宮崎ロッド・Prime Time バンブーロッドPiggy's Tail

2002-07-27

久しぶりの更新(07-27)

久しぶりの更新になりました「子豚のしっぽ」です。ここ2週間ほど、体調が悪くてほとんど床についております。どうも夏カゼのようです。

このような状況なので次回の更新はちょっと先になってしまうと思います。1日も早く体調を取り戻して「子豚復活!」となるよう努力いたします。

Posted by TM* at 2002-07-27 08:33 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink

2002-07-08

わたしはなにをべんきょうしたらいいのですか?

お昼の「子豚のしっぽ」です。BBSのバナーを新しくしました。大変暇な掲示板ですのでお暇な方は、どうぞ遊びに来てやってください。

わたしはなにをべんきょうしたらいいのですか?」と某学習塾(なのかな?)のCF。ちょっと暗い顔つきで、カメラ目線で「どうしてべんきょうしなければならないのですか?」。

うーむ、子供がいない子豚にはちっとばかしコマルご質問ですな。たとえば農業を教室で勉強できるけど、誰が先生かと言えば種や土、お日様や自分の汗だったりもするでしょ。たしか宮沢賢治はそいうことを「本当の勉強」だと詩に書いていたな。

あなた達の中には育ててみなければ何になるか分からない種がたくさんあるのだと思う。でもそれはまだ眠っているのかな。その種を撒き、水をあげて育てることがいまの勉強、なのかもしれないね。

−■−

県議会の不信任可決に6割がたの長野県民が反対—下諏訪ダム建設に反対する下諏訪町民は7割、という世論調査結果もありました。不信任案を可決した県議を選んだ「民意」と田中康夫県知事を選んだ「民意」が見事に歪んでしまっていることが分かります。

その歪みが田中知事や小泉総理の誕生を後押しした力になっているのだと私は思いますが、地方でも中央でも「改革vs既得権益」の似たような、それでいて真逆な構図が見て取れるようです。

そういうものが近い将来に決定的な何かを生み出す背景となるような気がします。過去を学べばない、その場限りの情念のような流れに私たちは同調しやすいと思うしそういうことの結末はさらに歪んだ結果をもたらしたことも多々あると思います。

間違えながら成長するのは子供時代で充分だし大人はもっと考えて行動して欲しいなんて、大体責任を投げ出して付和雷同する方が気が楽な物ですよ。でもそれじゃぁ…

Posted by TM* at 2002-07-08 08:31 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

2002-07-05

長野県で

昼下がりの「子豚のしっぽ」です。

先日、懇意にしていただいているご夫婦が八ヶ岳の麓に「移住」しました。3年間、休日を東京と行き来しながら建てたハンドメイドハウス。土台・筐体・屋根以外は手作りの、仕事場付のシンプルな家(にしてはちょっと窓が多かったなぁ〜)でカントリーライフを実践するそうです。

その家の造作には「助っ人」として参加したのでちょっと感慨がありますが、何回も八ヶ岳に「帰る」うちにたくさんの知り合い(ネット用語で言えば『お友達』)ができました。長野県には好きな川とともに、もしかしたら東京よりも多くの知人が住んでいるのかなぁ、というなんだか好きなところであります。

長野県知事・田中康夫さんと県議会の成り行きに注目しています。新聞などの論調を見ますと「もっと歩み寄るべき」「県民不在」等々、どちらに軍配を上げるでもない、当たり障りのないものが多いようです。

そもそも田中さんが知事に選ばれた「理由」と「民意」から言えば、議会がとった行動は「理解を超えたこと(浅野宮城県知事)」「公約を実行することがなぜ不信任なのか(共産系県議)」という意見のほうが「県政の異常な停滞を正常に戻す」というその主張よりは私には分かりやすいなと思います。

(政治=利権分配のことですから来年の統一地方選のこととか、支持業界・団体とのナニとかもあるのでしょう。あるいは人物が「ダイキライ」ということもあるかもしれませんね。)

昨今の政・官の犯罪、不祥事はそれらに対する信頼を大きく損ねています。その信頼がなければ成り立たない代議士制・間接民主主義が機能していないと感じる人は多いのではないかと思われます。他方、NGO・NPOといった生活者自身が「自分たちの手」で広範囲な問題に取り組んで行こうということが世界の趨勢でもあります。

それらの意味で住民投票のような、極めて「直接制」に近い知事選というものは大変意味があるのではないかと私は思います。現時点では、この先どのようになるかは分かりませんが「県民の皆様の意見によく耳を傾けてから」というヤッシーがどのように撃って出るかが楽しみです。

Posted by TM* at 2002-07-05 08:30 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

2002-07-03

1984

真夜中の「子豚のしっぽ」です。シャワー後の就寝前のひととき、Real OneプレーヤーでNHKラジオ・ジャパンのストリーミング中です。

午前中の「TVショッピング」番組をよく見てしまいます、というかほとんどの局で(中には1時間番組も!)やっているので「見せられている」と言った方がいいのかな。

これは便利ですよー、いまがお買い得!こぉーんなのいままでにありません、などとバックグラウンドの「オォー!ぱちぱちぱち!」なんてのを見てついつい買ってしまう(なんか××商法みたい)なんてことは子豚にはありませんがこういう番組が結構あるということは、高額な宣伝経費がかかってもそれなりに買う人がいる=儲かるといことでしょうかね。

しかし、何回か続けて見ていると同じもが「××記念でさらにお得!」「さらにこれをお付けします!」なんていう「実質値下げ」がありますが、買った人(がオレだったら!)は心穏やかじゃないだろうなぁと思ったりします。

「便利」「お得」といううたい文句には、どうも子豚のしっぽはピタリッ!と動きを止めるようです。ま、シンプルな(と自分でいうのはハズカシイですけど)衣食住にそういうものが入り込む余地がない、つまりお財布がシンプルなだけでありますが、よく考えてみるとそういうモノはイラナイなー、でThe Endです。

さて、8月から全国民に「11桁の番号」を付けて個人情報をオンライン化する「住民基本台帳ネットワーク」を稼働する、ということです。各種届け出の際、その番号を使う事ができて「便利になる」ということですがその言葉、どーも怪しいなと私は思います。

それがどういうものなのか、なぜ反対者がいるのか、なぜ一部の自治体で稼働延期の声があるのか。新ガイドライン→テロ対策法→有事法という文脈と住基ネット→個人情報法・人権擁護法→国民総背番号制、さらに盗聴法という文脈がどこで交差するか。

個人番号の利用は各行政・省庁に拡大されることがすでに分かっています。それがネット上に置かれるということに、オーウェル『1984』の滑稽と不気味さを私は感じています。

「新語法(ニュースピーク)の特別な働きは、意味を表すためではなく、それを剥奪させるためである」—彼らが言う住基ネットの便利さは、このようなものだろうと私は思います。

Posted by TM* at 2002-07-03 08:26 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

2002-07-01

イベント・レポート

Information>イベント・レポートに「レジーナの森・フィッシィングフェスティバル」を追加しました(いやはや、ずいぶんと時間が経ってしまいましたが)。

Posted by TM* at 2002-07-01 08:25 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as: