宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

草ハミ - 2001-11-30

ちょっと風邪気味.Part2の「子豚のしっぽ」です。少しからだを動かすと汗が出てきます。こういうときはどうも集中力がないし考えるのも億劫になってしまいますが休憩の合間にNC6.1を使ってあちこちのサイトを覗いています。

いまや少数派と思われるブラウザの最新版ですが色々な工夫(サイドバー、各種セキュリティー、ブックマーク関係など)があって面白いです。作動も軽く感じるしデザインもいいなと思います。自分の「草ハミ」は当分こちらでやってみようと思っています。

追記:…とハミハミしていると早速「6.2」にアップデートしていたので即ダウンロードしました。クラシカルの表示で使うとサイドバーのブックマーク(IEではお気に入り)がディレクトリ表示になってGood!です。

Posted by TM* at 2001-11-30 08:59 in Web関連 » WWW | English | Permalink
Tagged as:

開店! - 2001-11-29

影

朝の「子豚のしっぽ」です。さぶ〜くなってきましたねぇ〜。

11-01でご紹介いたしましたジャズ&CD(&スピリッツ)のお店「NO TRUNKS」より開店!の案内メールが届きました。

−■−

昨日、ロッド・テストのついでにわが「手前桜公園」でスナップしました。落葉が絨毯のように敷き詰められていたのですがお掃除されて、奥の「手前桜」の根本に寄せてありました。

ロッドを置いて一休みしながら葉が落ちるのを見ていましたが、これがまた来年になると新たに芽吹くというのが不思議な気もします。欅の隣にある少し小さいソメイヨシノの裸の枝には、もう新しい芽が付いていました。

Posted by TM* at 2001-11-29 07:47 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

サザンカが咲いて - 2001-11-27

サザンカ

今日、外に出るとサザンカが咲いていました。この花が咲くと、風が冷たくなって来るようです。

わが「手前桜公園」(2001-04-05)は欅の柿色の落ち葉が地面を覆っています。Jaran-Jaran(インドネシア語で「そぞろ歩く」という意味だそうです)しながら、踏みしめた音、落ち葉の香りとを楽しんできました。

昨日、所用の帰りに隣町の神社の境内を通りかかると、紅葉したモミジの梢をメジロの群が渡って行くのを見ました。ちょっとの間に、冬はすぐそこまでやって来ているようです。

Posted by TM* at 2001-11-27 07:51 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

里芋とキャベツ - 2001-11-26

昨日、ご近所のおじさんに里芋とキャベツのお裾分けをいただきました。おじさんが作っている畑からの「取れ取れ」。とりあえず荻窪「酒菜」のノブさんにやり方を教わって、里芋をふかして湯気がたっているところをお醤油でいただきました。

畑で働いているおじさんを見付けてどやどやとお邪魔して色々お話を伺ったときに、おじさんは「この畑は土が甘い」と言っていたのを思い浮かべるとなんだか里芋の素朴な味が、おじさんが丹誠込めた土とお日様の贈り物のように思いました。

−■−

23日の「感謝祭」について、消費者(としての自分)と生産者(あるいは生産地)との距離がもたらしているものを改めて考えてしまいます。

約2週間ほど前のアサヒコム秋田版に「『命』教える難しさ 鶏飼育・処分授業中止」というニュースがありました。小学校5年生の授業で、命の大切さを子供達に教えるために鶏を飼育して、それを屠ってカレーを作って食べる、という授業が生徒・保護者の賛否両論の末に中止された、というものです。

このことを知人・T氏(二人の娘さんの父・すでに孫3人のおじいちゃん・元祖アウトドア派か?)と話したとき、私は「こういうことは、そもそも家庭でするべきものではないか?」と言いましたが、T氏は「今の家庭はそのような状況ではないよ」の意見にはっとしました。そこで紹介されたのが「『いのち』を食べる私たち〜ニワトリを殺して食べる授業・『死』からの隔離を解く/村井淳志」という本です。ちょっと興味があるので読んでみて、いずれご紹介しようと思っています。

著者の村井淳志さんのホームページは http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/~murai/ です。

Posted by TM* at 2001-11-26 07:52 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink
Tagged as:

価値相対主義 - 2001-11-24

秋の連休2日目の「子豚のしっぽ」です。ラジオから時折、高速道路の渋滞情報が流れてきます。今日は昨日よりは道が空いているようです。子豚は家の中で読書&竿作り中です。

最近読んだ本に「不安の世紀から/辺見 庸著」角川書店・1997年があります。オウム真理教事件やサラエボ・ヘルツェゴビナ紛争を軸に、メディアの有り様や時代の精神の状況を対談したTV番組(ETV特集・NHK教育テレビ)を元にまとめられた一冊です。

対談者は、ロバート・ジェイ・リフトン博士(歴史心理学者)とファン・ゴイティソーロ氏(文学者)ですが、辺見氏はこのお二人をあえて対談相手としたのは「不安の今世紀末から二十一世紀を展望するには、政治や軍事情勢の予測よりも『人間とはなにか』といった観点を大切にしたほうが、おそらくはより示唆に富む話し合いになるだろうと考えて」と冒頭に記しています。

新しい状況が次々と立ち現れて「到達点=答え」がないような宙ぶらりんな自分を時々感じてしまいます。外的にはメディアに対する警戒感、内的には自身が依って立つべきものへの疑問がそこにはあるようです。では私はどうして行けばいいのか?

この本から感じたことは、いわゆる「原理主義」に陥らない考え方としての「積極的な価値相対主義=一元的な原理、原則にこだわらない、主義ならざる主義」の大切さではないかと思いました。自己形成の過程を「現実離れした理想主義的なものでなく、非常に具体的で多様な現実や価値観に接する」ことが「次第に自分が人類の一員であるという強い問題意識」を持つようになるとリフトン博士は語っています。しかし正直に言って、これはキツイなと思いました。

その有り様とは、耳障りのよいスローガンの対局にあり、伝えるためにはより多くの言葉を必要とするでしょうし、綱渡りも同然に集中とプラクティスが必要でもありましょう。さらには何かを信奉する人には(とても都合がいい)「敵」と意識されるかも知れません。

−■−

最近のメディア全般は「イメージが論理を無力化」する傾向があると辺見氏は指摘しています。さらに「分析的思考を無力化し想像力を奪う」とも。送り出される情報には「書かれていない事」もあるというわけです。

このホームページも努力しているつもりですが書かれていない事だらけです。たとえば「荒削り」をした後に鼻をかむとティッシュが真っ黒けになります。節直しの時、炎で小割を炙ったときにできる「墨」を吸い込むからです(まぁ、関係ないか!)。

…というわけで、このホームページ全般も色々な意見や実践をご参考におおいに「価値相対化」されることを読者の皆様にお勧めいたします。(o^−^o)Peace & Love, & Togetherness !

追記:23日の「感謝祭(サンクスギビング・デー)」について。

ご存じの方も多いと思いますが、迫害を逃れて「新大陸」にやって来た清教徒達が最初の冬を越せそうもなのを見たネイティブ・アメリカン達が彼らに食料を提供したという史実にちなんで、この日はかつての清教徒やネイティブ・アメリカンに扮して、その時のネイティブ・アメリカン達への感謝の食卓を再現して、家族・友人でそれを囲んで往事を偲ぶ…という日だそうです。

Posted by TM* at 2001-11-24 07:53 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as: ,

イスラームのタイル、Buy Nothing Day - 2001-11-23

お昼の「子豚のしっぽ」です。ちょっと外に出ると、家の中とは違った晩秋の匂いがしました。銀杏の葉が少し黄色くなりました。…とここまでは昨日の分です。

今日は布団干しをしながら窓を開け放って空気の入れ換えをしながら子豚しています。ポットに紅茶葉をいれて、とととっと熱湯を入れて…うん!いい香りがしてきましたよ。おや?洗濯機が止まったようです。では紅茶の葉が伸び伸びと開くまでに干してしまおう!

さてと、zuzuzu…うん、いい具合に紅茶の完成。それを片手に、きのう図書館で借りてきた「イスラームのタイル」INAXギャラリー・1992年という本を開いています。「タイル」って?そうです。陶器製の装飾材のこと、ペルシャ陶器、とりわけイスラム文化圏のものは色彩、絵付けがとても美しいです。西欧のはるか以前に栄えた彼らの都の建造物を覆っていた文化そのものとも私には思えます。

今日は「勤労感謝の日」ですね。この休日は昭和23年に制定されたそうです。「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」ですが、古来は「新嘗祭」といってその年に収穫したお米を神殿に捧げて感謝した農耕儀礼を行う日だったということを最近になって知りました。

お米については、その収穫量が死活問題だった時代を経て(この辺は藤沢周平さんの「漆の実の実る国」が好著だと思います。)、おおよそ160年はかかったでしょうか、いまでは「米あまり」「米離れ」というぐらいに(様々な問題はここではおくとして)自給は達成されたようです。

「勤労」の面から見れば約350万人(失業率が9月値で5.3%・この数値は実状を現していないという声もあるようです)の職を求める人々がいる現在、この国の経済不調においても問題点を明らかにして改善して行こうという合意が形成・実行されつつあります(ここでも様々な問題はおくとして、ですが)。

今日という日は、私たちの(良くも悪くも)文化の「タイル」なのだろうと私は思います。

また、今日、合衆国では「Buy Nothing Day」という日でもあります。これは池澤夏樹さんのメールで知りましたがAdbustersという組織が過剰な消費行動を止めようというキャンペーンとして、「アメリカ人がもっともショッピングに精を出す日である感謝祭」にあたる今日を「ものを買わない日」にしようと呼びかけたものだそうです。私もバーコードの檻からすり抜けて、今日は買い物をしないことにしました。

・Adbusters(http://www.adbusters.org/campaigns/bnd/)

−■−

追記:「BND」ということで夕食はあり合わせの材料で済ませてみました。強力粉があったのでドライ・イーストで発酵させてパンを焼きました。ナンのように形を整えてからオーブントースターで「チン!」でOKです(硬めに焼きたいときはフォークで生地に3ヶ所ぐらい穴を開けるといいですよ)。3枚の内、2枚は白ゴマを生地に混ぜてみました。

2品目は冷蔵庫のキャベツを強火で炒めまして塩・胡椒「キャベツのブルゴーニュ風」に。ニンニクを使ったのでこの名前でいいのかな?この前のキャンプに持っていったインスタントのスープ。サラダ用のマカロニを茹でてチーズのソースで和えたもの。マーガリン。そして紅茶。ノーアルコール。

ちょいと野菜不足ではありますがテーブルに並べてみるとなかなかにいい雰囲気でありましたよ。

Posted by TM* at 2001-11-23 07:54 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as: ,

No choice - 2001-11-21

秋晴れの「子豚のしっぽ」です。わがパソコン・デスクにも陽が射しています。

通信教育大手が公立中学生2500人にアンケートしたというニュースがありました(アサヒ・コム11月20日付・http://www.asahi.com/edu/news/K2001112001485.html)。勉強方法を「暗記する」「自分で考える」の二者択一などから、考えるよりは暗記するのが好き、と見出しがあります。この設問はほとんど「No choice」でしょうが、そのような社会を生きるためには意味がある選択の機会である、といえるでしょうか。

来年度から公立小中学校で実施される「総合的な学習時間」は「自ら学び、考え、主体的に判断する」能力を育てるのが目標とされているそうです。はて?これは大人にも(の方が?)必要だと思いますがどうでしょうか。

社会に出てから、改めて大学などの教育機関で自分が必要だったり、好きな分野の勉強するのは「先進国」ではごく当たり前のことであるといいます。そのためには公的な仕組み(もちろん、身につけたモノを社会に還元するという義務付で!)が、そのようにしたい大人のために手厚くあってもいいなと考えてしまいます。

「生涯、働きたい」と思っている人は多いと思いますが、そこに「勉強しながら…」と付け加えることが出来たのならば、なんと素晴らしいことかと私は思ってしまいます。目的を、手段をもって達成する本来の「勉強」が出来る時代はそう遠くはないのでしょうか?

Posted by TM* at 2001-11-21 07:55 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

御礼 - 2001-11-19

夕方に目が覚めた「子豚のしっぽ」です。

3日間のフライフィッシングフェスタがたくさんのお客様のご来場を頂きまして無事終了いたしました。この場をお借りいたしまして心より御礼申し上げます。

Posted by TM* at 2001-11-19 07:57 in イベントやお知らせ | English | Permalink
Tagged as:

準備は完了 - 2001-11-15

エリア情報では気温は6.7℃とぐっと冷え込んだ朝の「子豚のしっぽ」です。可燃ごみ出しをしてコーヒーを入れています。トップページを更新しましたのでとりあえずアップします。(09:24:31)

−■−

一応、明日の準備は完了しました。ちょっと風邪気味なので早めに休もうと思います。明日から3日間、幕張メッセで皆様のご来場を心よりお持ち申し上げております。(22:24:41)

Posted by TM* at 2001-11-15 07:58 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

ビル・トッテンさん - 2001-11-14

小春日和の「子豚のしっぽ」です。小正月 or インディアン・サマーというのでしょうか、東京・昭島はとても気持ちがいい1日になりそうです。布団と洗濯物を干し終わって、おかわりのコーヒーを入れているところです。その間に日パ・オバハンの緊急レポートと掲示板を覗いて他の更新されたホームページ(NC6.2は更新されたブックマークの通知機能がありとても便利!)をチェックしてと…。

オバハンの掲示板からビル・トッテンさんのホームページを発見、早速訪問して「Our World/ビル・トッテンからのレター」を読んでます。「構造改革より週休3日に/No.493−494」「暴力では解決しない/No.490」など、私が大好きな坂口安吾的に言えば「日本人の盲点」を突くような視点がとても面白しろいなと、しばし「業務放棄」で読んでいます。

Posted by TM* at 2001-11-14 08:00 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as: ,

本日は休養日 - 2001-11-12

月曜日の「子豚のしっぽ」です。本日は休養日としました。とにかく眠くて、やっと夕方頃に起き上がるというところです。

10日、11日と2日間の昭島産業まつりは無事終了!この場をお借りいたしまして、ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。さて、今週末は幕張メッセでフライフィッシング・フェスタです。これが今年最後のイベントとなります。3日間、中神と海浜幕張間を片道約1時間50分、電車通勤することになります。うーむ、これはちょっとジョギングでもして体調を整えておかないとイカンけん!しかし、かえって疲れてしまうだろうなぁー、日頃のイージーライフ(不摂生ということでしょうなぁ、お腹が出てきたと某奥さんに指摘されてしまいました。とほほ…)&エイジング(平たく言えば老化ってヤツですが)というものをちょっと感じてしまいます。

Posted by TM* at 2001-11-12 08:46 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

快晴!の「子豚のしっぽ」です。 - 2001-11-11

快晴!の「子豚のしっぽ」です。昨夜は食事の後、うとうととしていたら本格的に寝に入ってしまいました。うひゃぁー!ホームページ更新をしなくちゃと、11-10の追加分は今朝早くのアップとなってしまいました。

Posted by TM* at 2001-11-11 08:47 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink

昭島産業まつり - 2001-11-10

雨の朝の「子豚のしっぽ」です。ミズキがびっくりするほどいい色で秋色しています。雀のさえずり、雨空と窓辺のてるてるボーズが、こちらもいい味出しています。さらにコーヒーも、となんだか「いい」が多いなぁ。

さて、「昭島産業まつり」は本日午前10時スタートです。もう少ししたら出かけます。デジカメ出動!で夜にもう一度、簡単なレポートをアップするつもりでいます。さぁーて!いってきまーす。(08:43:41)

−■−

開催1日目のわが「匠コーナー」のスナップです。

「まつり」はメインステージでの市長さんのあいさつから開会しました。初日は1日中雨で、屋外のフリマは中止になってしまいました。いつもは大勢の人で賑わう焼きそばやたこ焼きといった「縁日コーナー」はちょっと寂しそうでした。隣町・立川の「ばっかり市」は中止となってしまったようです。

産業祭1

産業祭2

産業祭3

産業祭4

産業祭5

人出は例年よりは少なかったようですが、メイキング・デモをしながらご質問にお答えしたり、お客様と竹竿談義をしたりと、こちらの方はなかなかに楽しい1日となりました。この場をお貸しいたしまして、ご来場いただいたお客様に御礼申し上げます。

さて、2日目は晴の予報です。11日は会場内での御神輿巡行などのイベントが予定されています。

Posted by TM* at 2001-11-10 08:48 in イベントやお知らせ | English | Permalink

てるてるボーズ - 2001-11-09

久々の「子豚のしっぽ」です。お元気ですか?東京は朝から冷たい雨が降っています。欅の葉の色が、さらに秋色になりました。

「DIG・DUG」を改築中です。「Out Of Fishing!」をこちらに移動して、「9.11 after・・」(”9月11日を越えて”を改題しました)、「Jazzy Upper Cut」を準備中です。まだ未完成・途中ですがデバックのためアップいたします。入口は「子豚のしっぽ・拡張版」左下のヘッドラインとフレーム非表示版トップページの最下部に置きました。

いよいよ明日(11.10)は「昭島産業まつり」開催です。これから小澤さんと共に搬入に出発いたします。夜までに再度アップするつもりです。では、いってきます。(12:46:53)

−■−

ディスプレイは終わりました。後は当日、ロッドメイキング・デモとタイイング・デモのセッティングといったところです。デモは随時いたします。ご来場の節はお気軽に声をお掛けください。

準備中の会場を一回りしてみましたが、今年は農産品コーナーが充実しているようです。今夜は寝る前に「てるてるボーズ」を作ってみようと思います。ナン十年ぶりかなぁ、そういえば顔は書くものだったっけ?(20:40:44)

Posted by TM* at 2001-11-09 08:51 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

NO TRUNKS - 2001-11-01

朝の「子豚のしっぽ」です。デバックのため、早めにアップしました。少々お待ちください。(08:21:19)

…と言っているうちにとっぷりと日が暮れてしまいました。やはり本調子にはほど遠くて昼食後、横になったら眠ってしまいました。新しい月にあたって、例によって9〜10月分の「子豚のしっぽ」をBack Numbersに移動しました。

−■−

このホームページ「自己紹介」コーナー中のインタビュアーをしていただいたJazz評論家・村上 寛さんが東京・国立に自身のJazz CDショップ+カウンターキッチン「NO TRUNKS」を11月中〜下旬頃に新規開店する運びになりました。場所は富士見通り・駅より徒歩1分でビルの5F。オーディオシステムはアルテックA7を鳴らしきる!ものになるそうです(うーむぅ、えらいこっちゃ!)。村上氏の手料理を楽しみながらライブを見ることが出来るという、ちょっと隠れ家的なお店になりそうです。

近々ホームページをアップするそうですがお店の名前の由来は、氏の「メジャーでは紹介されることがないジャズ・ミュージシャンの、時代に流されない、真摯な『素』の演奏を録音」するレコード・レーベル名で、どうやらこのお店はNYの「Knitting Factory」(URL:http://www.knittingfactory.com/)を目指しているのでは?と子豚はにらんでいます。

ライブにはおそらく林栄一、片山広明等々のそうそうたるメンバーが予想されます。楽しみだなぁ!詳報は順次アップの予定です。

Posted by TM* at 2001-11-01 08:56 in 暮らしの周辺 » 音楽 | English | Permalink
Tagged as: