宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

2004-06-29

茶色の朝

イラクはあっという間に「主権委譲」、スーツに戦闘靴の「領主」はさっさと出国、占領軍は多国籍軍に看板を変えた。そこには日本兵もいる。本質的には何も変わっていない、言葉を言い換えただけのことだ。

「茶色の朝」がリレーされる。

Posted by TM* at 2004-06-29 16:18 in 暮らしの周辺 » 911 after | English | Permalink

6月の子豚賞・2004

6月の子豚賞
人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです。
略*
集団的自衛権
ならず者国家に仲間入りをしてよい暮らしを
有志連合
プロ野球リーグの行方、というかほとんど現状。しかし阪急が本当に負担としているのはリゾート開発の巨額負債
老醜・老害
略*
参院選
霞ヶ関・永田町界隈は厳戒態勢とのこと
3000万人
完全自給自足で養える日本の人口、鎖国していた江戸時代をモデルに。つまり石油が無いというのはこういう事だという>IchiroSHINOHARAMakoto
どーしたの?
ネコのタマちゃんがいきなり足元でぱたりと寝そべる、にゃんとも暑そう

子豚賞とは:心に残ったワンフレーズに贈る賞です。「大賞」は年末あたりの予定です。

Posted by TM* at 2004-06-29 16:12 in 暮らしの周辺 » 子豚賞 | English | Permalink

2004-06-26

備忘録

Posted by TM* at 2004-06-26 16:28 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2004-06-23

貧すれば鈍する

深夜の「子豚のしっぽ」です。昨日はとても暑い1日になりました。「新」駅前喫茶店の帰り道、ハトの群れが木陰で涼んでいるのを見ました。

貧すれば鈍する

原因があって結果がある、とすればバブル期に進められた地域開発(ハコモノ政策)の賜である「たこ焼きドーム」の使用料が経営を圧迫していることから1リーグ制への再編へと粛々と事は動いている、のか。

この発端を遅れて弾けたバブル(リゾート開発)と見れば、最後のツケはみんなが負わされることには違いない。

存続か合併か、という世論調査(=誘導)に答える気にはとてもなれないな。

そして「仕方ない」とは思えない。

Posted by TM* at 2004-06-23 16:15 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

2004-06-07

芋焼酎を飲みながら

夜の「子豚のしっぽ」です。明け方と昼前にざっと雨が降って、夕方には雨雲はきれぎれになり青空がのぞきました。今は気持ちの良い風が窓から入ってきます。

今晩は芋焼酎を飲みながら、ちょっと考え事中です。

Posted by TM* at 2004-06-07 16:17 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2004-06-06

本日、梅雨入り

お昼の「子豚のしっぽ」です。本日、梅雨入り。東京・昭島は午前9時半ごろから、しとしとと雨が降り出しました。紫陽花の赤紫色がとても綺麗です。

輸入盤を規制する法律が可決されました。トップページのFlashを外すことにしました。

近い将来にはCD(という音楽流通形態・業態)は消滅し、他の手段(おそらくP2P)で著作者である音楽家とそのファンとの間で、不当な中間マージンを廃した正当な対価をもって「音楽を聴く楽しみや喜び」が共有されるようになるだろうと私は思っています。

Posted by TM* at 2004-06-06 16:19 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

せかい

せかい

おとなたちの
うそで
かためられた せかいに
こどもたちは
すんでいました

おともだちと
なかよく
しなさい
がっこうでは
めだたないように
しなさい
ひとに
めいわくを かけない
ようにしなさい

そして
うそを ついては
いけません

いつも
いわれていました

あるひ
しょうじょは
しょちょうを
むかえました

おとなに
なったのよ

ははに
いわれました

そのひから
せかいは
しょうじょに
ほほえみはじめ
ました

Posted by TM* at 2004-06-06 16:18 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink

2004-06-05

9月半ばの山のにおい

朝の「子豚のしっぽ」です。窓を大きく開けて朝の空気を入れています。さらっとして爽やかな風が入ってきます。うーん、9月半ばの山のにおいがするなぁ、などと大きな背伸び&アクビ中の子豚です。

Posted by TM* at 2004-06-05 16:21 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2004-06-01

CSSをブラッシュ・アップ

css追加の説明

各CSSをブラッシュ・アップし、訪問済みリンクの表示を追加しました。コーヒーを飲んでから今日の業務を開始しようと思います。

オン・マウスでコメントを表示できる個所に[?]を追加しました。下のイメージのように破線下線がある部分で「コメント有り」を表す、という目論見です。

これは、 CSSに‥

span.vocabulary:after
{
content             : "[?]";
font-size           : small;
color               : #dc143c;
background-color    : transparent;
margin              : auto 0.25em;
}

‥と書き加えているわけでありますが、CSS2以上に対応したブラウザmozilla、firefox、caminoNetscape 7Operaなど)に有効となります。

この辺はタグを入れ子にしてIEに対応することもできるのですが、将来的にもCSS vaildな方向に行きたい、とは子豚的願望なのであります。

Posted by TM* at 2004-06-01 16:27 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

なし崩しの死

時間通りに電車が来ないので、さっき出た居酒屋に戻ろうかと考えていると「人身事故」が発生したと案内放送がある。

人身事故とは自殺であり、遅れる電車に苛立ったり、愚痴をこぼしたいしているのはそれほど違わない人間のはずだ。

そのように年間3万人のなし崩しの死は放置され日常化される。

これは戦争だと私は思う。

たとえ「覚悟」があったとしてもそのような死を日常にしていいものか、それが中央線沿線であれバクダットであれ。

自分の暮らしを愛すること、身の回りのありふれた風景を大切にすること、そして近しい人々を愛すること、そうすることから誰にも惑わされることのない強い怒りが生まれる、と確信する。

Posted by TM* at 2004-06-01 16:26 in 暮らしの周辺 » 911 after | English | Permalink
Tagged as:

SBK、デスモセディッチ

SBK・第5ラウンドのオシェルスレーベン、第1レースで「スライド侍」こと芳賀紀行さんが堂々の優勝!。F−1・佐藤琢磨さんが予選2位というのもすごいが予選ルールが近々変更(予選後の給油が可能になる?)されるとのことで、さてどうなるのか。

デスモセディッチが2006年春に5万ユーロ(!)で発売されるとのこと。ドカのレーサーって、どこかクラシックな趣があって好きなのですよ。しかしYさん(誰)の450デスモはそれを上回るヨなぁ。

デロルトのキャブ、マイラブっす>FCRもぷりちぃー

Posted by TM* at 2004-06-01 16:23 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: