宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

といった訳で暫定的に - 2002-03-29

雨の日の昼の「子豚のしっぽ」です。桜が咲いてからちょっと寒くなったようで、花の持ちはよいようですね。一雨ごとによい季節が近づいているようです。

トップページの「ポップアップ・ウインド」をページに埋め込んでみました。先日、友人とホームページ作りを話しながら「自動的に開くウインドはちょっとねぇ…」というK君の発言がずっと気になっていたのですが、確かに宣伝をむりやりどうじゃどうじゃ!と見せられるサイトっていうのは「え、えぇーと、失礼しましたぁ!」という感じがありますよねぇー。といった訳で暫定的にこれでいってみようということになりました。

ところでK君。早くホームページを作ってみそ!

Posted by TM* at 2002-03-29 16:46 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

arkbark.net・アニマルレフュージ関西 - 2002-03-28

昼の「子豚のしっぽ」です。春らしい日差しがとても気持がよいです。昼休みは手前桜公園で大桜を見ながらしようと思います。

Linkに「arkbark.net・アニマルレフュージ関西」を追加しました。犬や猫などペットのためのシェルターをしているNPO組織です。保護したペットの「里親」を捜しています。興味がございましたらぜひホームページをご覧ください。

追記:「arkbark.net・アニマルレフュージ関西」のホームページには「犬や猫の正しい飼い方」コーナーがあります。とても参考になりますよ。

Posted by TM* at 2002-03-28 16:45 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

春のご褒美のお裾分け - 2002-03-22

雀が落とした手前桜の花

昼の「子豚のしっぽ」です。手前桜公園の大桜が満開です。

張り出した枝下のベンチで、ヒヨドリの唄を聴きながらお花見をしました。ゆっくりと回りながら落ちてくる桜の花をよく見ると雀たちがついばんで落としていました。(左小写真)

雀が遊んでいるのかなぁと思いながら、ちょっとひらめいて、花のがくの下(雀がついばんだところ)をなめてみました。ほのかに甘い、桜の香りの蜜の味がしました。

雀たちの、春のご褒美のお裾分けです。

Posted by TM* at 2002-03-22 16:44 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

ナチュラルステップとバックキャスティング - 2002-03-20

朝の「子豚のしっぽ」です。もう川に出かけましたか?私のシーズンインは例年5月の連休明けごろですが今年はちょっと早くなるかも知れません。

−■−

私は『Enviro-News (環境メールニュース)』というメール・マガジン(枝廣淳子さんが発行)を読んでいます。No. 658の「ナチュラルステップとバックキャスティング」を読んでちょっと考えてみました。

バックキャスティングとはフライキャスティングのことではないのですが「今からできること」すなわち現在の状態から施策を講じて行くフォワードキャスティングの手法に対して最終目標に対して明確に定義した原則を持って「常にその対策の妥当性・方向性を検証するコンパスを持ちながら進んでいく」手法です。ナチュラルステップはそれを提唱する環境NPOです。

環境対策の最終目的の一つは「持続可能な社会」であろうと思われます。先の地球温暖化対策国際会議での京都議定書の発効に向けて、国内的には「温暖化対策大綱」が政府より発表されています。環境省ホームページにPDFが置いてありますの興味のある方はご覧になっていただくとして(と簡単に言いましたが量と細かさが見てびっくりです)その中の『表9 国民各界各層の更なる地球温暖化防止活動の推進:I.一般国民による取組』によりますと…(以下抜粋です)

脱温暖化型のライフスタイルの実践(約676〜937 万t-CO2)

  1. 家族が同じ部屋で団らんし、暖房と照明の利用を2割減らす(341〜467 万t-CO2)
  2. テレビ番組を選び、1日1時間テレビ利用を減らす(19〜35 万t-CO2)
  3. シャワーを1日1分家族全員が減らす( 93 万t-CO2)
  4. 冷蔵庫の効率的使用(15〜28 万t-CO2)
  5. 風呂の残り湯を洗濯に使いまわす( 24 〜46 万t-CO2)
  6. ジャーの保温を止める(44〜85 万t-CO2)
  7. 買い物袋を持ち歩き、省包装の野菜などを選ぶ(83 万t-CO2)
  8. エコクッキングの普及(10万t-CO2)
  9. 洗面所の節水(歯磨き、洗顔中に水を出しっぱなしにしない)(9 〜17 万t-CO2)等

注:()内はCO2削減目標

といった具合です。また、夏時間(サマータイム)の実現や自転車利用の促進、産業部門にも当然細かな目標が設定されたいます。また、エネルギー部門では新エネルギーへの変換と原子力発電の推進が挙げられています。公共部門では国民参加の森林作り、都市の緑化等。これらは「京都での国際社会への約束」です。

さて、ここで自問してみます。これらの実践があなたの暮らしを豊かにしますか?アメリカ政府では京都議定書は「NO」です。議定書の削減目標では自国の産業経済の衰退を招き、国民生活を向上できないとはっきり主張していますよね。

私は豊かさからバックキャスティングしてみました(ナチュラルステップの実践論とは違うのですが)。私のいうところの豊かさとは足るを知る=必要充分自由に楽しくがキーワードです。

この大綱に掲げられているのは、CO2削減とともに「共に生きること」の根本やそれ自体が社会問題(家庭崩壊、水資源、ゴミ問題、原子力発電等々)といえそうなものばかりです。したがって暮らしの質とともにそれらの問題を含めて社会全体を見直さないと、たとえCO2削減が目標通りに達成されたとしても暮らしにくい世の中になってしまうのではないかと思われます。

ちなみにPDFファイルをざっと見たところ、産業部門への施策はおおむね効率を上げる方向で企業活動の統合縮小や労働時間の短縮などには触れたくないのかも知れません。しかし「家族が同じ部屋で団らん」するためには、まずお父さんとお母さんを会社や仕事から家庭に取り戻さなければと思うのですがいかがでしょうか

地球のみんながそれぞれ幸せに暮らすことが出来るということが京都での約束の精神であると私は思っています。まず「家庭=Home」がそれを分かち合うべきだと私は強く思います。

  1. 子豚のしっぽ12.29「10大ニュース」に関連記事があります。
  2. 温暖化対策大綱:(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/taiko/index.html)
  3. 時短について:ビル・トッテンさんの「Our World・No.493-494」の「構造改革より週休3日に」とても刺激的です。
Posted by TM* at 2002-03-20 16:36 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

マグノリアの木 - 2002-03-18

tags:

風が強い、お昼の「子豚のしっぽ」です。近所の手前桜公園の大桜が咲き始めました。モクレン(木蓮。宮沢賢治式に言えば『マグノリアの木』ですね)も咲いています。ユキノシタ、スイセンも。プリマベーラ。スプリング。春。ラジオから田端義雄さんの実にジャパニーズ・カントリーフルな「大利根月夜」「十九の春」が流れてきます。なにやら脱力気味な午後の予感が…。

トップページ(Home)に「Google検索」へのリンクを追加しました。超有名な検索エンジンなので説明の必要はないかと思いますがウェブを辞書代わりに出来て大変重宝しています。

Posted by TM* at 2002-03-18 16:35 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink

子豚ゴコロ(?) - 2002-03-16

昼前の「子豚のしっぽ」です。今日は曇り。

ホームページのHTML記述に手を入れました。トップページ(Home)左上側の「フォルダーBox」のリンク先の記述とイメージ(サムネイル)とスクリプトを追記しました。どうやらホームページのフレームが整ったようです。つぎなるはコンテンツの充実(うーむ、更新していない連載が多いよなぁー、ゴメンナサイ)!とは言っても、面白いホームページをみるとむくむくむくっと「子豚ゴコロ(?)」が活動を開始してしまいます。

最近のホームページエディットの傾向は各種スタイルをよく使うようになりました。ただし、スタイルシートの外部ファイルが「太って」来ちゃったようなので、こちらの方はリストラしないと◯×省みたいになるとも限らないので子豚主導で断固たる決意を持って改革してと…レレレ?

「Flash」全盛のホームページ状況のなかで、どこまで我慢できるのか?新しいFlashはかーなり強力であるとの情報が。うーん、「Photo Jam」もいいよなー。しかし、竿作的手作りホームページの道(大袈裟だなぁー)はオモシロオカシク続いているようであります。

Posted by TM* at 2002-03-16 16:35 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

ツグミ - 2002-03-15

朝の「子豚のしっぽ」です。ちょっと雨交じりですが低い雲がかなりの速さで北の方に流れています。こちらでは「春一番」のようですね。

昨日、手前桜公園でツグミを見ました。南の方で越冬していたツグミが「北帰行」の途中で立ち寄ったということだと思います。

農事暦を見ると「農」は保温折衷苗代の準備。麦の病害予防。三寸ニンジン、ホウレン草、二十日大根、枝豆、小松菜の播種。「趣」は一般草花の播種。「花」は桜。梅。桃。あんず。百合。木蓮。「釣」はカワハギ。メジナ。カサゴ。そしてヤマメ。

手前桜のつぼみがさらに大きくなりました。本格的な春はすぐそこまで来ているようです。

Posted by TM* at 2002-03-15 16:34 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

公園にて - 2002-03-14

昼前の「子豚のしっぽ」です。今日も良い天気です。でもちょっと風がありますね。近所では早咲きの桜が三分咲きといったところです。

昨日は手前桜公園で8’0”・#6を使って30分ばかり練習しました。少し風が吹いていたのですがそれなりに「えい!やっ!」とキャスティングしていますと小学校5年生ぐらいの男の子達6人がなにやらわいわいと乱入してきました。

おお!半袖の子がいるな、と見ているとどうやら「鬼ごっこ」というやつですな。犬のように駆けずり回って大変元気がよろしい!実に正しい遊び方であるなと、キャスティングにいそしんでいると一人二人と遊びから脱落して行きます。

うーむ、近頃のお子ちゃまは体力がないのー、困ったもんじゃーとよく見ると、思い思いにゲームボーイをやっているではないか…。

「集団の熱狂」に興じながらポケットの中には「孤独」を用意している子供達(*1)。そこにはバーチャルもリアルもない。すでに彼らはその人生のごく初期においても大人のように生きるべく生きているのか…などと思いながら「えいっ!」とスルドいフォールをくれたラインは逆風をもろともしないで伸びて行くのでありました。

まぁ、やっていることはそれほど変わらないってことかな。

(*1)「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない。恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」・現代企画室刊でモフセン・マフマルバフ監督が辺見庸さんとの対談で「文学(という創造物)と現実は地続きであり、区別はないのです」と言っていたのを彼らを見ていてふと思い出しました。

Posted by TM* at 2002-03-14 16:28 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

大切なことがらが同時進行のなかで - 2002-03-13

昼の「子豚のしっぽ」です。昼食後の一服(たばこは吸いませんが)中です。今日も良い天気。後で手前桜公園に行ってみようと思います。

大切なことがらが同時進行のなかで「疑惑の総合商社」の新しいニュースが次々と報じられています。今日は外務省職員をぶん殴ったというものです。これらのニュースの出所を考えると「トカゲのしっぽ切り」の様相が見えてくるようです。まだまだ犬は「池」に落ちていないというわけです。

それにしてもメディアというものは視聴者の欲望の鏡であるという喩えからいえば、この久々の「悪人キャラ」の登場はどのような意味があるのか、とても興味深いなと私は思います。

週刊誌は久々の活況だそうです。この人は「商品価値」が高い。裏を返せば読者には面白いし「シロクロ」をつける快感があるということでしょうか。サッチーさんの時は(彼女からすれば)全ての人が「非難」した。「悪人」呼ばわりをする人もいたと記憶しています。

しかし、真実を認定する場所は裁判所しかないのですね。ここから見えてくることはどーもシロクロの中間帯「グレー」というものを我慢出来ないということ。判官贔屓、吉良憎しと同じ様な感覚?

鈴木さん(とその周辺)によって国民全体とすれば不利益を被っている可能性が大ではありますが、どうも利益を得ていた人たちの保身に手を貸しているような気がして、私は「疑惑の総合商社」ニュースにはそのタイトルを含めて良い印象を持ちません。

「自民党議員であるあなたが彼に離党を勧告する資格があるのですか?」「もしあなたが業者だったらカネを払うんじゃないですか?頼むのではないですか?」と問われなければ、これらのことはただの「エンターテイメント」に終わってしまうと私は思います。

「3月危機」は毎度の期末株価対策が功を奏して問題の先送り(大手銀行の生き残り)には成功しているようです。有事法、個人情報法が成立しそうな状況です。鈴木さんのニュースの影でこれらの重大な問題はほとんど伝えられていません。

「ムネオ羊」に軒先を貸して「ライオン丸」に母屋を取られた、ではたまりません。

Posted by TM* at 2002-03-13 16:28 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

ムネオ羊 - 2002-03-11

昼の「子豚のしっぽ」です。良い天気なのでお布団を干しています。ちょっとしたら手前桜公園にいってフルラインキャストに挑戦!まぁ、無理かな。

午前中は例の鈴木宗男さんの「証人喚問」中継を録画しながらTV、ラジオでモニターていました。衆議院のネットTVはトラフィック満杯で接続できませんでした。

喚問を見て、私は子豚3-08での「(この)問題の本質は政治家の背後にある『構造=政官のもたれ合い・派閥による利権政治』であることは明かであろうと思われます」との感想をより強くしました。

今回の証人喚問で鈴木さん自身の問題がクローズアップされて行く過程でちらりと現れてくる、その背景にある巨大な利権・カネの流れの源流「伏魔殿・外務省」はたとえ鈴木さんが責任を感じて議員辞職したにしてもそれほどの傷は負わないのではないのか。

「別の鈴木さん」はすでに用意されていてなんのことはないなぁ…と(田中前外相の更迭に対する)野上前外務次官の処遇(部屋付き・車付き)なんかを考えるとそのように想像してしまいます。

機密費疑惑、NGO排除疑惑から浮上したこの大きな問題から世間の目をいかに逸らすか、彼らは必死だと思います。「ムネオ羊」に騙されちゃぁいけませんぜ。

Posted by TM* at 2002-03-11 16:22 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

餃子、スーパーの女 - 2002-03-08

昨夜は久しぶりに皮から餃子を作ってみました。今回は皮を強力粉100%で少々のサラダ油を混ぜ込んで厚めにしてみました。具は定番の豚挽肉+ニラ+春キャベツ(2:3:4の割合)です。焼き餃子にしてみましたが狙い通りにぱりっとした焼け目&ムチムチとした皮の食感とでなかなか!と自画自賛の手前餃子。しかし、ちょっと冷めてしまうとややカタイなぁ〜と…次回は薄力粉を20%ぐらい混ぜてみるかなと次なるバージョンを検討中です。

この餃子、一般品に比較するとちょいと大きめですが約2倍ぐらいのボリュームがあります。食事の主役として充分なパワーがありますのでこれだけで満腹してしまいますので要注意です。むははは

−■−

餃子を作りながら故・伊丹十三さんの映画作品に「スーパーの女」がありましたね、賞味期限・産地の不正表示やリパック(賞味期限切れ品の再包装・パック)など、不正スーパーの内情(とその再生)を描いていたのを思い出しました。

産地詐称が農協の関連団体で明らかになり牛、豚、鶏と来てしまったわけですが、いま続編を伊丹さんが作られたらどんなことになったろうかと思うと、改めてその死が残念でなりません。

Posted by TM* at 2002-03-08 16:20 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink
Tagged as: ,

最後のチャンス - 2002-03-08

仕事部屋にいるときは、大概はラジオ(NHK)を聞いています。最近は国会の予算委員会が聞こえてきます。現在、鈴木宗男さんとその周辺(いわゆる外務省問題)が野党と政府の攻防の「主戦場」となっています。「ムネオハウス」「ムネオ号」「ムネオ省」の次は外務省の関連団体「(北方4島)支援委員会」が野党の厳しい追及によって「ムネオ機関」であった実体が明らかになりつつあるようです。

「アメ」と「ムチ」−利益誘導と恫喝によって人・物・金を動かす政治構造が一人の渦中の政治家から(それを見る者にとっては、かなり体に悪い形で)見えてきているようです。問題の本質は政治家の背後にある「構造=政官のもたれ合い・派閥による利権政治」のごく一部であることは明かであろうと思われます。

世界的供給過剰のデフレ状況下で成長の利潤「パイ」と「その配分」は今後すぐに大きくなることはなく、むしろ徐々に小さくなって行くのではないかと思われます。そのような経済環境にあって企業や個人が生産性を高めることが出来る社会経済環境を作ることが「小泉改革」の出発点でした。

現在の構造改革路線のパイの切り分けはゼロ・サムであり平等ではあり得ないと私は認識していますが小泉政権が「聖域無き構造改革」の旗印を取り戻すことが出来る、これらの問題は最後のチャンスではないかと思います。

追記:夜7時のNHK・1chTVのニュースでは、今日午後の予算委員会での大脇雅子さん(社民)のNGO参加拒否問題についての追求はなぜか触れられていませんでした。外務省疑惑発覚の端緒として、また「特定議員(鈴木宗男さんのことはほぼ明か)」の関与を政府見解で公式に否定しているこの問題は「ムネオハウス」より重大であるはずですが。同局の同時テロ・アフガン攻撃報道姿勢を鑑みれば、その理由は自ずと知れようというものでしょうか?

Posted by TM* at 2002-03-08 16:19 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

集まり散じて人は変われど… - 2002-03-06

昼下がりの「子豚のしっぽ」です。所用で国立に出かけてきました。ちらほら桜が咲いていました。今日はとても暖かいので、これからちょっと手前桜公園で肩慣らしをしてこようと思います。

−■−

春は新たな出発と別れがありますね。入学、卒業などなど、集まり散じて人は変われど…といったところで自分の周りの環境ががらりと変わる人もいらっしゃるかもしれませんね。

わが駅前喫茶店が今月いっぱいで惜しまれながらの店じまいとなりました。再開発の建てえを機にママさんは喫茶店を「卒業」されるそうです。30年間、ご苦労様でした。

Posted by TM* at 2002-03-06 16:14 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

逢魔が時 - 2002-03-05

ネコ

午前0時の「子豚のしっぽ」です。昨日の夕方の買い物は帰り道をなぜかちょっと変えてみました。日暮れ間近の「逢魔が時」に、さて何に出会うか…などと考えながら歩いていると、なにやら花の香りが漂ってきました。

すると黒い猫(黒い体毛と瞳が艶々と輝いている)とすれ違いました。これはと思い、(猫のように)注意して歩いてみると、どうやら「猫集会」が始まるようで、あちこちに猫たちが佇んでいました。

猫は目線が合うのを嫌いますので何気なく偶然に見ちゃったよ!という感じで通り過ぎようとしたその時、「にゃん」と呼び止められたような気がして振り返ると猫たちの姿はありませんでした…。

公園では暗くなる前に、子供達が大急ぎで遊んでいましたが遠目で見ると足が地に着いていないようです。逢魔が時。背中から声をかけられても決して振り返ってはなりませぬ。

Posted by TM* at 2002-03-05 16:12 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: ,

月初めの「子豚のしっぽ」です。 - 2002-03-01

トップページと一緒に開くサブウインドーに「ナビゲーション=Prime Timeホームページの歩き方」を追加しました。それに合わせてトップページのアイコン表示を見直しました。

Posted by TM* at 2002-03-01 16:11 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink