宮崎ロッド・Prime TimePiggy's Tail

自然食品のお店 - 2001-01-31

毎週末のように降った雪が、まだ所々に残っています。野菜の値段が高いようです。ブロッコリーや長ネギ(たぶん輸入品)は安いですがキャベツは去年の倍ぐらいしています。何年か前の不作時には緊急放出されたと記憶していますが今年はいったいどうなるのでしょうか。

近所に自然食品のお店があります。私は宅急便を頼んだり下仁田ネギや長ネギ(泥付で青いところも美味)を買うぐらいのお客ですが、たまに貰い物をします(なんかとても嬉しいです)。無農薬のユズ、発酵玄米等々、小さなお店ですが10年以上は続いているところを見ると根強いファンがたくさんいるのだと思われます。個人消費はなかなか回復せず物価全体は下がっての需要不足=供給過多で小売は「厳冬の時代」ですが、小さなお店が続いているということに(知られざる努力はあるにしても)もうちょっと応援できればなぁと思ったりしました。

Posted by TM* at 2001-01-31 15:57 in 暮らしの周辺 » 食べ物 | English | Permalink
Tagged as:

ラジオ - 2001-01-30

ひさしぶりの「子豚のしっぽ」です。朝から窓を開けて空気を入れ換えながらお布団を干しています。私は家にいるとき、ラジオをよく聞いています。仕事の邪魔にはなりませんし意外に面白い番組があったりして、仕事の性格上、一人でいるときが多い私にとってよい気晴らしになっているようです。

このホームページを開設した当初は月刊誌的に内容を更新して行こうと考えていましたがちょっと甘かったようです。皆さんがアクセスしていただくと最初に開かれるページが「表紙」的なレイアウトになっているのはそうした考えからです。この方向性は大切にして、ちょっと「季刊誌」的に出来ないものかと考えて、とびらは「春号」にしてみました。次の「特集」はただいま準備中です。こうご期待。

Posted by TM* at 2001-01-30 15:58 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

送電停止 - 2001-01-18

アメリカ・カリフォルニア州の「送電停止」をTVのニュースで見ました。KSD・小山事件や外務省秘密費流用疑惑に比べれば大きな扱いではありませんでした。需要と供給のアンバランスが招いた停電ですがカナダからの援電で一時は切り抜けたそうです。しかし今後、計画停電は避けられないとのこと。「自由競争」の電力事業と急激な需要増が原因であるにしても史上最長の経済的繁栄を誇るアメリカの「光と影たち」を見たように思います。

追記:カリフォルニアの電気事業の仕組みは発電会社、マーケット(取引所のようなもの)と送電会社が自由競争により電気の価格を下げて行くものだということです。停電の原因は発電会社の新規参入がなかったこと、燃料高による価格の高騰と投機、送電会社の逆ざやによる経営悪化、そして需要の急激な増加によるものというのが大方の見方のようです。(2001-01-20)

Posted by TM* at 2001-01-18 15:59 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink
Tagged as:

マウンテンパーカー - 2001-01-13

遅めの昼休みに、年末に借りていた本を図書館に返したついでに何冊か借りてきました。今日はこの冬1番の寒さだそうでフリースの重ね着とマウンテンパーカーで出かけましたが図書館への往復30分弱の歩き(格好良く言えばウォーキング)でも体がぽかぽかして末端冷却の寒さも苦になりませんでした。

町場でこの格好では雪国の方には笑われてしまいますが背筋を伸ばして手を振りながらゆっくり歩くと、薄ら寒い町の冬より「ただただ寒い」山の冬が懐かしく、着古しのパーカーに袖を通してしまいます。すっかり葉が落ちた銀杏の枝先にヒヨドリが群れて唄うように鳴き合っていました。スズカケの実が音もなく北風に揺れていました。冬本番はこれからだなと思いました。

Posted by TM* at 2001-01-13 16:00 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

400カウント間近 - 2001-01-12

「トップページ」を書き換えました。400カウント間近ですのでレイアウの見直しをしています。最初にダウンロードされる「表紙」ページの下の方に空白がありますがバナーを置こうと思っています。出来たら「お気に入り用」のアイコンなども置いてみたいです。

Posted by TM* at 2001-01-12 16:01 in Web関連 » miyazaki-rod.com | English | Permalink
Tagged as:

成人式 - 2001-01-11

tags:

成人式の混乱が話題になっています。威力業務妨害で告発のおまけ付では明らかにコスト&ベネフィットに見合いませんよね。ただし、教育基本法ひとつにしても子供達をいかに育てるかというその目標や理念が達成されていないことは彼らが証明して見せてくれたと私は思います。そこで大人の側は何をしているのかというと「しつけ」「規律」「道徳」「奉仕」を学校の正課にしようとしています。総理大臣の森さんは宗教教育も口にしています。結構なことだと思います。理想や理念なんていうものを「大人」はさっさと捨てることが出来るのです。式を台無しにされた新成人の方々にはご同情申し上げます。同じぐらい、式をめちゃめちゃにした「未成人」の方々にもご同情申し上げます。自分らしく、よりよく生きられることをお祈りいたしております。

-■-

「トップページ」のレイアウトを変更しました。左フレームセルの「もくじ」にLinkを加えました。どちらもスカスカな感じで恐縮ですが今後の「増量」に備えてページの先頭にジャンプする「ボタン」は残しました。いずれ大いに役立ってくれると思いますが今のところは手持ちぶさたそうで「ボタン君、ちょっとお休みしててね」。

Posted by TM* at 2001-01-11 16:04 in 暮らしの周辺 » 雑感 | English | Permalink

達磨大師 - 2001-01-08

朝食「前」のコーヒーを飲みながら「子豚のしっぽ」しています。未明の雪は10cmぐらい積もりました。東京の雪なんて北国の雪に比べればちょっと黒ずんでいるような気がしますが、さっそく子供達が雪遊びを始めています。昨年末は所用で八ヶ岳の麓に出かけて「初雪」を見ましたが、さらさらして大きく固めることが出来ず雪だるまにならなかったのを思い出します。

だるまといえば、東京の西多摩郡・御獄というところにあるT屋という蕎麦処に黒々とした本物のひげを生やした達磨さん達が昔話に出てくる茅葺き屋根の、太く黒々とした大黒柱から伸びた梁の上にずらりと並んで子供達を恐れさせていたのを思い出します。本物の達磨大師は風変わりな禅者だったそうですが、昔から雪だるまになって子供達と遊んだりしているところを見るとかなりの子供好きだったのかも知れません。

ちょっとぐっちょりした東京の雪ですが子供達には良い贈り物になったようです。

Posted by TM* at 2001-01-08 16:05 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

大岡昇平さん、松本清張さん、藤沢周平さん - 2001-01-07

朝食後のコーヒー(残念ながらインスタント)を飲みながら、この年末年始の事件の続報をラジオで聞きながら仕事の前に「子豚のしっぽ」を書いています。いずれは事実が明らかとなり、それぞれの事情が分かったところで「先行報道」で貯まりに貯まった「溜飲」を飲み下すのでしょうが、やりきれなさといいますか、「?」が「???」という風に増殖してしまいそうです。

年末年始の私の「読書生活」は、大岡昇平さんの評論VIII/全集21/筑摩書房と松本清張さんの「日本の黒い霧」全集30/文藝春秋と藤沢周平さんの「よろずや平四郎活人剣」全集18/文藝春秋をちょこちょこ読んでいます。中でも「活人剣」はとても面白くて「お気に入り」登録です。この物語は「お家では厄介者」の主人公・神名平四郎が裏長屋に住みながら「よろずもめごと仲裁つかまつり候」と看板を掲げて様々な陰謀・事件に遭遇して行くというものです。平四郎をもう少し説明すると剣の達人ですが仕官がかなわず、その出生により「家」のなかで疎まれながら成人した「家住」という人です(義姉上ひとりだけが小遣いをくれたり庇ったりしてくれます)。

平四郎は大変な屈折を抱えているわけですがそれが長じて武家社会よりのびのびとした庶民の中で暮らすことを好み、行きがかり上見過ごせない、あるいは義理が絡んだ「もめごと」に首を突っ込んでしまうという人物です。よろずやは「仲裁業」なので鬼平のように「悪を両断する」事はなく「説得」するのが生業となっています。

「法」で裁くより「もめごと」を自分たちの手で丸く収める「庶民の知恵(悪知恵も含めて)」がこの物語を人間味豊かなものにしています。私が好きな藤沢さんの物語の登場人物は、歴史書に出てくるような有名人よりも平四郎のような下級武士やご隠居さん達です。社会の中心(?)からちょっと外れたところで、「悪を憎むが人を憎まない」が「善も悪も紙一重」なことを知っている平四郎が平成の事件を見たら何を思うでしょうか?

Posted by TM* at 2001-01-07 16:06 in 暮らしの周辺 » 読書 | English | Permalink
Tagged as: ,

大安売りに遭遇 - 2001-01-05

先日、カレーライスが食べたくなって近所のスーパーに買い物に行くと、あるはあるは!歳末大売り出しの「正月食品」の大安売りに遭遇しました。去年1本698円の蒲鉾が198円、798円だった伊達巻きが198円、田づくり、きんとんが半額等々(賞味期限がある食品ですから致し方ないのかも知れませんが)。来年のお正月の買い物は年明けにしようと思ってしまうほどです。

-■-

メモリーを64MB増設しました。合計で128MBです(これでメモリーの空きが15%程度といったところです)。昔々の愛器「286」が640KB(!)だったことを考えると隔世の感が有りますなぁ。今年は本格的「GHz」時代に突入するということですがメモリーが安くなってゆくのはPCユーザーとして大歓迎です。

Posted by TM* at 2001-01-05 16:07 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as:

新年あけましておめでとうございます。 - 2001-01-01

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

連載・ロッドメイキングの「はじめに」に作業上の注意を追記しました。万が一にも作業中の事故、怪我はしたくないものです。1年のはじめに私自身、再確認するという意味で改めて記入してみますと電動工具類(旋盤、ドリル、グラインダー等々)の使用に際したものがいくつも上げられました。

過去に大きな事故がたびたび報道されました。東海村の原子力施設で起きた「臨界事故」も信じられない「原因」で起こり、人命が失われるという最悪の事態になってしまいました。自戒を込めて、改めて「安全」について考えてみた次第です。

Posted by TM* at 2001-01-01 16:09 in 暮らしの周辺 » メモなど | English | Permalink
Tagged as: