレンドしてココロ落ち着く。手前の瀬ではカゲロウのハッチがぽつりぽつりと続いている。営為とはよく言ったものだなぁと感心しているとキャス練・第2ラウンドの始まりをトンビが告げに飛んで来たのであった。

-----

(1*)3番ラインと5番ラインの差はかなりありますね。またロッド・テーパーのコンセプトが違うので必然的にキャストも変わってきます。

このエントリをご覧いただく際の留意事項は留意事項についてをご覧ください。

Posted by TM* at 2008-11-30 15:39 in フライフィッシング | English | Permalink
Tagged as:

[読書]メディア・コントロール/ノーム・チョムスキー - 2008-11-28

本のデータ
書名:メディア・コントロール/—正義なき民主主義と国際社会
著者:ノーム・チョムスキー
インタビュー:聞き手・辺見庸「根元的な反戦・平和を語る」
訳者:鈴木主税
出版:集英社文庫0190A ISBN4-08-720190-2
発行年:2003年4月22日第1刷
BOOKNAVI:メディア・コントロール/—正義なき民主主義と国際社会| ノーム・チョムスキー

テレビニュースを見なくなって久しい。テレビの前でニュースを見ていたのは筑紫哲也さんがいたころのニュース23ぐらいかな、9.11以降、イラクで邦人が拉致されて自己責任が言われた時、衆院郵政解散選挙の時、それからしばらくはニュースが「カイカク」一色になった。

イラク問題、耐震偽装問題、年金問題、雇用問題、金融危機等々、ニュースは時々、それらを思い出したように概略がアナウンサーによって読まれてタレントがコメントして終わるショーのようになっていった。あるいは司会者が取り仕切って自らの意見を発したり補強したりする場になったように思う。

5つのWと1つのHは粉々にされた。たぶん「金さえあれば何でも買える」時代にはその時々を刹那的に生きることが格好良くて持て囃されたのだろうなと思う。厄介なニュースなんて自分に関係なければスルーする、むしろFXや商品・株式市場に時代の実相があったのだろうとも思う。

そういう時の流れがテレビや新聞から自分を遠ざけた。新聞拡販員が来てもネットで読んでるんで要りません、ごめんねと先日も断わった。

-■-

何気なく見ているテレビコマーシャル、ニュースも含めて情報は商品だ。それを効果的にするためのテクニックや効果を計る統計手法、リサーチなど巨額の資金が動く。そしてそれらによって資金に見合った利益がなければならない。

時事ドットコム:マスコミに報復してやろうか=厚労行革懇の会合で−奥田座長のニュースから分かることはどういう意志がニュース(=情報)をコントロールしているかの一端だろうと思った。

『メディア・コントロール』ではチョムスキーがメディアの役割を合衆国や日本を含めた諸外国の実例と共にとても分かりやすく語っている。それらはチョムスキーの舌鋒をもって惨憺たる事実として揺るぎなく示されている。

また後半のチョムスキーと辺見庸の対談は「ジャーナリスティックな作為」や「権力への自己防衛」を排して自らの言葉をありのままに紡ぎながら読者を引き込んでゆく迫力がある。

それを音楽ファンの私が例えて言うならピアニスト・原田依幸やアルトサックス・林栄一の演奏のように音楽の向こう側にある純粋な衝動そのものを今という場に作るように彼らの言葉が響いている、といったところだろうか。

『メディア・コントロール』を読むようになって、ニュースが作られる場であるテレビや新聞、広告代理店そのものが興味深いなと思うようになった。

Posted by TM* at 2008-11-28 11:03 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink

11月の子豚賞・2008 - 2008-11-26

皇帝のいない八月
1970年11月25日、自衛隊に決起・クーデターを叫ぶ三島由紀夫の姿をおぼろげながら覚えている
新KY
パソコンのローマ字入力・変換に慣れて漢字の読み方・書き方を忘れて行く今日この頃、過剰なマンガ漬けにも同様の効果があるのでしょうか?ある年代ではマンガで覚えた漢字の方が多かった様な気がします、あくまでも個人的感想ですが
タイム・イズ・チェンジ
合衆国で新たな大統領が選出される
アズ・タイムズ・ゴー・バイ
時の過ぎゆくままに、三度国民に信を問わない内閣に出来ることは
失言集
金融危機・国内では
「100年に1度」という金融危機にあたって国会で話し合われている法律の内容の一部だそうです、これ、普通の人に知られてはマズイ事でもあるんですかね?あるんでしょうね*
第二十四条第三項中「に掲げる事項が記載されている場合にあっては当該事項を、同号ニ」を削り、「当該方策」を「、当該方策」に改め、同条第四項第三号中「第十六条第一項略項第五号ロ」に改め、「により当該地域における」の下に「中小規模の事業者に対する」を加え、同項第四号中「第十六条第一項第五号ニ」を「第十六条第一項第五号ロ」に改め、同条第九項中「及び経営管理責任」を削り、同項中第二号を削り、第三号を第二号とし、同条第十一項の表第十九条第三項の項中「ホまで」を「ニまで」に、「第十六条第一項第五号ニ」を「第十六条第一項第五号ロ」に改め、「により当該地域における」の下に「中小規模の事業者に対する」を加え、同表第二十二条第一項の項及び第二十二条第三項の項中「第十六条第一項第五号ニ」を「第十六条第一項第五号ロ」に改め、同条第十二項の表第十九条第三項の項中「ホまで」を「ニまで」に、「第十六条第一項第五号ニ」を「第十六条第一項第五号ロ」に改め、「により当該地域における」の下に「中小規模の事業者に対する」を加え、同表第二十二条第一項の項及び第二十二条第三項の項中「第十六条第一項第五号ニ」を「第十六条第一項第五号ロ」に改める。Link
労働は自由への道・非正規雇用
こういうニュース、テレビ・新聞ではあまり取り上げられていないでしょう、それはなんらかの圧力がたぶんあるのだと多くの人が感づいてしまったようですね
労働は自由への道・2ちゃんねるより
【ニュース速報+】【経済】正社員も月18万円減収 いすゞ 非正規社員解雇で波紋…神奈川★2より記念パピコ

AA

【経済政策】経団連:移民受け入れ提言・人口減対策、定住前提に…労働条件や治安の悪化に反発も [08/10/13]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1223851552/
【政治】移民1000万人受け入れ 自民党国家戦略本部が提言「外国人が暮らしやすい社会は日本人にも暮らしやすい社会だ」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1213894618/
外国人労働者 受け入れ促進へ論議深めよ(6月3日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080603-OYT1T00022.htm
留学生政策 30万人受け入れへ議論深めよ(10月6日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20081005-OYT1T00664.htm
戦火・涙と憎しみの総量は増え続ける
時代に振り回されるな
第1がコミュニケーション、第2が原理原則で考える。原理原則というのは、技術論もそうですし、自分自身の悟性や趣味のあり方、根はどこにあったのかを原理原則的に考えるということ。子どもの時の自分がどうだったかを反芻(はんすう)するということも含んでいます。Link
今日はこんなところです
ニュース23エンディングでのいつもの言葉。合掌

子豚賞とは:心に残ったワンフレーズに贈る賞です。「大賞」は年末あたりの予定です。

Posted by TM* at 2008-11-26 11:01 in 暮らしの周辺 » 子豚賞 | English | Permalink

[Prototype Rod]6フィート9インチ・2ピース・3番ライン - 2008-11-21

3番ラインで6フィート9インチ・2ピース専用の新しいテーパーをアレコレ考えています(写真点)。

プロトタイプ1
6フィート9インチの2ピース、ライトグリーンのラッピングです。

風もなく穏やかな昼下がりに近所の多摩川の河原でロッドを振ってきました。去年の台風9号で川面が随分と変わり減水していましたがフライキャスティングにはお誂えの広い河原がテストの場となっています。

プロトタイプ2
グリップは約13センチでリールシートはRemcoに合わせて少し長めです。

このロッドのデザインのポイントは…

  1. 軽いこと
  2. ロッドの中程を強めにしてある
    1. ラインのリフト量を増やすのでワンピックアップでキャストするような釣りに合うかも
    2. バットが曲げやすいので少ないパワー入力で竿が働くかも
  3. ティップはスローテーパー
    1. テーリング対策になるかも
  4. スウェルバットでグリップ内は逆テーパー
    1. 握る位置で変わるアクションを状況に応じて使えるかも

2)についてはフェルールの前後のテーパー調整が難しいですね。4番ラインでしたら自由度があるのですが3番ラインですとうまく設定しないとラインが乗りません。現状、水面からピックアップして打ち返す分にはいい感じですがフォルスキャストで移動しつつポイントを狙って行くにはちょっとコツがいるようです。たぶんフェルール前後のテーパーがカギでしょうね。

4)のスウェルバットについては少しスウェルが強いかなという感じがします。キャストしているうちにグリップの下の方の「いいツボ」あたりを握っているのでスウェルを弱くしてバット中程からグリップ直上までのテーパーを部分的に変えると良いかもしれません。

1〜4については相互に関連・関係しています。複雑なテーパーなので仕上削りに時間がかかりますが70%は狙いのアクションが出ているかなと思います。渓流がクローズしていますから実釣でのテストはこれからです。「かも」のところがチェックリストになりますね。(1*)

(1*)テストロッドのため、制作方法・行程を変えて色々と試してありますのでこのようなロッドの外観になっています。リールシートはATH Remco用のリールシートで作ったものです。

このエントリをご覧いただく際の留意事項は留意事項についてをご覧ください。

大豆のカレー - 2008-11-20

大豆のカレー

夜の「子豚のしっぽ」です。某方面で好評な大豆シリーズ・第2弾は大豆のカレーです。大豆のトマト煮の応用メニューですね。タマネギ、にんじん、鶏肉と大豆をカレーにしてみました。

カレーは市販のカレールーの辛口を使いました。例によって一晩置くと味にコクが出ます。出来上がりがなぜかあまり辛くないので煮込む時に鷹の爪を入れるといいかもしれませんね。鶏肉を合挽肉に、カレールーをカレー粉や各種スパイスで作ればより本格的な大豆のカレーになるでしょう。

Posted by TM* at 2008-11-20 17:49 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink
Tagged as: ,

行列のできるナニナニ - 2008-11-15

秋の空

秋本番の「子豚のしっぽ」です。手前桜公園も落葉が目立つようになってきました。神社近くの銀杏並木を歩くと熟れた銀杏の実が潰れて独特の匂いがします。あ〜、そろそろ武蔵小金井「大黒屋」で銀杏焼きを食べたいなぁと思う今日この頃です。

近所のお肉屋さんは木曜日が特売で手作りコロッケ、メンチの揚げ物や各種精肉類がかなり安くて重宝しています。この日ばかりは行列ができますが品質を第一にする個人商店のお肉やコロッケなどは誰でも大満足でしょう。最近は行列の長さがちょっと伸びたなぁと思います。やっぱりご時世なのでしょうか。近所の人より遠くからやって来るお客さんの方が多いようです。

通常営業の時のように行列をしないで買えるといいのでしょうが特売の豚小間切れ肉だけを見ても、素人目ですが新鮮でしっかりした美味しい肉を準備するのには大変手間が掛かっているように見受けられます。このトンコマを食べると近隣スーパーのトンコマは買う気が失せます。

おっ!子豚がトンコマの話しではアレですね。食欲の秋ということで(ry

-■-

千客万来、商売繁盛でお客さんも満足なら言うことナシですね。しかし、世の中を見回すと、行列といえばあまり良いイメージはないですね。

かつては崩壊直前の東側諸国で配給のために行列を作った人々の姿と、例えば年金記録を正すために順番を待つ人々の姿は重なるような気がします。バックグラウンドには政治や行政への信頼の崩壊があるところも似ていると思います。

今度の政府・与党が追加経済対策の目玉と位置付けた定額給付金(2次補正予算案は年末の大変な時を過ぎて年度末に先送り、現時点ではまだ絵に描いた餅ですが)も丸投げされた市区町村役場に長蛇の列ができるのでしょうか?

選挙の争点作りも結構ですが行政の窓口に行列が長く伸びて行くほど失うものを感じて欲しいものだと思います。もっとも、そもそもそういうところに並ばなくて済む人達には何も分かるはずもないんでしょうが。

Posted by TM* at 2008-11-15 13:52 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

大豆のトマト煮 - 2008-11-14

大豆のトマト煮

久しぶりの更新「子豚のしっぽ」です。東京・昭島は晴天です。日だまりにいると半袖でもいいくらい暖かです。

先日の昭島市産業まつりに出展のおり、会場を見て回ると富山県・朝日町のコーナーで同町産の乾燥大豆が販売されていましたので一袋購入しました。

で、作ったのがトマト煮です。豆が白インゲンだったらポークビーンズですね。トラマメとか大豆で作るとなぜかクセの強いシングルモルトのウイスキーによく合うような気がします。

作り方は…

  1. 大豆を洗い、多目の水に一晩つける
    1. 今回は約500gの大豆を使いました
    2. 水で戻すと大豆は2倍ちょっとになりました
  2. 強火で煮立たせる
    1. アクがたくさん浮いてきます
  3. 煮汁を捨てて大豆を軽く水洗いする
  4. 圧力鍋に大豆とカップ2の水を入れて強火にかける
  5. ピンが立ったら1分置いて火を止める
  6. 圧力がなくなったら大豆の煮上がり
    1. ここで大豆の下ゆでが完了です
    2. つやつやに煮上がってます
    3. 圧力釜を使うと短時間で煮上がりますね
  7. 煮汁を用意する
    1. トマトの缶詰(ぶつ切り)一缶
    2. ベーコン適量
    3. 塩、コショウ、チリペッパー適量
    4. 下ゆで時の煮汁
  8. 煮汁と大豆を合わせて弱火で20分煮る
    1. 落とし蓋を使ってことこと煮ます
    2. ここで大豆一部を潰しておくと煮汁にコクが出ます
  9. 出来上がり

…といった感じで手軽に大豆のトマト煮が出来上がりです。画像をご覧いただければ分かりますが出来上がったばかりでは大豆に煮汁の味があまり染み込んでいません。ですので大豆をスプーンで潰して煮汁をまぶして食べるといい感じです。大豆のからりとした風味が気に入ってます。

そして一晩、翌日にはさらにいい味になっています。結構腹持ちもいいですね。タバスコがよく合います。美味しいパンと一緒に召し上がれ。

Posted by TM* at 2008-11-14 12:05 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink
Tagged as: ,

岡山の娘 - 2008-11-11

岡山の娘

F様

福間健二監督の新作「岡山の娘」のご案内をいただきまして有難うございます。映画館に無縁な自分ですが福間監督の前作「急にたどりついてしまう」(1995年公開)では監督、スタッフのみなさんの若々しさや俳優さん達の映画人として、一人の人間としての真摯な姿に触れることができて映画と共に忘れがたい経験をしたと今でも思っています。そして偶然にも国立や立川近辺の町並みを背景にした「急にたどりついてしまう」の制作と同時進行な形で自分の仕事を持ち、歩き始めた頃の自分をその時までは無縁だった人達や経験に導いてくれたとも思っています。新作「岡山の娘」はそっと忍んで映画館に行こうと思っています。これまで好きなことをやって来た自分の現状を思うと娘と再会する父親の姿が自分に重なるようで、期せずして同世代のオトコとしてもある種のケジメが必要になるのではないかとも思っています。そんなことを思いながら「岡山の娘」を楽しみたいと思っています。草々

Posted by TM* at 2008-11-11 19:35 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,