宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

土用の丑の日 - 2003-07-28

昨日は「土用の丑の日」でした。近所のスーパーへ鰻を偵察に行きますとあら不思議、輸入物の鰻のお姿をほとんどお見かけしない、だいたい通常は国産:輸入比が4:6ぐらいだけれど昨日は8:2といった感じ。

何かの陰謀なのか?ふと鮮魚売り場で考える子豚。ちょと前の防かび剤の問題や内外価格差によるセーフガードの発動(は聞いていないけれど)とか、ここで売り上げアップを狙ったスーパー本部の指令なのか、うーむ。

旬の不味いもの食いじゃぁないけれど、美味しいものを食べるのだったらなぁー、それ相応のテマヒマカネは必須でありますが庶民(アタシだけかもしれないけれど)には3番目が決定的に欠けているのである。

そこで何を援軍に送り出すかというと自衛隊ではない。「手間と工夫」なのですな。

まず、焼いたり蒸したりする前の生の鰻を入手する、これが第1の難関。子豚が子供時分には魚やさんの店先におっちゃんがさばいて串打ちをした「とれとれ」があったものですが今は昔。

しかし子豚アンテナによってキャッチした立川某所でナマを入手する。それを蒸し器で15分ぐらいかな、そしたら半分は蒲焼きにして残り半分はこのままワサビ醤油で乾杯!これがばかうまなのですよ、諸君!。ただしワサビ(と敢えてカタカナ)はできるだけチープなものがよろしかろう。

第2案は手間工夫度はほぼ「0」だけれど、てくてくと近所の「G」焼き鳥酒場で季節限定「特大蒲焼」を食べに行くという手もあるなぁ。

マスター手ずからさばいた肉厚鰻を蒸しにかけないで特級品・小丸の備長炭でじっくりこんがり+四半世紀の歴史ある焼き鳥ダレでこれは旨いのだ。焼き上がりを待ちながらカシラでウーロンハイ大ジョッキ・濃いめ3杯はイケちゃうだろうなぁ〜(じわぁ〜〜ん、と唾液腺が痛い)。

…と思いをはせつつ晩のおかずの店内リサーチをしたのでありました。で結局どうしたって?鶏肉とくらげが安かったので棒々鶏を作りました。うふふふふ

Posted by TM* at 2003-07-28 17:20 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink
Tagged as:

音楽っていいですね〜 - 2003-07-26

朝の「子豚のしっぽ」です。早朝にほんの少しの時間ですがウグイスが鳴きます。きのう(25日)の子豚がヒソカに加筆されています。

ちょっと旧盤ですがMaceo Parker / LIFE ON PLANET GROOVE [verve 31405170197-2]を久しぶりに聞いていますが、1曲目「Shake ・・ Got」のイントロをよく聴くとハモンド・オルガンのベーストーンだと気が付きました。

このCDを買ってこのかた、フェンダーベースだとずーーーと勘違いをしていたようです。うーむ、FUNK恐るべし!Candy Dulferのアルト(妖艶なお姿もさらに)恐るべし!!なのであります。

どうもワタクシ、「ジャズは2%」の部類のようでブーガルーみたいなサウンドの好み(すいません、ほとんど聴いていません)からオルガン系にはかなり弱いのであります。

しっかしKenwood Dennardのスネアのリズムは「Addictive」でセクシーそのものでんなぁ〜、かってにコシが動いちまうぜ!

さて、2枚目は「BE COOL / 渋さ知らズ」地底レコード・B3Fだ。このCDはMたんのところから漂着してホコリを被っているという惨状。ちょっと気が引けるけどボリューム目一杯で聴いてしまうのだ、むはははは。

1曲目「DO−DA」の板谷さんのトロンボーンのソロがかっちょいいなぁ〜、おっとっと、2曲目「アングラーズの決闘」の片山さんも忘れちゃぁコマルぜ!てなもんで40人以上(ダンサーつき!)のFUNK魂がこちらも迸るのだ、あははは!

…とのりのりの子豚でありますが、がちゃがちゃのCDをちょっと片づけようとするとこうなってしましました。音楽っていいですね〜

Posted by TM* at 2003-07-26 17:24 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink
Tagged as:

7月の子豚賞・2003 - 2003-07-26

7月の子豚賞・2003
私は組織の人間ですから
道路公団総裁・藤井さん。記者に辞任について問われ、その責任も意志もないという意味か
小異を捨てて大同につく
自由党と民主党が合流を合意
あなたこそ打ち首になりなさい
鴻池発言にお父さんが→子豚7-11を参照
アメリカの属国みたいなもんだからねぇ
ニュース23、自衛隊派遣におじさんの街の声
あーいーうーあーおー
銀行で、お母さんの用事が済むのを待ちながら小さい女の子が。なにを歌っているのかなぁ

子豚賞とは:心に残ったワンフレーズに贈る賞です。「大賞」は年末あたりの予定です。

Posted by TM* at 2003-07-26 17:23 in 暮らしの周辺 » 子豚賞 | English | Permalink

- 2003-07-25

昼の「子豚のしっぽ」です。きのう(24日)の子豚がヒソカに加筆されています。

今日は明るい曇り空となりました。梅雨明けが間近なのでしょうか。昨日は午後、手前桜公園に散歩かたがた、久しぶりに竿を振ってみました。ラインのお姿を確かめようとして見上げますと、空高く(つばめ)が舞っていました。

そこでバイロン風(?)に「汝の飛ぶが如く、我がラインが汝の心の軌跡たれ…」などとそらんでみたりしてみました。やっぱ「嗚呼!」も入れた方がヨイかなぁ、ん?どちらかというとリルケ風(??)かね〜(しかし、誰もいない公園でオジサンが釣竿持って空を見上げている図、というのを見た通りすがりの人にはどのように映るのか?)

−■−

子供達が夏休みになって、NHK朝のラジオでは「こども科学電話相談室」をライブ中です。なかなかスルドイ質問があったりして面白いです。息が受話器を伝わってノイズになるけれど、それでいいのだ。
smile

Posted by TM* at 2003-07-25 17:20 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

変わらないもの - 2003-07-25

かつて、亀の島の先住民を殺しまっくて出来た国はいまも同じようにしてその版図を拡げ続けています。お尋ね者に「生死を問わず」と賞金を掛け、遺体を展示することも忘れません。

同様に黒船の到来は、体格の良い政府高官がやって来て「旗を見せろ」「グランドに立て」と、こちらも変わってはおりません。

昨夜のニュース23に野中広務さんが出演されていました。戦争経験者としての変わることのない保守派の「憂い」を私は感じることが出来ました。

時代はそれぞれの場所で「変化」を求めている、と私も思います。しかし同時に「変えてはならないもの」を見失いがちではないでしょうか。

「改革」の呼び声はともすれば私たちのそういった嗅覚を鈍らせていないか、改めて考えてみたいなと私は思います。

追記:マスコミでは野中さんのことを小泉さんの「私を替えればいい発言」に怒る抵抗勢力(というロジックで)の首魁のごとき扱いですが、そのような単純な捉え方には私は与したくありません。

尚、ジュネーヴ協定では、戦没者および戦争捕虜の写真の公開は禁止されているそうです。

Posted by TM* at 2003-07-25 17:20 in 暮らしの周辺 » 911 after | English | Permalink
Tagged as:

信を問うこと、緊張感と孤立感 - 2003-07-24

お昼の「子豚のしっぽ」です。アップしたファイルのチェックがあらかた終わりました、のですが今度は子豚ページ群が気になってしまうという子豚ぶりです。

−■−

イラク占領軍支援のためにこの国が「参戦」するための法律が成立ぎりぎりで、与野党がせめぎ合っています。きのうの党首討論をライブで聞きましたが「どこが(派遣可能な)非戦闘地域で、どこが戦闘地域なのか、いま私に聞かれたって分かるわけがない」というように非常に正直そうに聞こえますが、「小泉話法」のスイッチを切ると「開き直り」そのものだと私は思いました。

自衛隊員になるという契約に「他国で戦うこと」「他国のために戦うこと」はあるのでしょうか?私はないと思います。この法律は政治的恣意的な自衛隊の「ブッシュ・コイズミの私兵化」であると私は思います。

いわんや憲法違反であると私は思います。「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し」て議会解散・総選挙で信を問うことを私は望みます。

−■−

今の子供達は学校に行く時、親に「目立たないようにしなさい」と言われることが多々あるとのことです。いじめ問題や進学問題などが根底にあるのだろうと思われますが「出る杭は打たれる」「自分以外はバカ」式の大人社会の縮図そのものであると私は想像します。

その場の空気に合わせるという同調圧力は社会の中に「よい子」像として彼・彼女を存在させますが、そういう子供が事件を起こし「目立たないよい子」という虚像に戸惑う社会が何度も何度も浮かび上がります。

合わせて、些細なことで相手を傷つけ死に至らしめること、年間3万人以上もの自死者は、この空気のようなものを通して社会に接触することに暴力を選ばせ、社会との絆を失った者は絶望的な断絶が待つという「緊張感と孤立感」で私たちを被っているのではないかと私は思い至ります。

−■−

自分の主張にそぐわない意見を持つ者を「抵抗勢力」とひとくくりにすることには「われわれの敵はテロリストである」というブッシュさんと同じロジックがあると私は思います。単純な問題提起、倫理・宗教観の押しつけ、また自らを省みない事、「敵」に対しては自説を一方的にまくし立てて説得することを放棄するところも同様です。

ここのところの小泉さんや、問題発言を続ける現・元閣僚の言葉の陰に高揚感のようなものが漂っているようにも思えます。「テロリストと名指しするロジック」は、ほんのごく一部の人々にとって、とても気分がよいものであることは洋の東西を問わないようです。

しかし、私は吐き気がします。

Posted by TM* at 2003-07-24 17:29 in 暮らしの周辺 » 911 after | English | Permalink

Mozilla / Mozilla Firebird」にぴぴっ! - 2003-07-23

久しぶりの「子豚のしっぽ」です。今年は梅雨らしい梅雨になったようです。日照不足で農産品の作柄が心配ですが、例の「東京大停電」はやって来るのでしょうか。

ちょっと子豚の更新を休んでいる間にホームページ全体の書き直しをしました。先ほどアップしてNetscape 7.1とInternet Explorer 6 SP1で只今リンクやレイアウトを一通りチェックし終えたところです。Netscape 4.8(うーむ、これが鬼門なのだ)で一通り見回りましたらトップページに落ちてくるボックスのScriptを外そうと思います。

なぜ、こういう苦労(か楽しみか)をするかと申しますと、ブラウザによってかなり「見え方」が違ってしまうのがちょっと子豚なのであります。

IE 5.5以上でご覧ください」という荒技もないではないですが、レガシーなWIN98ユーザの子豚としては今後のサポートは期待薄(今年末辺りでサポート終了?)、さてどーしよう?と考えるとオープンソースのクロスプラットフォームなブラウザ「Mozilla / Mozilla Firebird」にぴぴっ!と子豚アンテナが反応しています。

今回の更新で取り合えずは「構造(HTML)」と「装飾(CSS)」はある程度は分離できたと思います。今後は全体をブラッシュアップしつつ、前者を継承して後者のこれからの「変化」にCSS実装が進んでいる最新のブラウザをテストしながら対応していこうと目論んでいます。

それにしても、IEのシェアは約90%以上と言われています。これをグローバル・スタンダード(最近とんと聞きませんなぁ、この言葉)と割りきり、これから先は新しいIEブラウザを「ハード付き」で手に入れ続けるという選択肢は…ないよなぁ、アタシには、セイシンテキニネ。
wink

Posted by TM* at 2003-07-23 17:30 in Web関連 » WWW | English | Permalink
Tagged as:

NN4.xで支障なく - 2003-07-15

screen captures 1screen captures 2

昼の「子豚のしっぽ」です。

このページと子豚・拡大版ページのHTMLを少々変更しました。これによりましてNN4.xで支障なく(ただし、下段のイメージのようにほぼプレーンな状態ですが)ご覧いただけるようになると思います。

IE 6、Netscape 7.xブラウザをご利用の方はいままで通りの子豚となりますがちょっと気がかりなのがMAC+IE環境とUNIX環境です。不具合がありましたらご連絡いただけませんでしょうか?

共にWIN98・フォントサイズは12ptです。今後は他のページも同様な対応をしようと思います。

Posted by TM* at 2003-07-15 17:32 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

輝ける嘘 - 2003-07-15

イラク攻撃の理由とされた大量破壊兵器はいまだに見つかっていませんが、イラクのウラン購入計画がデタラメだったとことをCIA長官が認めたとか。

「それだけが(攻撃の)理由ではない」と言い訳をしてはいますが、それは正義と悪の戦いの正義の側の耳元で悪魔が囁いた「輝ける嘘」のほんのひとつ、だろうと私は思っています。

−■−

(子豚7-11のつづきです)…また、これが不用意な発言かと言えば、8月15日前後や選挙近しというタイミングに「失言」が繰り返されることを考えると、こういう発言がそれぞれの支持者へのアピールになるという厚顔な政治意識が見え透いているということも「静かな怒り」の根底に私は感じています。

Posted by TM* at 2003-07-15 17:32 in 暮らしの周辺 » 911 after | English | Permalink

「ぴこぴこ子豚」がずれていたのを修正など - 2003-07-11

朝の「子豚のしっぽ」です。8日の子豚がヒソカに加筆されています。

Opera7.20で表示した時、このページ左上「ぴこぴこ子豚」がずれていたのを修正しました。ほかの同様な個所も「position:absolute」を位置決めに使っていたのをHTMLファイル内のタグ位置の修正と「float」に書き換えてました。

現在、Google検索でキャッシュを表示するとぴこぴこ子豚がお行儀悪く(?)表示されています。上記の修正で解消されるハズなのですがファイル名はそのままなので再キャッシュされるかどうかは良く分かりません。とほほ..

−■−

Piggy's Tail Latestページの右側のIndex内「Back Numbers」にサマリーを追加しました。Vol.1〜4の横にある「≫」がリンクになっています。そこをクリックしますと月ごとのIndexが1年分まとめて見ることが出来ます。また、見出しがリンクになっていますのでそこから各記事のページを開くことが出来ます。

Posted by TM* at 2003-07-11 17:37 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

シグナル - 2003-07-11

痛ましい少年事件が続きました。長崎、沖縄、そして神戸。時間の隔たりはありますが「社会全体がこれを受け止めて」どのように対処し得たのか、改めて考えさせられます。

事件それぞれの客観的事実は法によって明かされ得ないでしょうが、原爆が落とされた地で、凄惨な地上戦でたくさんの血が流された基地の島で、大震災で倒壊した街で事件が起きたということに何かのシグナルのを私は感じています。

Posted by TM* at 2003-07-11 17:36 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

心の有事 - 2003-07-11

おやつ時の「子豚のしっぽ」です。コーヒーを飲みながら子豚中ですが、先ほどからごろごろと雷鳴が聞こえます。春と夏の区切りに強い夕立が来て土の香りがきつく辺りに漂うと「夏になるのだなぁ」と、毎年の事ですが思います。そういう季節の区切りがそろそろやって来そうです。しかし、こういう空模様にパソパソというのはちょっとコワイでございます。お、結構強い雨が降ってきました。

−■−

どこで見聞きしたのかは思い出せませんが、子供達を3つのグループに分けて、

  1. Aグループには何も教えない。
  2. Bグループには法律で禁止されているのを教える。
  3. Cグループには様々なデータ・実例を元に討議させる。

としてどのグループがドラッグに手を出す人数が多いかを追跡調査した、ということです。結果は…

  1. A、Bグループに対してCグループはほとんどがドラッグ未経験
  2. A・Bグループについてはそれほど差はない。半数以上がドラッグ経験者

…だったそうです。

それぞれの意見を出し合い同世代の麻薬問題をグループで考えることの有効性と共に法律というものもそのように共有意識を育てなければ非行を思いとどまらせる力たり得ないな、と私は思いました。

それは「共同体=社会」にもそのまま当てはまるだろうと私は思います。残虐な少年事件が起こるたびに、私たちの心の中に築き上げなければならない共同体意識がいまだに弱々しいものであると私は感じます。

そういうことと合わせて、年間3万人が自殺していることも考えると命の重さを見失っているこの社会は「心の有事」にあると言っても差し支えない状況だと私は思います。

鴻池祥肇さんは「(罪を犯した少年の)親は市中引き回しのうえ打ち首にすればいい」と言ったそうですが、そのような「見せしめ」でしか社会の平静を保つことが出来ないとしたら、確実にこの社会は死んだということだろうと私は思います。

ニュースを見ていると被害者の親御さんとともに自分の子供が加害者になってしまった親御さんの苦しみもくみ取る言葉を多く聞きます。罪は償わなければならない、しかしこのことを一人一人が背負わなければならないという認識に立たなければそうは言えないだろうと私は思います。(つづく)

ps1:森前総理「神の国発言」で神道政治連盟という団体があったのを思い出して、思いつきで調べてみたらWeb Siteの名簿に鴻池祥肇さんが載っていました。なるほどな、発言の背景はこういったところもあるようです。

ps2:長崎県中央児童相談所の川原ゆかりさん「見せしめの制裁からは恐怖以外のなにも生まず、(鴻池氏の発言は)魔女狩りのようなもので、体が震える」

ps3:きょうのニュースステーションのインタビュー「あなたこそ打ち首になりなさい。大臣たる者の言葉ではない」キッパリとお父さん。

Posted by TM* at 2003-07-11 17:34 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

特集・ロッドメイキングをリニューアル - 2003-07-08

朝まだきの「子豚のしっぽ」です。昨日の子豚がヒソカに加筆されています。ヒヨドリが唄うように鳴いています。ごくありふれた地味な野鳥ですがヤマバトとは対照的に複雑なパッセージを聞きながら子豚中であります。

…と書き出しましたが気が付いてみると真夜中、日付が変わる時刻です。あれこれやってテレビ見てごはん食べて気が付いてみれば、うーむ、ちかれたべーであります。

−■−

特集・ロッドメイキングをリニューアルしました。シンプルにリンクを開くように作り直してみましたが例によってNetscape/Mozilla/Operaなどの最新ブラウザでご覧いただきますとちょっと(本当にちょっと)だけCSSを使ったギミックが出現します。

夜中にひとり「完成じゃ!うししし」と喜ぶもなんとも子豚だなぁと思ったりもします。

Posted by TM* at 2003-07-08 17:39 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

唯一の癒し - 2003-07-08

永田町方面では「集団レイプも男の元気発言(その後陳謝)」や「子供を1人もつくらない女性の面倒を税金でみるはおかしい(不明)」など、ポジティブではない言説が総裁選近しのざわめきにのみ込まれつつあり、いきなし代々木方面は「外では禁酒発言(その後撤回)」。

何故かわが愛用の上皿天秤で比べるとそこそこ釣り合っているのが偶然なのか、坂口安吾「堕落論」からは人間は元来そういうもの、されど健全なる道義から堕落することによって、真実の人間へ復帰しなければならない、と吼える。

此方、ひっそりとした料亭の奥深くで誰憚ることなく仲間みんなで癒されようじゃない、そう、どこかの世間では失言だけれど彼らにとっては唯一の癒し、批判なんてお門違い、自分を辱めることが仲間でいるための絶対条件なんだよな。

人を傷つけてなんぼの世界、嗚呼なんと素晴らしい世界!俺たちの敵か味方か、いくらマッチョを気取ってもあちらさんとは目がイカンのだよな。しかし「彼ら」は正真正銘、本気でそうしているとオレは思う。

Posted by TM* at 2003-07-08 17:38 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

毛針釣的外遊記」をリメイク・再アップ - 2003-07-07

昼の「子豚のしっぽ」です。東京・昭島は雨模様の七夕です。近所に保育園があります。昨日はその庭に大きな笹飾りがありました。たくさんの短冊が揺れていましたが、そぼ降る雨でちょっと可哀想です。

−■−

ここのところリンクを外していた「毛針釣的外遊記」をリメイク・再アップしました。別ウインドを使わない構成に変えてみました。こちらの方が気持、早くページが開くようになると思います。また、ブラウザ側で文字のサイズを設定できるようになっています。「小」が大体デフォルトになるように考えてありますが適時調整してみてください。

Posted by TM* at 2003-07-07 17:40 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

万写? - 2003-07-07

なんか「デジタル万引き」なんていうのがあるそうですね。子豚は”Not”ケータイ持ちでありますし、そういった場面に出くわしたこともありませんが、立ち読みの挙げ句「ぱしゃ!」じゃぁ本屋さんの心穏やかなわけがないだろうなぁと思います。

誰が最初にこういうことをやったのかとても興味がありますが、ネット上では知的財産権や著作の囲い込みが何かと話題になっていますがオープンであるからこそ発展する文化・技術・産業にとってそれらが障害になっているのではないかという主張があるようです。

そのように「万写」を眺めてみると、書店という好立地なアーカイブとデジタルの接点が新たなビジネスを胞芽している、ようにも子豚には見えます。

しかし、援交が売春であるようにデジタル万引きが「限りなく窃盗に近い行為」の言葉の置き換えだとは思いますが、その途端にモラルの敷居を低く(あるいは逆に高く)してしまうかのような「写真」が持つキケンな無邪気さを子豚は改めて感じます。が、いま起きていることはそんな「思想」とは全く関係ない、ことのようです。

Posted by TM* at 2003-07-07 17:39 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

ブッシュ・コイズミ支援法 - 2003-07-05

イラク支援法(イラク復興支援特別措置法案)が衆院で可決されました。法案の全文をざっと読んでみましたが、これがアメリカのイラク占領政策の一翼を担う根拠となる文章ですが、オーウェル風に言い換えれば「ブッシュ・コイズミ支援法」になるのだろうと私は思います。

日本の軍隊が他国で血を流すか、流されるかは時間の問題になったようです。そして、新たな大きな大きな憎しみを買う時、同胞の死に直面する時、それに見合った国益とは一体どの様なものかを考えるとそれは日々を平穏に慎ましく暮らしたい、多くの人々の願いとは裏腹なものになるだろうと私は思います。

Posted by TM* at 2003-07-05 17:42 in 暮らしの周辺 » 911 after | English | Permalink
Tagged as:

Netscapeの新しいブラウザ「7.1」、RSS - 2003-07-05

久しぶりの更新となりました「子豚のしっぽ」です。えー、無事に生きております、はい。月初めにひいたカゼがなかなか良くなりませんでしたが、どうにかこうにか平常の生活に戻ったようです。バックナンバーを6月分に移しました。

Netscapeの新しいブラウザ「7.1」がリリースされました。ウェッブ標準に忠実なとても良いブラウザだと子豚は思っています。今回はこちらの日本サイトからブラウザ(Windows)のみのダウンロードが可能となりました。

Netscape 7.1で当子豚ページを見ますとあら不思議(というわけではありませんが)ナビゲーションにちょっとした(本当にちょっとした)工夫が現れます。サブ・ブラウザとしていかがですか?

−■−

イロイロとウェブサイトを巡回していますとトップページの外れの方にちょこんとRSSリンクがあったり「Syndicate this site(XML)」なんてあります。

RSS─なんのこっちゃ?となりますが、「RDF Site Summary」といいまして共通の書式でサイトの要約を共有しようというもの、といったところです。

例えばこれを「Newsmonster」やMozilla Firebirdの拡張「RSS Reader Panel」を使って更新状況や記事を効率よく取得出来るのですな。子豚はmozilla関係とcoolなBlog、内外のニュースなどをこれらでチェックしていますがとても重宝しています。

ゆくゆくは子豚にも取り入れたい!と激しく思っている今日この頃。

Posted by TM* at 2003-07-05 17:20 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: