宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

2003-10-31

一票に希望を託したい

晦日の「子豚のしっぽ」です。11月9日(日)は衆議院選挙です。もちろん私は近所の保育園の投票所で投票します。

「100人の地球村」にならえば、ここのところの衆院選は60人が投票して得票1位の候補が議員に選出されるということですから、これから4年間の「この国の行方」は、場合によると30人以下で決まることになるかもしれない。

100人の村にあって、その1/3以下の意志が「総意」となる、可能性もあるわけです。

最近の参院埼玉補選は100人の村の例えで言えば14人の投票がその村の行く末を託した、とも言えます。

それが良いことか悪いことかは別として、私たちの投票用紙はいまだに価値あるものだと私は考えています。

私たちは現在の社会経済状況に、ともすれば自信をを失いがちになったり、自分以外に無関心になりがちのような気がします。

しかし私たちの選択はこの「村=100人の地球村の中の2人」のみならず、世界にとっても特別なものであることは9.11WTC以降、内外の混迷の深まりを通しても見て取れると私は思います。

私は私の1票に100人の日本村と地球村への希望を託したいと思います。

私たちはどこから来て、なにもので、どこへ行こうとしているのでしょうか?

私たちの目にはどのように映るのでしょうか?

Posted by TM* at 2003-10-31 10:56 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

2003-10-30

灰で縄をなう知恵

灰で縄をなう知恵を息子に教えて助けたのは年老いた母だった、という昔話が私は好きです。

情報伝達がいくら発達してもパソゲーのように「経験値」が上がる訳ではないのがヒューマンビーングであろうと思われます。

また、実際の体験は一時の成功も失敗も何でもないことも、ある時にはその逆にも、また得難いものにもなり得るのであるとも思われます。

「世代論」の不毛なところはそういった一人一人の違った顔、体験をのっぺらぼうな記号に変え、ともに生きることの動機というようなものを棚上げしてしまうことだと私は思います。

これは多様性よりは単一性に、個々の幸福よりは公の価値観へと、この手の政治的指向を持つ方々には大変都合がよいのだろうと私は想像します。

引退勧告に「政治的テロ」といった中曽根康弘さんのことばは、その辺のことをいみじくも言い当てているように私には思えます。

昔こっぽり、てんぽろりん。

Posted by TM* at 2003-10-30 11:02 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

2003-10-29

暮らしの中のテロリスト

昼前の「子豚のしっぽ」です。東京。昭島の本日はポカポカ陽気です。窓を大きく開けて空気の入れ換えをしながら子豚ってます。

駐輪場に止めておいた自転車の前ブレーキワイヤーを誰かに切られた。近所のお米屋さんに行こうと乗ったところ「ん?」と初めて気が付く。

ワイヤーの構造や切り口から、おそらくニッパーのようなもので被覆部に一撃の後にワイヤーを保護するコイル状のチューブを力一杯に曲げてワイヤー本体を露出させて切断したものと思われる。

近所の人に話を聞いてみると新品を盗まれたり部品を持ち去られたりと被害に遭っている方が結構多い。

こういうことをしている「病んだ心」があるということに悲しくなる。おそらく罪の意識や良心の呵責なんて感じていないだろうな。捕まえてみれば「気晴らしにやった」なんて言うのだろう。

暮らしの中にこういうテロリストが隠れ潜んでいることを忘れないでおこうと思う。

追記:切られたワイヤーを交換した。ついでにリヤのアクスルのナットを増し締めして、タイヤに空気を入れた。作業時間は正味10分ぐらい、近所の棟梁が通りかかったので道具のことを小1時間ばかり教えてもらう。

ぽかぽか陽気でカンナの仕込み・直しや昔気質の家の建て方、墨ツボの話などとても面白かった。昔の大工はそれぞれに手間をかけ工夫をした仕事を自慢ともし、誇りにもしていたと言う。

Posted by TM* at 2003-10-29 11:00 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

各ページをブラッシュアップ中

Linkをポイントした時

各メインページ(背景がドット模様のページ)をブラッシュアップしました。過剰なHTML記述をシンプルにしてXHTML化に向けて準備中といったところです。

NN4.x向けに<h3><h4><hr>タグを使って少しだけ見やすさが増したかなと思います。

また、子豚ページのようにリンクを表す下線を全面的に点線にしてみました。スクリーンショットはMozillaMozillaFirebirdNetscape 7.xでの作動状況です。

トップページついては現在<table>でレイアウトしていますが、NN4.x対策も含めて新ページを検討中といったところです。

Posted by TM* at 2003-10-29 10:58 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

10月の子豚賞・2003

長い間、ありがとうございました
阪神・星野さんの勇退会見の最後に
実名とイニシャル
道路公団・藤井さんと石原国交相とで交わされた密室のやり取りの中で。限りない闇は公務員の守秘義務の向こう側に拡がる
蜘蛛の巣城
スカートの端を踏んづけた人に。センターレフトの政治姿勢を鮮明に
大人の政党ですから
ご心配なく、と続く。大異を捨てて小同につく、またの名を選挙互助会とも言うトカ
にゃ〜ん
近所のにゃんこのタマちゃんが。「もうすぐごはん?」と聞くと妙にかわゆく
読む人などいない
各党のマニフェストについてこのように話す評論家(?)のような人たちが居る、「みなさんで読みましょう」と言うのが本当ではないか。
frown

子豚賞とは:心に残ったワンフレーズに贈る賞です。「大賞」は年末あたりの予定です。

Posted by TM* at 2003-10-29 10:57 in 暮らしの周辺 » 子豚賞 | English | Permalink

2003-10-21

星野仙一さん

朝の「子豚のしっぽ」です。プロ野球・日本シリーズが面白いっすねー。第3ゲーム・藤本のサヨナラ中犠飛の打席前「(新婚の)嫁さんにええかっこしてこいぃぃ!!!」や昨日のゲーム後インタビューで安藤の起用に一瞬ブーイングが出たことに触れて「それはいかんよ」と星野仙一さん。

心の機微に触れながら人を動かすとでも言いましょうか、成功した若いリーダー達にはなさそうな、こりゃ年の功でなければできまへんなぁなどとしみじみ人間学しちゃう子豚であります。

Posted by TM* at 2003-10-21 11:06 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

BBS

tab

Cafe:BBSをリニューアルしました。CGI変数を使ってIndex(オンマウスで投稿日を表示)を付けてみましたがいかがでしょうか。一応HTML4.01validで出力されています。

また、CSSを使ってタブの角をちょっと丸めてみました。こちらの方はMozillaMozillaFirebirdNetscape 7.xで有効です。

Posted by TM* at 2003-10-21 11:05 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

2003-10-19

さりげなく人間観察

日曜日の「子豚のしっぽ」です。10月17日と18日はサイトを閉鎖いたしました。本日より復活であります。

近所3軒のスーパーでは火曜日、土曜日、日曜日と特売をしています。それぞれに「得意分野」があるようで、主夫と致しましてはけっこう計画的に食料品の安値調達が出来てとても嬉しいです。

そんなわけで買いだめ・まとめ買いは全くしていません、となりますと日々の偵察行動が大切…となるわけです。するとわが子豚マインドはサンマやキャベツを物色しながら、さりげなく人間観察を楽しむと相成ります。

−お菓子売り場でおもちゃ付菓子のボックスアートに我を忘れて座り込んでいる小学校4〜5年の男の子、同じぐらいの年頃の女の子の同様生態は未だ見かけません。

−野菜を手に取ってはポイっと投げ出す女の人。食べ物を優しく扱ってね、とイエローカード。

−母と子の買い物。幼稚園年少さんかな、おっきい買い物かごを代わりに持ってあげる。こういうのはいいな。

−お!XXさん、ひさしぶりだなぁ〜と立ち話。お互い白髪なんぞ増やしても顔は誤魔化せない。しかし、あだ名で呼ぶのはちょっとハズカシイよなー、特に男同士は。

Posted by TM* at 2003-10-19 11:10 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

フジイ羊

道路公団・藤井さん、早く例の政府高官の名前を暴露してくれないかなぁ。

具合が悪くなってきて一切合切の責任を押しつけられ「詰め腹」切らされてだ、かつて面倒を見たお仲間達の改革派気取りはないよな。それに選挙向けのパフォーマンスに利用された、というのもひどいよな。

しかし官邸・監督大臣の意向に反旗を翻す、このことがいかに重大かは道路公団を防衛庁に置き換えれば戦慄に値する。

水戸のご隠居、助さん角さんに悪代官と御用商人という黄金比のメディアクラシー。考えることではなく分かりやすいイメージが衆愚には重要なのだ、と誰かが呟く。

フジイ羊」に騙されちゃぁいけませんぜ。

Posted by TM* at 2003-10-19 11:08 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

2003-10-06

The Secret

月曜の朝の「子豚のしっぽ」です。東京・昭島はぱらぱらと雨が降り出しています。子豚・拡大版がXHTML1.0に移行しました。CSSを調整しながらレイアウトを調整していますがページすべてがぱぱっと変わって気分がええなぁ〜、といった感じです。

XHTML+CSSで初めからHPを作っていれば良かったのになぁと思ったりもしますが「回り道」「道草」ちゅーのんが子豚であります。イロイロとやってみよう、がThe Secret=要諦であります。

Posted by TM* at 2003-10-06 11:14 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

「少年の心理と犯罪」という講演

昨日、自治会の防犯委員をしている関係で地域の会合に出かけてきました。行楽、運動会、文化祭等々と秋日和です。案の定、それほど集まりがよい訳ではない、ワタクシとしても正直なところツライなぁと思いながらも所管方面などからの来賓挨拶をききながらプログラムを見ると「少年の心理と犯罪」という講演に目が止まりました。

講師の方が開口一番「少年の凶悪事件が増えていると感じますか?」と会場の挙手を求めると、ほぼすべての人が手を挙げていました。

少年の凶悪犯罪のピークは1960年代(昭和38年頃)で現在でも年々減少しているが触法少年事件全体はで戦後第3のピークを作りつつある、が妥当な認識だと思われます(したがって私は手を挙げませんでした)が、大人(地域社会の大人)が子供に関心を持つことを止めてしまったことがこのことを含めて、理解しがたい少年犯罪の環境の一部を作っていると指摘されていました。

教育問題を慎重に回避しているのがある意味で印象的でしたが、とてもよい講演だったと私は思います。

追記:2003-10-07

弱いものが弱いものを打ち据える─少年の集団が関係した凄惨な事件に感じるのは自分が属する集団内で自分を保つことの、この不文律とでもいえるものだろうか。

少年法の罰則強化や戦後教育の見直しをしても、この基本構造を社会の側から変えないことには犯罪の凶悪化・陰湿化を招くだけではないだろうかと思う。

Posted by TM* at 2003-10-06 11:12 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2003-10-03

JARAN JARAN

秋晴れの10月最初の「子豚のしっぽ」です。道を歩いていると金木犀の香りを横切ることがあります。

こういう時は自然と歩く速度が落ちるようで「ん?どこから漂う香りかなん?」などとぼやっとしていたりすると「オラオラオラ!どこ見とんじゃいぃぃ!ワレェェ!」と自転車がすり抜けて行くのであります。

日頃、子豚などと称しておりますがそこそこの大豚さんでありますのでかなり邪魔ではあるましょうな。しかし、これが夜だと自転車はほぼ無灯火なので、JARAN JARANとはゆきかねまする。

Posted by TM* at 2003-10-03 11:15 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

XHTMLに移行

「Piggys Tail」をブラッシュアップしつつXHTML1.0に移行中です。もともとHTMLは</xxx>タグや引用符は省略しないで小文字に統一し、CSSは外部化してありましたのでそれほどの手間はかからないハズなのでありますが、外部CSSファイルの整理・統合にはちょっと手こずっています。

そこで共通するタグ+属性を外部CSSにひとまとめして@importで読み込ませることで、レイアウトを統一しながら個々のページのCSSで装飾をする、とXHTML+CSSの王道(?)を楽しむ子豚と相成っていおります。

XHTML移行に伴いましてNN4.x対応については若干後退しておりますが、ここいらへんもぼちぼち手を付けてみようと思っています。

しかし、XHTML化しましても表示されるのは例によりまして「元の子豚」であります。Backnumbersの移行が終わりましたら、ま、秋なのでそれらしく模様替えしようかなと考えています。

Posted by TM* at 2003-10-03 11:14 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as: